ファイルバックアップ・同期Luis CobianWindowsファイルバックアップフォルダ同期フリーソフト

Cobian Reflector 1.1.3

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

ローカルまたは FTP / SFTP 間でファイルをバックアップする同期ソフト

Cobian Reflector
ローカルまたは FTP / SFTP 間でファイルをバックアップすることができる、Windows 向けのフリーのバックアッププログラム。好みのスケジュールを設定してファイルを自動的にバックアップすることができます。

Cobian Reflector の概要

Cobian Reflector は、ディレクトリとファイルの自動バックアップを作成するために使用できるファイルバックアッププログラムです。

Cobian Reflector の機能

Cobian Reflector の主な機能です。

機能概要
メイン機能ファイルのバックアップ・同期
機能詳細・ディレクトリまたはファイルをバックアップする
・ローカル、FTP、FTPS 間でバックアップが可能
・スケジュールを使用した自動バックアップ
・ファイルのアーカイブ(圧縮)と暗号化
・ファイルの包含と除外フィルタ
・複数のタスクを作成可能
ローカルまたは FTP 間でファイルをバックアップできます

Cobian Reflector

Cobian Reflector は、同じコンピューター内のほかの場所、ネットワーク、さらには FTP サーバーにファイルまたはディレクトリをバックアップすることができる、Windows 向けのファイルバックアップ/フォルダ同期ツールです。

FTP のほかに SFTP 転送をサポートしており、ローカル間やローカルと FTP 間または FTP サーバー同士でファイルをバックアップできます。

スクジュール化による自動バックアップが可能です

Cobian Reflector

Cobian Reflector を使用すると、好みのスケジュール(毎日、毎週、毎月、毎年、タイマー、スタートアップ時)を使用してバックアップを自動実行することができます。

また、フィルターを使用してバックアップするファイルやファイルタイプを指定したり、バックアップから除外することができます。バックアップは圧縮したりパスワードで暗号化することができます。

高度な機能を備えているフリーのバックアップツール

Cobian Reflector は、個々のファイルまたはディレクトリ全体を定期的にほかの場所にバックアップしたい場合に役に立つバックアップソフトです。バックアップのオプションやスケジュール、圧縮や暗号化、フィルターを含めたすべての機能を無料で利用できます。

機能

  • ディレクトリまたはファイルをバックアップする
  • ローカル、FTP、FTPS 間でバックアップが可能
  • スケジュールを使用した自動バックアップ
  • ファイルのアーカイブ(圧縮)と暗号化
  • ファイルの包含と除外フィルタ
  • 複数のタスクを作成可能

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10|11
メーカー:Luis Cobian
使用言語:英語ほか
最終更新日: 2日前 (2022/08/07)
ダウンロード数:5

ダウンロード

crSetup-1.1.3.exe 50 MB 5 ダウンロード

画像

Cobian Reflector

トレイアイコン

Cobian Reflector

ユーザーインターフェース

Cobian Reflector

ソース/宛先の選択

Cobian Reflector

スケジュール設定

使い方

インストール

1.インストール方法
  • ドロップダウンから言語を選択し、[Next]をクリックします。

Cobian Reflector

 

  • Accept the license agreement」を選択して[Next]をクリックします。

Cobian Reflector

 

  • インストール先とオプションを確認して[Next]をクリックします。

Cobian Reflector

 

  • インストールタイプ(ユーザーおよび自動起動の方法)を選択して[Next]をクリックします。

Cobian Reflector

 

  • インストールの準備ができました。[Install]ボタンをクリックしてインストールを開始します。

Cobian Reflector

 

  • インストールが完了したら[Done]をクリックします。

Cobian Reflector

基本的な使い方

1. 基本的な使い方(バックアップタスクを作成する)

Cobian Reflector が起動すると、トレイアイコンが表示されます。

  • アイコンをダブルクリックするか、右クリックメニューの「Open」を選択するとユーザーインターフェースが開きます。

Cobian Reflector

 

  • Task」>「New Task」を選択してタスクを作成します。

Cobian Reflector

 

タスクの編集画面が開きます。

  • General」タブでは、バックアップのタスク名やそのほかのオプション、バックアップ方法を指定できます。

Cobian Reflector

Full Backup:すべてのファイルをコピーする
Incremental backup:更新されたファイルのみをバックアップする
Differential Backup:差分バックアップ
Dummy task:ダミーのタスク

 

  • Files」タブで、ソースとコピー先のフォルダ(またはファイル)を指定します。

Cobian Reflector

  • Schedule」タブで、バックアップを実行するスケジュールを設定します。

Cobian Reflector

  • Archive」では、バックアップファイルを圧縮するかどうかを設定できます。

Cobian Reflector

  • 「Filter」では、バックアップに含まるファイルまたはバックアップから除外するファイルを指定できます。

Cobian Reflector

  • OK]をクリックすると、バックアップタスクが作成されます。

Cobian Reflector

 

  • タスクの右クリックから、バックアップの実行やタスクの編集などを行うことができます。

Cobian Reflector

よくある質問と回答

ライセンスについて。

Cobian Reflector は、どなたでも無料で使用できます。