ベンチマーク CPU ベンチマーク CPU 監視 GPU ベンチマーク OCCT Windows ストレステスト デモ ハードウェア監視 メモリベンチマーク 電源テスト

OCCT 6.0.0 / 6.0.1.7 Beta

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

CPU/GPU/電源をテストできるストレステストツール

CPU・GPU・電源/マザーボードの性能や安定性、消費電力のテストすることができるストレステスト/ベンチマークつーる。CPU や GPU または電源に高い負荷をかけて、ハードウェアのエラーやオーバークロックの問題を検出するのに役に立ちます。

OCCT の概要

OCCT は、独自の CPU テスト(OCCT)と監視機能が組み込まれているストレステスト/ベンチマークツールです。CPU や GPU、電源の性能を限界まで利用してハードウェアのエラーをチェックしたり、テスト中のハードウェアの各部の温度や電圧、動作周波数などをモニタリングできます。

このソフトウェアはデモ版ですが、無料ですべてのテスト機能を利用できます。無料で使用中の場合はテスト開始までの待ち時間を示すダイアログが表示されたり、テストレポートの保存が制限されます。
OCCT の機能

OCCT では以下の 6 つのテストを実行できます。

テスト項目概要用途
OCCTCPU を限界までプッシュしたり、エラーを見つけるのに最適な独自の CPU テストCPU/メモリ/マザーボードの安定性
AMD CPU に最大の負荷をかけるテスト
LinpackIntel CPU に最適なエラーチェック/ストレステストIntel CPU に最大の負荷をかけるテスト
3DGPU のレンダリングエラーをチェックするテストGPU のテスト
GPU:MEMTESTグラフィックカードのメモリのエラーを検出するテストGPU のメモリをテスト
POWER電源とマザーボードに高い負荷をかけて電力を最大限消費するテスト電源ユニットのテスト
MONITORINGテストを行わずにハードウェアをモニタリングするテストほかのアプリ使用時のモニタリング
CPU/GPU/電源/マザーボードに高い負荷をかけるテストを実行

OCCT

OCCT は短い時間で高い負荷をかけることができるのが特徴のテストツールで、、高負荷時の PC の動作やハードウェアの状態を監視するのに最適です。

CPU と GPU のテストでは、エラーのチェックやオーバークロック時のテストを行うことが可能で、「Power」のテストは、電力を最大に消費して、電力不足のハードウェアコンポーネントを見つけるのに役に立ちます。

温度や電圧、ファン速度や消費電力を監視

OCCT

OCCT には便利な監視エンジンが搭載されており、マザーボードやCPU、GPU、ディスクなどの温度や電圧、ファン速度や消費電力を示すグラフを見ながらハードウェアをモニタリングできます。グラフに表示する内容は選択可能です。

この機能はOCCTでテストを行わない場合にも便利で、「Monitoring」のテストを選択すると、ほかのアプリケーションを使用中のときのハードウェアを監視して記録することができます。

オーバーヒート予防の設定と推奨テスト時間

OCCT の設定では、指定した温度を超えた場合にテストを中止する安全機能が付いています、テストを行う場合は設定しておくことをおすすめします。テストではほとんどのエラーは最初の 5分 以内に検出されるようですが、確実にエラーを検出するためには少なくとも 1 時間はテストを行うことが推奨されています。

システム全体のテストができるストレステストツール

OCCT は、システムを構成するハードウェアのエラーを検出したり、ハードウェアの性能や冷却性能などを確かめるのに役に立つテストツールです。

機能

  • CPU のストレステスト、エラーチェックテスト
  • Linpack(Intel CPU 向け)のストレステスト
  • GPU 3D レンダリングテスト
  • GPU のメモリテスト
  • 電源/マザーボードのテスト

仕様

価格:無料
ライセンス:デモ
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10
メーカー:OCCT
使用言語:英語
最終更新日:3日前 (2020/07/02)
ダウンロード数:2052

ダウンロード

OCCT6.0.0.exe stable 19 MB 1473 ダウンロード
OCCT6.0.1.7.exe beta 19 MB 579 ダウンロード

画像

OCCT

メイン画面

OCCT

テスト中画面(温度をモニタリング)

使い方

インストール

1.インストール

OCCT はインストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした EXEファイルを実行するとアプリが起動します。

インターフェース/設定

1.インターフェース

OCCT のウィンドウの左上の「システム使用率」には現在のシステムリソースグラフ、左下の「Test Configration」にはテスト内容、右側の「モニタリングシステム情報」のシステムにはハードウェア情報が表示されます。

  • テストを行う前に、右側の「モニタリングシステム情報」の各タブを開いて監視するハードウェアの項目を確認または変更しましょう。
  • テストを行う前に、設定(工具のアイコン)をクリックして、オーバーヒート時の動作を設定しましょう。

OCCT

 

2.温度

右側の「温度」をクリックすると、温度のモニタリング情報が表示されます。OCCT でテストを実行する前に監視したい温度を確認しましょう。

  • 下のチェックボックスから、マザーボードやCPU や GPU、ディスクなどの表示したい温度を選択できます。

OCCT

 

3.電圧

右側の「電圧」をクリックすると、マザーボードやプロセッサの各部の電圧のモニタリング情報が表示されます。

  • 下のチェックボックスから、グラフに表示したい電圧を選択できます。

OCCT

 

4.ファン

右側の「ファン」をクリックすると、ファン速度のモニタリング情報が表示されます。

  • 下のチェックボックスから、グラフに表示してモニタリングするファンを選択できます。

OCCT

 

5.電力

右側の「電力」をクリックすると、消費電力(W)のモニタリング情報が表示されます。

  • 下のチェックボックスから、表示したい消費電力の項目を選択できます。

OCCT

 

6.動作周波数

右側の「動作周波数」をクリックすると、CPU や GPU温度のクロック数のモニタリング情報が表示されます。

  • 下のチェックボックスから、グラフに表示したいクロックの項目を選択できます。

OCCT

 

7.設定

設定ボタン(スパナのアイコン)をクリックすると、「一般」で言語の変更、「安全」でよびテストを中止する温度を設定できます。

  • 温度センサーが「安全 – 温度制限(℃)」で指定した温度に達した場合、実行中のテストは中止されます。

OCCT

テストを実行する

ウィンドウ左下の「Test Configration」で実行するテストを選択できます。

1.OCCT

OCCT」は独自の CPU テストです。「データセット(小)」は CPU を限界まで押し上げるのに最適で、「データセット(大)」エラーをすばやく見つけるのに最適です

  • 下の「▶」ボタンをクリックするとテストを開始します。

OCCT

 

  • テスト中は実行中のテスト内容(CPUOCCT)の内容が左下に表示されます。
  • 「■」ボタンをクリックするとテストを停止します。

OCCT

 

テストを停止した時の画面です。

  • 矢印」ボタンをクリックすると前の画面に戻ります。
  • 保存」ボタンをクリックするとテストのデータを保存できます。

OCCT

 

2.Linpack

Linpack」は、Intel CPU を限界まで押し上げることで知られる有名なテストです。AMD CPU で使用する場合はそれほど優れておらず、OCCT よりもエラーを拾う可能性は低いです。

OCCT

 

3.3D

3D」は、レンダリングエラーを自動的に検出するテストです。

OCCT

 

4.Memtest

Memtest」は、グラフィックカードのメモリをテストするテストで、不良ビットの発見に優れいます。オーバークロックに起因するエラーの発見には適していません。

  • OpenCL をサポートする任意のGPU(Intel / AMD / Nvidia)で動作します。

OCCT

 

5.Power

Power」は、OCCT と 3D テストを組み合わせて、電源とマザーボードにストレスを与えるテストです。このテストは、OCCT の中で最も電力を消費するテストです。電力不足のコンポーネントを識別するのに役立ちます。

OCCT

 

6.Monitori

Monitori(モニタリング)」は、OCCT 以外のアプリを使用中のセンサーを監視するのに適したテストです。OCCT ではテストは行われず、監視を記録するだけです。

OCCT

 

よくある質問と回答

Free Music & Video Downloader のライセンス(商用利用など)について

Yale は制限なく無料で使用できます。商用目的でも使用できます。作者を支援したい場合は寄付を検討して下さい。

コメント