ファイルバックアップ・同期 Karen Kenworthy Windows ファイルバックアップ フリーソフト

Karen’s Replicator 3.7.6

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

フォルダ・ドライブ間で自動的にファイルをバックアップ

フォルダまたはドライブ全体のファイルをバックアップするのに適したプログラム。スケジュールを使用して自動的にフォルダ/ドライブを別の場所にバックアップできるのが特徴で、特定のファイルのみコピーしたりコピーしないように設定できるのが特徴で、新しく追加や更新されたファイルのみのコピーを行って効率的にバックアップをすることができます。

Karen’s Replicator の概要

Replicator(レプリケーター) は、ハードディスクの故障やシステムのクラッシュなどに備えて、大事なファイルを別のドライブへバックアップしておくために役に立つバックアッププログラムです。ファイルの包含・除外フィルタやスケジュール、コピー方法を好みにカスタマイズできるのが特長です。

スケジュール機能

スケジュールはバックアップを自動的に実行する便利な機能です。Replicator では『分』単位の頻繁なバックアップから『月』単位のバックアップまでの好みのスケジュール設定を行うことができます。指定した曜日にバックアップを実行しないように設定もできるので、ファイルの更新頻度やコンピュータの使用環境や合わせたスケジュール設定が可能です。

フィルタ機能

ファイルのフィルタ機能を使用すると、画像・音楽・実行可能ファイル・ドキュメント・Web ファイルといったファイルの種類を選択してそのファイルのみをコピーする(またはコピーしない)ように設定できます。フィルタは追加や編集ができるので、ワイルドカードを使用して自分なりにバックアップするファイルをカスタマイズできます。フィルタはひとつのバックアップジョブごとに設定できます。

もう一つのフィルタ「Global Exclusions」

「Global Exclusions(グローバルな除外)」はすべてのジョブに適用されるフィルタ機能で、初期設定で「ごみ箱」「pagefile.sys(ページファイル)」「Thumbs.db(サムネイルキャッシュ)」などのファイルはバックアップされないように除外されています。このフィルタでは、『指定したドライブまたは全てのドライブ』+『特定のフォルダ/パス名、またはパターンに一致するフォルダ/パス、もしくはルートフォルダ』『特定のファイル名、またはパターンに一致するファイル』のファイルを除外するといった細かい除外の追加や編集ができます。

ファイルのバックアップ方法の設定

バックアップのジョブの設定では、コピー元で削除したファイルをコピー先で削除する(またはしない)ように設定できるので、フォルダの正確なミラーやフルバックアップを作成できます。また、変更または追加された新しいファイルのみをコピーするように設定できるのですばやいバックアップが実行できます。デフォルトではファイルは「更新日時」と「サイズ」の両方で比較されますが、どちらかに設定することもできます。

バックアップ専用のツール

Replicator はローカルまたはローカルネットワークのフォルダまたはドライブ間でファイルをバックアップコピーするための専用のツールです。バックアップジョブごとにコピーするファイルを細かく指定または除外できるので、特定のファイルを別のドライブにバックアップしたり、複数のフォルダのバックアップをする場合に特に便利です。

機能

  • ディレクトリまたはドライブ全体のバックアップ
  • 複数のバックアップジョブの作成。
  • バックアップをスケジュール実行
  • コピーするファイルを指定するフィルタ機能
  • コピーしないファイルを指定してファイルを除外するフィルタ機能
  • 変更および追加されたファイルのみをコピー
  • コピー元の削除をコピー先に反映
  • コピー先のフォルダ名に日付を自動挿入

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Karen Kenworthy
使用言語:英語
最終更新日: 4か月前 (2020/05/26)
ダウンロード数:41

ダウンロード

Karens-Replicator-v3.7.6-Setup.exe 2 MB 41 ダウンロード

画像

使い方

使い方は次のページです。

コメント