※現在、サイト変更中のため、ここでは一部のページしか利用できません。旧サイトに戻るにはここをクリックして下さい。
定義ファイル更新Trend Microウイルス定義更新フリーソフト

トレンドマイクロ ウイルスパターンファイル 2019-02-21

役に立たないまあまあふつう良い素晴らしい 評価: 5.00(1)

サーバー・クライアントのパターンファイルを手動で更新

このウイルスパターンファイル は、ユーザーが手動でサーバーまたはクライアントのパターンファイルを最新に更新するためのファイルです。このパターンファイルは企業向け製品のパターンファイルです、個人向け製品には使用できません。

クライアントコンポーネントが大幅に古くなっているときや、更新が重要な場合、アウトブレーク(大規模感染)が発生したときは、クライアントコンポーネントを手動で更新することが必要になります。

従来型スキャンとスマートスキャンのパターンファイルを手動で更新

トレンドマイクロのウイルスパターンファイルは、トレンドマイクロのマルウェア対策製品の最新のウイルスデータベースから更新されたウイルスパターンファイルの集まりで、セキュリティサーバがインターネットや一部のエージェントに接続されていない場合に手動でパターンファイルを更新できます。

ここでダウンロードできるファイルは従来型パターンファイルとスマートスキャンパターンファイルです。従来型パターンファイルの種別はオフィシャルパターンファイルリリース(OPR)とコントロールパターンファイルリリース(CPR)の 2 種類があります。

OPR は、トレンドマイクロが確認したウイルスのパターンの最新版です。最新のウイルス脅威から最適な保護を受けられるようにするために、一連の重要なテストに合格したことが保証されています。正式なパターンファイルリリースの前に追加のウイルス対策保護が必要な場合は、プレリリース版のウイルス対策データベースであるコントロールパターンファイルリリース(CPR)をダウンロードして下さい。

更新方法とその他の追加の更新が必要な場合

セキュリティーサーバーのパターンファイルを更新するには、パターンファイルの内容をセキュリティーサーバーの PCCSRV ディレクトリー直下にコピーします。

機能・仕様

  • スキャンパターンファイルの手動更新

ソフト情報

ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows / Unix
言語:日本語
ダウンロード
icrc$hcoth.zip   - consumer smart scan agent 20 MB  [ 14 ダウンロード ]
cvsapi827.zip   - conventional consumer 60 MB  [ 2 ダウンロード ]
lpt830.zip   - conventional enterprise cpr (windows) 55 MB  [ 8 ダウンロード ]
ptn830.tar   - conventional enterprise cpr (unix) 84 MB  [ 8 ダウンロード ]
lpt829.zip   - conventional enterprise opr (windows) 55 MB  [ 17 ダウンロード ]
ptn829.tar   - conventional enterprise opr (unix) 84 MB  [ 11 ダウンロード ]
スクリーンショット

インストール・使い方
サーバのパターンファイルを手動で更新する方法
  1. ウイルスパターンファイル(ファイル名:lpt $ vpn.xxx)を、サーバの PCCSRV フォルダの直下に直接コピーしてください。 「xxx」はパターンファイルのバージョンです。
  2. <..\PCCSRV\Download>に存在するPatternフォルダ内に、このパターンファイルを圧縮した vsapi.zip が自動的に作成されます。
  3. 管理下のクライアントへ自動的に配信が行われます。
サーバのスマートスキャンパターンファイルを手動で更新する方法
  1. icrc $ oth.zipをダウンロードしてください。
  2. パターンファイル icrc $ oth.xxx(icrc $ oth.zip)を PCCSRV フォルダーに抽出します。
よくある質問と回答

コメント