※現在、サイト変更中のため、ここでは一部のページしか利用できません。旧サイトに戻るにはここをクリックして下さい。
定義ファイル更新AVGウイルス定義更新フリーソフト

AVG ウイルス定義ファイル 2018.08.14

役に立たないまあまあふつう良い素晴らしい 評価: 5.00(1)

AVG アンチウイルス オフライン更新ファイル

この更新ファイルで、自動更新に失敗する場合や、インターネットに接続していない環境の AVG アンチウイルスソフトのウイルス定義ファイルを手動で更新することができます。

古いウイルス定義ファイルは新しい流行のウイルスに対応できないので、検出力に大きく影響します。
アンチウイルスソフトがインストールしてあっても、眠っていたパソコンや、工場出荷状態のフレッシュなパソコンのウイルス定義ファイルは最新ではないため、安全性は低いです。

ネットワーク型のウイルスの感染やハッカーの攻撃はネットワークケーブルを繋いだだけで起こりうるので、ウイルス定義ファイルが古い場合は事前にオフラインで更新しておくのが最善策です。

古い AVG はこのファイルで更新を

最近のアンチウイルスソフトは、そのようなことを防ぐためか、インストーラが常に更新されていて最初から新しいウイルス定義ファイルが入っていることが多いので、これからネットに繋ぐパソコンにセキュリティソフトが入っていない場合は、新しいインストーラ(オフライン版)を別のパソコンでダウンロードして外部メディアに移して持ってくれば問題はなさそうです。

※ AVG 2017 以降の新しいバージョンでは、オフラインでウイルス定義ファイルとプログラムを更新する機能がありません。パソコンをインターネットに接続して AVG を更新して下さい。

機能・仕様

  • AVG アンチウイルスソフトのウイルスデーターベースを更新。
  • AVG アンチウイルスソフトのリンクスキャナを更新。

ソフト情報

ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10
メーカー:AVG Technologies
言語:日本語
ダウンロード
u16iavi15883dr.bin 149 MB  38 ダウンロード 
x16all3455ck.bin (link scanner)  900 KB  17 ダウンロード 
スクリーンショット

インストール・使い方

1.オフラインでの更新方法

  • AVG Antivirus を手動でアップデートするには、ファイルをコンピュータに保存してからオプション(設定)メニューにアクセスし、[フォルダから更新]オプションを使用して bin ファイル を選択して下さい。
よくある質問と回答

コメント