クリーンアップ・最適化Kurt ZimmermannPC 最適化Windowsシステムクリーナーディスクデフラグディスク使用量分析トラブルシューティングファイル完全削除フリーソフトレジストリクリーナー重複ファイル検索

TweakPower 1.053

説明ダウンロード使い方

PC の最適化とチューニング、エラーの解決を行うオールインワンソフト

TweakPower

PC のクリーンアップと最適化、Windows のカスタマイズ、システムの問題の修復やメンテナンスなどたくさんの機能を備えているオールインワンスイート。PC を最適なパフォーマンスで稼働し、セキュリティと安定性を向上させることができます。

TweakPower の概要

TweakPower は PC のパフォーマンス低下やエラーの原因を改善または修正して、PC を最適な状態に保つためのソフトウェアです。Winodws の面倒な設定や高度な設定を行って簡単に PC をカスタマイズしたり、ハードディスクの不要ファイルやプライバシーな履歴と痕跡をきれいに掃除するのに適しています。

Windows の設定の UI は使いづらく設定箇所が設定アプリとコントロールパネルに分かれているのでとても複雑です、また、レジストリを直接弄らないとできない設定も数多くあります。TweakPower は Winodws で利用可能な数多くの設定内容をまとめて使いやすくし、OS やプログラムのカスタマイズや最適化、修正方法をユーザーに提供します。

4 つのクリーンアップの機能

TweakPower のクリーンアップ機能は、ブラウザと Windows とアプリケーションの不要ファイル、不要なレジストリをハードディスクから削除できます、下の表はクリーナーで削除できるアイテムです。

ブラウザクリーナーパスワード、バックアップ、クッキー、クラッシュレポート、ダウンロード履歴、インターネット履歴、インターネットキャッシュ、ログ、ダンプファイル、セッション などのブラウザの履歴と痕跡を削除
システムクリーナーログ、メモリダンプ、一時ファイル、サムネイル&アイコンキャッシュ、イベントログ、エラーレポートファイル、履歴、ストアアプリの履歴や不要ファイルなどの Winodws の履歴と痕跡を削除
プラグインクリーナースタートメニューのキャッシュ、通知領域のキャッシュ、ワードパッド、レジストリエディタ、Adobe Flash Player、Winodws Media Player、7-Zip、WinRAR、Inkscape などのプログラムの履歴と痕跡を削除
レジストリクリーナー無効または使われていない不要なレジストリを削除

クリーナーはスケジュールを設定して定期的に行ったり Windows 起動時に行うこともでき、特定のファイルやフォルダを削除から除外したり、反対に削除するように追加できます。TweakPower の「Auto-Clean and Live Tuner」機能を有効にすると、システムとブラウザをモニタリングしてこれらのクリーンアップを自動で行ったり、クリーンアップが必要なファイルが溜まったときに通知を表示することができます。

Windows の設定変更(カスタマイズ)

TweakPower では、次のような Winodws のさまざまな箇所の設定を変更してカスタマイズできます。

オペレーションマウス・キーボード・タスクバー・視覚効果・スタートメニューの設定
システムアニメーション・ファイルの種類・フォルダオプションの設定
ビジュアルスタイルシステムアイコンのカスタマイズ・壁紙やスクリーンセーバーの設定
コミニュケーションネットワーク・プライバシー・IE / Firefox / Edge ブラウザ・タイムサーバーの設定
アドミニストレーションログオン・ドライブ・メモリ・システム・エクスプローラ・セキュリティの管理の設定
プライバシープライバシーに関する設定

システムやドライブ、アプリケーションやアニメーションなどの機能面の設定や、色やウィンドウ枠、アイコンやログオン画面、メニュー、デスクトップなどの外観をカスタマイズするできます。

システムの機能

TweakPower のシステムの機能は以下の 8 つに分かれています。特に便利なのが「Repairing Windows(Fix it Center)」の機能で、PC に何かの問題がある場合に、解決策を探してワンクリックで修復を実行することができます。ハードウェアのモデルやスペック情報を調べたい場合には「ハードウェアインフォメーション」が役に立つでしょう。

Uninstallerプログラム、更新プログラム、ストアアプリのアンインストール
System Restoreシステムの復元と復元ポイントの作成
System InformationOS とソフトウェア関連の詳細情報を表示、起動中のプロセスとサービスの一覧表示
Power options電源オプション、コンピュータの消費電力を制御
Startup Programs起動時に実行されるプログラム、タスクスケジューラ、サービス、コンテキストメニューの管理、起動の高速化
Repairing Windowsいくつもの PC の問題を自動的に解決
Hardware InformationCPU・マザーボード・RAM・ハードドライブ・ネットワーク・グラフィックスなどのハードウェアの詳細情報を表示
Performance IndexWindows エクスペリエンスインデックスの評価
ハードディスク関連のユーティリティ
DiskDoctorハードディスクのエラーチェック、ファイルシステムの修復、不良セクタの修復
Duplicate Files重複ファイルの検索と削除
File splitterファイルを好みのサイズに分割
Recover Deleted Files削除したファイルを復元
Defragment diskハードディスクを最適化
Bad Links無効なショートカットを自動的または手動で修正
Disk Space Analyzerディスクを占有しているサイズが大きいファイル/フォルダを分析
AES – Encrypt Filesファイルを AES 256 ビットで暗号化
OS・外観・インターネットを最適化

「最適化」の機能は TweakPower の特徴のひとつで、ワンクリックでシステムの各部の設定を最適化できます。

OS起動、シャットダウン、システム、ハードディスク、SSD を高速化
Visualアニメーション効果を無効にしてシステムリソースの消費を節約
Internetインターネット接続の設定を自動または手動で最適化
バックアップと復元

レジストリクリーナーで削除したレジストリや、カスタマイズや最適化で変更した Winodws の設定は自動的にバックアップされます。なので、不具合が発生したり、思い通りの結果でなかったときにいつでも削除前や変更前の状態に復元できます。

PC のモードを切り替え

TweakPower の「Current PC Mode」の機能では、PC をワンクリックで「省電力モード」または「ゲームモード」に切り替えることができます。無駄に電力を消費する必要のない機能を無効にしたり、ゲームに不要な機能を無効にしてリソースをゲームに集中させることができます。

システムとブラウザをモニタリングして自動クリーンアップ&最適化

「Auto-Clean and Live Tuner」の機能は、システムとブラウザの監視を有効にして終了時にブラウザの痕跡を自動的に削除したり、プロセスの優先度の変更、メモリの解放、スタートアップエントリのモニタリングを自動的に行ってシステムを自動で最適化します。定期的に PC をチェックしてクリーンアップを実行することもできます。

強力なPC最適化ツール

TweakPower の短所は日本語に対応していないことですが、その問題を払拭するくらいの魅力がある多機能で完全なフリーのソフトウェアです。使い慣れれば PC の設定や最適化をするために複数のツールを使ったり Windows の遠回りな設定を行う必要がなくなるでしょう。

機能

  • クリーンアップ(システム・ブラウザ・レジストリ・そのほかのアプリ)
  • Windows の設定をカスタマイズ
  • Windows の修復
  • システムの設定を最適化
  • ハードディスク、レジストリの最適化
  • PC モード(省電力モード/ゲームモード)
  • 自動クリーンアップとライブ最適化
  • 自動メンテナンス
  • システムおよびハードウェア情報の表示
  • バックアップ

仕様

価格: 無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Kurt Zimmermann
使用言語:ドイツ語・英語ほか
最終更新日: 3週間前 (2019-07-01)
ダウンロード数:17

ダウンロード

TweakPower.exe installer 12 MB 5 ダウンロード
TweakPowerX32.zip portable (32 bit) 8 MB 5 ダウンロード
TweakPowerX64.zip portable (64 bit) 6 MB 7 ダウンロード

画像

TweakPower

クリーンアップ画面

システムの設定・Windows の修復

TweakPower

最適化項目

TweakPower

モードの変更・自動クリーンアップと最適化

使い方

インストール

ダウンロードしたインストーラを実行するとセットアップが始まります。

  • 追加する項目を青いスイッチで選択して[Install]をクリックします。

TweakPower

Create System Restore Point:システムの復元ポイントを作成する
Create Startmenu:スタートメニューにショートカットを作成する
Create Desktop Shortcut:デスクトップにショートカットを作成する
Launch program after installation:インストール後にプログラムを起動する
Add TweakPower to Explorer’s context menu:コンテキストメニューに「TweakPower(ファイルシュレッダ・分割・暗号化)」を追加する

 

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックして閉じます。

TweakPower

    ダッシュボード

    メニューの一番上のアイコンをクリックするとダッシュボードの画面に移動します。

    • この画面では、クリーンアップの履歴・ブート/シャットダウン時間・ドライバとドライブの状態・セキュリティの設定といったシステム全体のステータスを確認できます。

    TweakPower

    ・それぞれの項目の「Information」のリンクをクリックすると詳細情報を確認できます。

    クリーンアップを行う

    1. クリーンアップの設定

    Cleaning」の画面ではブラウザとシステム、レジストリ、アプリケーションのクリーンアップができます。

    • クリーンアップしたくない場所は、スイッチを有効(Enabled)から無効(Disabled)に切り替えます。
    • スキャンする箇所を細かく指定する場合は「Setting」をクリックします。

    TweakPower

     

    2. キープするクッキーを管理する

    Browser Cleaner」の「Manage Cookies」をクリックするとブラウザのクッキーが一覧表示されます。ここでは、特定のドメインのクッキーをキープする(クリーンアップ時に削除しない)ように設定できます。

    • Delete Cookies:削除するクッキーのリスト」から削除したくないクッキーを選択し、右クリックから「Keep Cookie」を選択します。するとそのクッキーは「Keep Cookies:キープするクッキーのリスト」に追加されます。

    TweakPower

     

    3. スキャンの開始・クリーンアップの実行
    • Analize Now]ボタンをクリックするとスキャンが始まり、クリーンアップ可能なファイル数とサイズが表示されます。
    • スキャン結果の詳細を確認したり、削除する項目を選択する場合は、それぞれの「Datails」をクリックします。
    • Cleanup The PC]ボタンをクリックするとクリーンアップを実行します。

    TweakPower

     

    • クリーンアップが完了しました。

    TweakPower

    Windows の設定(マウス・キーボード・タスクバー・スタートメニュー)

    • Windows のアイコンをクリックすると、Windows のシステム設定を変更できるコントロールパネルに移動します。

    TweakPower

    Operation:マウス・キーボード・タスクバー・スタートメニュー の設定
    System Settings:アニメーション・ファイル・フォルダの設定
    Visual Styler:アイコンのカスタマイズ・壁紙やスクリーンセーバーの設定
    Communication:ネットワーク・プライバシー・IE / Firefox / Edge ブラウザの設定
    Administration:ログオン・ドライブ・メモリ・システム・エクスプローラ・セキュリティの管理の設定
    Privacy:プライバシーに関する設定

     

    1. オペレーションの設定(マウス)

    Mouse」では、主に使用するマウスのボタンの切り替え、ダブルクリック速度、クリックロック、マウスポインタの変更などができます。「Mouse Sensitivity」以外の設定項目は Windows のコントロールパネルと同じなので説明を省略します。

    • Mouse Sensitivity」では、マウスのクリックとドラッグ操作がどれだけ敏感に反応するかを調整できます。
    • Apply]ボタンをクリックすると変更が適用されます。

    TweakPower

    [Double-click and drag] – ダブルクリックに必要な許容誤差とシーケンス中に必要なマウスの動きを決定します。
    Tolerance with double-click (in pixels):ダブルクリックの公差(ピクセル)
    Threshold for Drawings (in pixels):描画のしきい値(ピクセル)
    [Hover effect] – (ハイパーリンクなどの)マウスホバー効果
    Movement tolerance (in pixels):移動許容値(ピクセル)
    Mouse Hover Time (in milliseconds):マウスホバー時間(ミリ秒)

     

    2. オペレーションの設定(キーボード)

    Keyboard」の「Keyboard properties」ではカーソルの幅の変更と Win キーの無効化、「Keyboard speed」では、文字入力時の表示までの待ち時間と表示の間隔を調整できます。

    •  「Keyboard speed」は Windowsのコントロールパネルの設定と同じなので説明を省略します。

    TweakPower

    [Keyboard properties]
    Cursor width:カーソルの太さ(幅)を変更します
    Enable key combinations with the window key:Windows キーを使ったキーボードショートカット有効にする

     

    3. オペレーションの設定(エフェクト)

    Effects」では非アクティブウィンドウをアクティブにする設定や、タスクバーの透明度の変更ができます。

    TweakPower

    [Inactive windows]
    Scroll inactive windows when displayed:無効にすると、非アクティブウィンドウをクリックせずにスクロールできます
    [Active window tracking] – マウスポインタが通過したときにウィンドウを自動的にアクティブにするかどうかを指定します
    Enable Active Window Tracking:アクティブウィンドウトラッキングを有効にする
    Delay before activation (in milliseconds):アクティブなるまでの遅延時間(ミリ秒)
    Automatically bring windows to foreground after activation:アクティブ化後にウィンドウを自動的に前面に表示
    [Taskbar]
    Make Taskbar transparent:タスクバー度の透明度を調整できます
    Make taskbar transparent at system start:システム起動時にタスクバーを透明にする

     

    4. タスクバー
    • デフォルトでは、タスクバーのアイコンは自動的にグループ化され、ラベルは表示されませんが「Button View」で変更できます。「Configuration」ではタスクバーに表示または非表示にするアイテムの選択ができます。

    TweakPower

    [Button flashes] – タスクバーボタンの点滅
    Enable flashing taskbar buttons:タスクバーボタンの点滅を有効にする
    [Flashing frequency] – 点滅する頻度を調整します
    Button in the taskbar will flash until you click on it:ボタンをクリックするまで点滅
    Time Button in the taskbar flashes:指定した回数点滅
    [General] – ウィンドウがフォーカスを奪われないようにするまでの時間
    Time after the last input (in seconds):最後の入力からの経過時間(秒)
    [Button View] – タスクバーボタンの表示方法
    Maximum width of buttons with label:ラベル付きボタンの最大幅
    Group similar elements:類似要素をグループ化する
    [Configuring grouping of taskbar icons] – タスクバーアイコンのグループ化の設定
    Always group buttons, hide labels:常にボタンをグループ化し、ラベルを隠す
    Group buttons when the taskbar is full:タスクバーが一杯になったらボタンをグループ化する
    Never group buttons:ボタンをグループ化しない
    [Minimized windows] – デスクトップ上の最小化されたウィンドウの配置
    Position and alignment:タスクバーに表示されていない最小化されたウィンドウのタイトルバーの位置を指定
    [Spacing] – タスクバーに表示されない最小化ウィンドウのタイトルバーの間隔を設定
    Space between Titelbars (in pixels):タイトルバーの間隔(ピクセル単位)
    [Notification area] – タスクバーと通知領域の表示と動作のオプションを指定
    Show Info Area:情報エリアを表示する
    Show Seconds in Taskbar Clock:時計に秒数を表示する
    Show clock in systray:時計を表示する
    Disable New Volume Control UI and Restore Previous UI:以前の音量コントロール UI にする
    Taskbar – Disable New Tray Clock and Calendar UI and Restore Previous UI:時計とカレンダーを以前の UI にする
    Taskbar – Disable New Battery Fly-out and Restore Previous UI:バッテリーを以前の UI にする
    Taskbar – Disable New Action Center Sidebar and Restore Previous UI:アクションセンターのサイドバーを無効にして以前の UI にする
    Taskbar – Completely Disable Action Center:アクションセンターを完全に無効にする
    [Configuration]
    [Language assistant Cortana, who acts as a digital secretary] – コルタナの設定
    Hidden:隠す
    Show Cortana as Symbol:アイコンを表示
    Show Search Field:検索フィールドを表示
    [Show Items in Taskbar] – タスクバーに表示するアイテムを設定
    Show animated buttons:アニメーションボタンを表示する
    Lock the taskbar:タスクバーを固定する
    Use small taskbar buttons:小さなタスクバーボタンを使う
    Use Peek to preview the desktop when you move your mouse to the Show desktop button at the end of the taskbar :タスクバーの端にマウスを移動したときにデスクトップをプレビューする
    Automatically hide taskbar in tablet mode:タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す
    Automatically Hide Inactive Tray Icons:非アクティブなトレイアイコンを自動的に隠す
    Show badges on taskbar buttons:タスクバーボタンにバッジを表示する
    Auto hide the taskbar in desktop mode:デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す
    Show ‘task view’ in taskbar:タスクバーにタスクビューを表示する
    Show Windows Ink Workspace button:タスクバーに Windows Ink ワークスペースボタンを表示
    Show Touch Keyboard Button on Taskbar:タスクバーにタッチキーボードボタンを表示する

     

    5. スタートメニュー
    • Start Menu」では、スタートメニューの表示方法や表示する内容の設定ができます。

    TweakPower

    [General] – サブメニューの展開方法
    Open menus by mouse click:マウスクリックでメニューを開く
    Open the menus automatically when pointing open:メニューを自動的に開く
    [Last Used]
    ・Move and edit shortcuts of the context menu:コンテキストメニューのショートカットを移動および編集可能にする
    [Shortcuts]
    Save and view list of recently used documents:最近使ったドキュメントのリストを保存して表示する
    Save and view list of recently used programs:最近使ったプログラムのリストを保存して表示する
    [Customize start menu]
    Show Start Menu in Full Screen Mode – スタートメニューの表示モード
    The user can select whether the menu ‘Start’ is displayed as a window or in full-screen mode (default)
    「スタート」をウィンドウとして表示するかフルスクリーンモードで表示するかを選択(デフォルト)
    The Start menu is displayed in the window mode, a user can not change the setting
    スタートメニューをウィンドウモードで表示
    The Start menu is displayed in full screen mode, a user can not change the setting
    スタートメニューを全画面モードで表示
    Display recently opened items in jump lists on the Start menu or on the taskbar
    最近開いたアイテムをスタートメニューまたはタスクバーのジャンプリストに表示する
    Occasionally show suggestions in the Start menu
    スタートメニューに時々おすすめのアプリを表示する
    Show most used apps:よく使うアプリを表示する
    The Start menu, taskliste and info center are displayed with a transparent background
    スタートメニュー、タスクリスト、インフォセンターは透明な背景で表示する
    When right-clicking on the ‘Start’ button or by pressing Windows key + X ‘Input prompt’ in the menu, replace it with PowerShell
    スタートボタンの右クリックのコマンドプロンプトを PowerShell に置き換える

    Windows の設定(システム)

    「Windows」メニューの「System Settings」の設定内容です。

    1. アニメーション
    • Animation」では視覚効果やアニメーション、フォントのクリアタイプの設定ができます。

    TweakPower

    [Settings]
    Show window contents while dragging:ドラッグしながらウィンドウの内容を表示
    Show color transition in title bar:タイトルバーの色の変化を表示
    Show mouse pointer shadow:マウスポインタの影を表示
    Show selection rectangle with color background:背景色付きの選択矩形を表示する
    Show icon title with shadow:アイコン名に影を付ける
    Activate Transparent Window Frames Usage:ウィンドウの枠を透明にする
    [Usage]
    Always show keyboard navigation indicators:キーボードナビゲーションインジケーターを常に表示
    Show Tooltios on Title bar Buttons:タイトルバーボタンにツールチップを表示
    Show Windows version on desktop:Windows のバージョンをデスクトップに表示
    [Animations]
    Animations to be displayed when using windows and lists – ウィンドとリストのアニメーション
    Animate windows when minimizing and maximizing:最大化および最小化時にウィンドウをアニメーション表示
    Use the following animation with tooltips:ツールチップのアニメーションを選択
    [Animation of elements] – アニメーションのスクロールと折りたたみを適用する要素
    Show list view and tree view:リストビューとツリービュー
    Smooth scroll list boxes:スムーズスクロールのリストボックス
    Animate drop-down list:ドロップダウンリスト
    Menu Appearance
    [Specify appearance and behavior of context menus and default menus] – コンテキストメニューとデフォルトメニューの外観と動作
    Fade out menu items after clicking:クリック後にメニュー項目をフェードアウトする
    Use the following display effect:次の効果を使う
    [Effects] – メニューの表示
    Show flat menus:フラットメニューを表示する
    Show shadows under menus:メニューの下に影を表示する
    [Font Smoothing]
    More beautiful fonts with Cleartype – クリアタイプの使用とクリアタイプの調整

     

    2. ファイルタイプ
    • File Types」では、コンテキストメニュー項目のカスタマイズと、不明なファイルを開いたときの動作などの設定ができます。

    TweakPower

    [Menu Operations]
    Open the prompt directly from the context menu of the explorer – エクスプローラのコンテキストメニューからプロンプトを開く設定
    Show ‘Open Command prompt here’:コマンドプロンプトを開く項目を表示
    Show ‘PowerShell here’:PowerShell を開く項目を表示
    Files and Folders – エクスプローラのコンテキストメニューに表示するエントリの設定
    Show ‘Send to’ in context menu:「送る」を表示する
    Show ‘copy to’ in the context menu:「フォルダへコピー」を表示する
    Show ‘Move to’ in the context menu:「フォルダへ移動」を表示する
    Show ‘Encrypt and Decrypt’ in Context Menu:「暗号化」を表示する
    [Menu ‘New’]
    ・右クリックメニューの「新規作成」に表示するファイルの種類を選択または追加できます。
    [Opening Files]
    不明なファイルの種類を開くときの Windows の動作
    Open With:開くプログラムを指定
    Show ‘Open With’ Dialog:「開く」ダイアログを表示する
    拡張子がない(ファイルが完了していない)不明なファイルの種類を開くときの Windows の動作
    Open With:開くプログラムを指定
    Procedure as for unknown data type:未知のデータとして扱う
    [Advanced]
    Remove text ‘shortcut to’ from shortcuts:ショートカット作成時の「へのショートカット」というテキストを削除する

     

    3. フォルダオプション

    「Folder Option」では、フォルダやドライブの表示に関する設定ができます。

    TweakPower

    [View]
    Configure compressed files – 圧縮されたファイルの設定
    Show compressed ZIP archives as folders: ZIP アーカイブをフォルダとして表示する
    Show compressed CAB archives as folders: CAB アーカイブをフォルダとして表示する
    [List]
    Popups with detailed information – 詳細情報のポップアップ
    Show pop-ups above files and desktop elements:ファイルとデスクトップの要素の上にポップアップを表示する
    Show Content Information in the Popup above Folders:フォルダのポップアップにコンテンツ情報を表示する
    Icon arrangement – フォルダの順番
    Arrange elements of a folder by alphabet:フォルダの要素をアルファベット順に並べる
    Arrange elements of a folder by number and alphabet:フォルダの要素を数字とアルファベット順に並べる
    Encrypted and compressed elements – 暗号化および圧縮されたファイル
    Show encrypted and compressed elements in a different color:暗号化された要素と圧縮された要素を異なる色で表示する
    [Selection] – ファイルとフォルダを選択するときの選択矩形
    Selection rectangle – 選択矩形
    Switch on the transparent view of the selection rectangle:選択矩形の透明表示をオンにする
    Hot Tracking Color – ハイパーリンク(参照)の色を指定
    Color of the selection rectangle:選択矩形の色
    Frame color:フレームの色
    Selection
    Use check boxes to select files:チェックボックスを使ってファイルを選択する
    When entered in the list – リストに入ったとき
    Automatically insert into search field:検索フィールドに自動的に挿入する
    Select the item entered:入力する項目を選択する
    [Desktop]
    ・「コンピュータ」「共有フォルダ」「コントロールパネル」などのアイコンを選択してデスクトップに表示できます
    [Hide drives]
    ・エクスプローラに表示する/表示しないドライブを選択できます
    [Drive letters] – ドライブ文字の表示
    Show all drive letters before the label:ラベルの前にドライブ文字を表示
    Show all drive letters behind the label:ラベルの後ろにドライブ文字を表示
    For network drives, always show the drive letter before the label:ネットワークドライブの場合は、ラベルの前にドライブ文字を表示
    Show no drive letter:ドライブ文字を表示しない
    [Adress bar] – アドレスバー
    List of suggestions for all addressbars – アドレスバーの候補の一覧
    Show list of suggestions (sorted by similarity):候補のリストを表示する
    Automatic completion in the Explorer and Run dialog – エクスプローラとファイル名を指定して実行ダイアログの自動補完の指定
    Automatic addition to the most similar entry:最も類似したエントリを自動で追加
    Starting Programs in the Address List of the Explorer – エクスプローラのアドレス一覧でプログラムを起動するかどうかの設定
    Allow entry and start of registered program names:登録済みプログラム名の入力と起動を許可

    Windows の設定(ビジュアルスタイル)

    「Visual Styler」では、アイコンや壁紙、テーマの設定ができます。

    TweakPower

    [File System]
    ・ドライブとフォルダのアイコンを変更できます
    [Systemicons]
    ・デスクトップ・スタートメニュー・エクスプローラ・ファイル拡張子などのシステムアイコンを変更できます
    [Background image]
    ・デスクトップの壁紙を変更できます
    [Shortcut Arrow]
    ・ショートカットアイコンの矢印を変更または削除できます
    [Icon Representation]
    ・デスクトップのアイコンサイズを調整できます
    [Screen saver]
    ・スクリーンセーバーの設定ができます
    [Repair]
    ・Repair Iconcache:アイコンキャッシュを再読込します
    ・Repair Symbol Cache:アイコンキャッシュを再構築して、正しく表示されない問題を修正します
    [Themes]
    Windows のテーマの設定です
    [Icon spacing]
    ・デスクトップアイコンのサイズと間隔を変更できます
    [Desktop Restore]
    デスクトップアイコンの位置の保存と復元ができます
    ・Store Destopicon positions:デスクトップアイコンの位置を保存する
    ・Reset Destopicon positions:選択したデスクトップアイコンの位置を復元する
    [Screen resolution]
    ・スクリーンの解像度を変更します
    [Colors]
    Enable Transparency Effects:透明効果を有効にする
    Select Default App Mode – デフォルトのアプリモードの選択
    Bright:デフォルトのテーマを使う
    Dark:ダークテーマを使う

    Windows の設定(コミニュケーション)

    Windows」の「Communication」では、ネットワークとブラウザ関連の設定ができます。

    1. ネットワーク
    • Network」では、共有と UPnP、QoS、タイムサーバーなどの設定ができます。

    TweakPower

    [Network Environment]
    Specify
    Hide this computer in the network environment of other computers:他のコンピュータのネットワーク環境でこのコンピュータを隠す
    Enable administrative Shares to allow access to all disks:管理用共有を有効にしてすべてのディスクへのアクセスを許可する
    General
    Automatically search network for shares. Note: This may slow down your system:ネットワークで自動的に共有を検索します
    [Advanded]
    Universal Plug and Play
    Enable Universal Plug and Play:ユニバーサルプラグアンドプレイを有効にする
    QoS Service (Quality of Service)
    Reserve bandwidth:帯域幅を予約する
    Bandwidth in Percentage:帯域幅のパーセンテージ
    [Internet Time]
    Configure Windows Time / Date Matching – Windows の時刻と日付の一致の構成
    Synchronize automatically with Internet server:インターネットサーバーと自動的に同期する
    Available Time Servers:タームサーバーの追加と削除、同期ができます
    [Internet]
    Maintain dial-up connection for user changes:ユーザー変更時にダイヤルアップ接続を維持する設定
    Do not disconnect dial-up connection on logout:ログアウト時にダイヤルアップ接続を切断しない
    Ask at logoff:ログオフ時に確認する

     

    2. Internet Explorer
    • 「Internet Explorer」では、Internet Explorer ブラウザの設定ができます。

    TweakPower

    [Title List]
    Change Title Bar in Internet Explorer Window:Internet Explorer のタイトルバーに表示するテキストを編集
    Number of lines of the most popular websites set to:Internet Explorer で新しいタブを開いたときに表示されるトップサイト(最も頻繁にアクセスされる Web ページ)の行数
    [Menu bar]
    Changing Common Internet Explorer Settings – Internet Explorer の一般的な設定を変更する
    Always show menu bar:常にメニューバーを表示
    Show Favorites Bar:お気に入りバーを表示
    Show command bar:コマンドバーを表示
    Show Status Bar:ステータスバーを表示
    Fixing Toolbars:ツールバーを固定
    Show tabs in a separate line:タブを別の行に表示する
    Show Source Code – ‘ソースを表示’ をクリックしたときに使用するプログラム
    Use the default Internet Explorer display (read only):デフォルトのInternet Explorerのディスプレイを使用する(読み取り専用)
    Determine Custom Program:カスタムプログラムを使用
    [Navigation]
    ポップアップとリンクを新しいウィンドウで開くかどうかの設定
    Opening Popups:ポップアップを開く場合
    Open links in programs (like email clients):プログラムのリンクを開く場合
    [Home page]
    ・スタートページを指定できます(プライマリホームページに加えてセカンダリホームページを指定可能)
    [Security]
    Browser Identifiers – Internet Explorer の識別データ(ユーザーエージェント)の編集
    Browser Identifaction:ブラウザの識別
    Operating System:オペレーティングシステム
    Enable Compatibility Mode:互換モードを有効にする
    Compatible with:_ と互換性
    [Performance]
    Maximum Number of Connections – 帯域幅とパフォーマンスを最適化するブラウザの設定
    HTTP 1.0 Protocol:HTTP 1.0 の最大接続数
    HTTP 1.1 Protocol:HTTP 1.1 の最大接続数
    [Favorites]
    Internet Explorer のお気に入りを管理

     

    3. Firefox
    • 「Firefox」では、Firefox ブラウザの設定ができます。

    TweakPower

    [General]
    Textanimations – アニメーションテキスト
    Activate Blinking Texts:点滅するテキストを有効にする
    Disable scrolling texts (marquees):スクロールテキスト(marquees)を無効にする
    Error messages – エラーメッセージ
    Show error messages in a web page:Web ページにエラーメッセージを表示する
    Display error messages in a dialog:ダイアログにエラーメッセージを表示する
    Position of the Sidebar – サイドバーの位置
    Show sidebar on the left side:左側にサイドバーを表示
    Show sidebar on the right:右側にサイドバーを表示
    [Usage]
    Address bar – アドレスバーの入力
    Automatically complete addresses in the address bar:アドレスバーのアドレスを自動補完
    Show ‘Load Address’ button:「アドレス入力」ボタンを表示
    Menu speed – カスケードメニューを開く速度
    Use Windows default setting:Windows のデフォルト設定を使用
    Open menus only by mouse click:マウスクリックだけでメニューを開く
    Open Menus by Specified Time:指定時間でメニューを開く(Short Delay:遅延を短く、Long Delay:遅延を長く)
    [Window]
    Opening links – リンクの開き方
    Open links instead of in a new window as follows:新しいウィンドウではなく次の方法でリンクを開く
    In the same tab or window as the link:リンクと同じタブまたはウィンドウ内
    In a new tab:新しいタブ
    Javascript – ウィンドウが許可する Javascript の変更操作
    Change Window Size:ウィンドウサイズを変更する
    Minimizing windows:ウィンドウを最小化する
    Hiding the Menu Bar:メニューバーを隠す
    Hiding the Toolbar:ツールバーを隠す
    Hiding the scroll bars:スクロールバーを隠す
    [Tabs]
    Button ‘Close’ – タブの閉じるボタン
    Position:位置と表示方法を指定
    Minimum Width
    Minimum width (in pixels):最小タブ幅(ピクセル)
    Active tab color – アクティブなタブの色
    Highlight by Color:強調表示する
    [Performance]
    Faster surfing – thanks to Firefox pipelining – Firefox パイプラインで複数のページの表示を高速化
    Enable Firefox Pipelining:Firefox のパイプラインを有効にする
    New Tab with Home – 新しいタブを開いた時のページ
    When opening a new tab blank page or Show thumbnail thumbnails:ブランクページやサムネイルを表示
    Show the following page when opening a new tab:新しいタブを開くときは、次のページを表示
    [Favorites]
    ・お気に入りの管理

     

    4. プライバシー
    • 「Privacy」では、WIndowsやブラウザ、メディアプレーヤーなどのプライバシーに関する設定ができます。

    TweakPower

    [Windows Update]
    Actual: Automatically Deploy Important Updates:重要なアップデートのチェック方法を指定
    Select installation type for updates – 更新プログラムのインストールの種類を選択
    Deploy updates to other Microsoft products when a Windows update is run:Windows アップデート実行時に他のマイクロソフト製品のアップデートを展開する
    Reset file updates:ファイルのアップデートをリセットする
    The setup of my device is to be automatically completed after an update with my login information:ログイン情報を更新した後、デバイスの設定を自動的に完了する
    [Trace tracks]
    Delete History Lists – 過去に最後に開いた文書または編集した文書(ファイル)の履歴の削除
    Delete history lists now:今すぐ履歴を削除する
    Delete Internet Explorer Cache
    Delete Internet Explorer cache when exiting IE:IE 終了時に Internet Explorer のキャッシュを削除する
    [Internet Explorer]
    Security Settings Internet Explorer – IE のセキュリティの設定
    Enable SmartScreen Filter:SmartScreen フィルタを有効にする
    Enable Integrated Windows Authentication:統合 Windows 認証(IWA)を有効にする
    [Media Player] – メディアプレーヤーのプライバシー設定
    Do not save list of last played files:最後に再生したファイルのリストを保存しない
    Do not save information from playback media (CD or DVD):メディア(CDまたはDVD)から情報を保存しない
    Do not store music file information:音楽ファイル情報を保存しない
    [Media Player Advanced]
    Settings – メディアプレーヤーのプライバシーとセキュリティの設定
    メディアプレーヤーを介して外部スクリプトコマンドを実行できるかどうかの設定
    Prevent script script execution:スクリプトの実行を禁止する
    保護されたメディアファイルのライセンスを自動的に取得するかどうか
    Preventing the acquisition of licenses:ライセンスの取得を防止
    不明なメディアファイルのデコーダを自動的にダウンロードするかどうかの確認
    Prevent automatic decoder download:自動でデコーダーがダウンロードされるのを防止
    Web サイトが自分のメディアプレーヤーを識別できるかどうかの確認
    Prevent identification of the mediaplayer by web pages:ウェブページによるメディアプレイヤーの識別を防ぐ
    [Error Reporting]
    Enable error reporting:エラー報告を有効にする(送信方法と送信する内容を選択)
    Show problem dialog:ダイアログを表示する
    Error Reporting for Microsoft Office
    Turn off sending error reports to MS Office:MS Office のエラーレポートの送信を無効にする
    Configuring Error Reporting in IE
    Turn off sending Internet Explorer error reports:Internet Explorerのエラーレポートの送信を無効にする

     

    5. Edge

    「Edge」では、Edge ブラウザの設定ができます。

    TweakPower

    [Settings]
    Choose a theme:テーマを選択
    Open new tabs with:下の方法で新しいタブを開く
    Favorites Bar
    Show Favorites Bar:お気に入りバーを表示
    Show icons on the favorites bar:お気に入りバーにアイコンを表示
    [Advanced settings]
    Cookies:クッキーのブロック方法の設定
    Show the Home Button:ホームボタンで表示するコンテンツ
    Save downloaded files to:ダウンロードするファイルの保存先
    Ask me what to do which each Download:ダウンロード時に保存方法を訪ねる
    [Modify Edge Settings]
    Block Popups:ポップアップブロック
    Use Adobe Flash Player:Adobe Flash Player を使う
    Always use caret browsing:常にキャレットブラウジングを使う
    Offer to save passwords:パスワードを保存する
    Save form entries:フォーム入力を保存
    Send ‘Do Not Track’-Requests:「追跡禁止」のリクエストを送信
    Have Cortana assist me in Microsoft Edge:Cortana で Microsoft Edge をアシストする
    Show search suggestions as I type:入力中に検索候補を表示
    Optimize taskbar web search results for sreen readers:スクリーンリーダーのためにタスクバーのウェブ検索結果を最適化
    Let sites save protected media licenses on my device:保護されたメディアのライセンスを自分のデバイスに保存
    Use page prediction:ページ予測を使用する
    Help protect me from malicious sites and downloads with SmartScreen Filter:SmartScreen を使って悪意のあるサイトやダウンロードから保護する

    Windows の設定(管理者)

    「Administration」

    1. ユーザーログイン

    「User login」では、自動ログインとログイン画面の設定ができます。

    TweakPower

    [Autologin]
    起動時の Windows 自動ログイン設定(Winodws のバージョンによっては使用できない場合があります)
    [Messages]
    Show greeting text on the login screen:ログイン画面にテキストを表示
    Show detailed status messages when logging in / logout:ログイン/ログアウト時に詳細なステータスメッセージを表示する
    2. ドライブ

    「Drives」では、ドライブの容量の警告の設定が可能です。

    TweakPower

    [Storage space warning]
    Disable disk space warning for all drives:すべてのドライブのディスク容量の警告を無効にする

     

    3.メモリとキャッシュ

    「Memory & Cache」では、パフォーマンスの最適化の設定ができます。

    TweakPower

    [Save Usage]
    Processor Scheduling
    Program Preferences:プログラム用にコンピューターのパフォーマンスを最適化
    Prefer background services:バックグラウンドサービス用にコンピューターのパフォーマンスを最適化
    Set Server Service
    サーバーとして機能する場合のキャッシュの最適化方法を選択

     

    4.メンテナンス

    「Maintenance」では、起動の高速化とエラー発生時の設定ができます。
    TweakPower

    [SystemStart]
    Windows の起動を高速化するための設定
    Enable defragment of BOOT files (recommended):ブートファイルのデフラグを有効にする(推奨)
    Bootlogo and error messages
    Windows が正常にシャットダウンされなかった場合の次回の起動時実行される「自動チェックプログラム」がチェックを開始するまでの待機時間
    Wait until test program runs:待機時間(秒)
    [Desktop & Taskbar]
    Enable restart of desktop and taskbar for errors:デスクトップとタスクバーの再起動を有効にしてエラーを修正する
    デスクトップとタスクバーを別々のプロセスで開ク設定
    Open the desktop and taskbar in the explorer’s process:エクスプローラのプロセスでデスクトップとタスクバーを開く
    Open desktop and taskbar in an extra process:別のプロセスでデスクトップとタスクバーを開く
    [Error]
    Enable system speaker:スピーカーを無効にする
    Restart after an error or display the ‘Blue Screen of Death – エラー発生時の設定
    Display Error Messege (blue screen):エラーメッセージ(ブルースクリーン)を表示する
    Restart the system automatically:自動で再起動する
    Enter the event in the system log:システムログにイベントを記録する

     

    5. システム

    System」では、Winodwsの登録名の変更やコマンドプロンプト(パワーシェル)の設定、仮想メモリの設定ができます。
    TweakPower

    [General]
    Change Registration Name:Windows のインストール中に入力した名前または会社名を変更できます
    Windows Installer User Data:Windows インストーラのユーザーデータを変更できます
    [Common dialogs]
    Open / Save Customize Dialog Box:開くダイアログボックスと保存ダイアログボックスの設定
    [Special Folders]
    ・「ドキュメント」などの特定のフォルダのパスを変更できます。
    [CommandLine]
    Windows command line with auto-completion – コマンドラインの自動補完キーの設定
    Filenames:ファイル名
    Foldernames:フォルダ名
    Change display options of the CommandLine:コマンドラインの表示オプションを変更する
    [WindowsPowerShell]
    PowerShell の表示オプションを変更する
    [Virtual Memory]
    仮想メモリの設定
    Automatically manage swap file size for all drives:すべてのドライブでスワップファイルのサイズを自動的に管理する
    User-Defined Size:ユーザー定義のサイズ
    Size is managed by the system:システムでサイズを管理する
    No swap file:スワップファイルを使用しない

     

    6. エクスプローラ

    Explorer」では、エクスプローラと検索の設定ができます。
    TweakPower

    [General]
    Open File Explorer for:エクスプローラーで開く場所
    Browse Folder
    Open each folder in the same window:各フォルダを同じウィンドウで開く
    Open each folder in its own window:各フォルダをそれぞれのウィンドウで開く
    Mark items
    Open by simple click (selection by pointing):クリックするだけで開く
    Underline the symbol captions as in the browser:ブラウザのようにシンボルの見出しに下線を引く
    Underline symbol captions only when pointing:指しているときだけシンボルの見出しに下線を引く
    Open by double-clicking (single-click selection):ダブルクリックで開く
    Privacy
    Show recent files in quick access:最近アクセスしたファイルをクイックアクセスに表示する
    Show frequently used folders in quick access:よく使うフォルダをクイックアクセスに表示する
    Delete History:履歴を削除する
    [View] –Windows エクスプローラの設定(表示関連)をカスタマイズ
    When typing into listview automatically type into the Search Box:リストビューに入力するときは自動的に検索ボックスに入力する
    Show syncronization notification:同期の通知を表示する
    Display file size information on folder tips:フォルダサイズ情報を表示する
    Show file icon on thumbnails:サムネイルにファイルアイコンを表示する
    Hide extensions for known file types:既知のファイルタイプの拡張子を隠す
    Use sharing wizard (recommended):共有ウィザードを使う(推奨)
    Hide protected operating system files (Recommended):保護されたオペレーティングシステムのファイルを隠す(推奨)
    Always Show Menus Always show icons, never thumbnails:常にアイコン表示し、サムネイルは表示しない
    Hide folder merge conflicts:フォルダの競合(ファイルの置換またはスキップ画面)を表示しない
    Use check boxes to select items:チェックボックスで項目を選択する
    Show drive letters:ドライブ文字を表示する
    Hide empty drives:空のドライブを隠す
    Launch folder windows in a seperate process:フォルダウィンドウを別々に起動する
    Show pop-up description for folder and desktop items:フォルダやデスクトップアイテムのポップアップの説明を表示する
    Show Status Bar:ステータスバーを表示
    Show encrypted or compressed NTFS files in color:暗号化または圧縮された NTFS ファイルをカラーで表示
    Display the full path in the title bar:タイトルバーにフルパスを表示
    Restore Previous Folder Windows at Logon:ログオン時に以前のフォルダを復元する
    Show preview handler in preview pane:プレビューペインにプレビューハンドラを表示
    Hidden files and folders
    NOT Show hidden files, folders, and drives:隠しファイル、フォルダ、ドライブを表示しない
    Navigation pane(ナビゲーションウィンドウ)
    Show all folders:全てのフォルダを表示
    Show libraries:ライブラリを表示
    Expand to open folder:フォルダを展開する
    File sorting
    Sort filenames in numeric order (1 <5<11) instead of in alphabetical order (1 <11<5):ファイル名をアルファベット順ではなく数字順でソートする
    [Search] – Windows 検索の設定
    How would you like to search?(検索方法)
    Don’t use the index when searching in file folders for system files (searches might take longer):システムフォルダのファイル/フォルダを検索するときはインデックスを使用しない
    When browsing non-indexed places(インデックスされていない場所を閲覧するとき)
    Include System Directories:システムディレクトリを含める
    Include compressed files (.ZIP, CAB, and so on):圧縮ファイル(.ZIP、CABなど)を含める
    Always search filenames and contents (This might take several minutes):ファイル名と内容を常に検索する
    Indexed Places(インデックスする場所)
    Do not index public folders on Windows desktop search:Windows のデスクトップ検索ではパブリックフォルダにインデックスを付けない
    Index cached items only:キャッシュされたアイテムのみをインデックスに登録
    Turn off indexing of Outlook items:Outlook アイテムをインデックスしない
    E-mail attachments can not be indexed:メール添付ファイルはインデックスしない
    Do not index files from the offline file cache:オフラインファイルキャッシュからインデックスを作成しない
    Index encrypted files for the search:暗号化ファイルを検索できるようにインデックスする

     

    7. セキュリティ

    Security」では、ファイアウォール、SmartScreen、Winodws アップデートなどの設定ができます。

    TweakPower

    [Windows Security Center]
    セキュリティセンターの情報が表示されます
    [Firewall] – ファイアウォールの全般設定
    Domain Network / Private Network (Active) / Public Network
    Enable firewall:ファイアウォールを有効にする
    Block all incoming connections, including those in the list of allowed apps:許可されたアプリのリストに含まれるものも含め、すべての受信接続をブロックする
    Enable Notifications:通知を有効
    Enable UnicastResponsesToMulticastBroadcast:マルチキャストブロードキャストへのユニキャスト応答を有効にする
    Default incoming action is ‘Block’ (otherwise Allow):デフォルトの受信接続は「ブロック」(そうでない場合は許可)
    Default Outbound Action is Allow (otherwise Block):デフォルトの送信接続は「許可」(そうでない場合はブロック)
    [Windows Updats]
    Select installation type for updates – 更新プログラムのインストールの種類を選択
    Deploy updates for other Microsoft products when a Windows update is running:Windows アップデート実行中に他のマイクロソフト製品のアップデートを展開する
    Reset feature updates:機能更新プログラムをリセットする
    The setup of my device is to be completed automatically after an update with my login information:ログイン情報を更新した後、デバイスのセットアップを自動的に完了する
    Pause updates
    Temporarily pause updates from being downloaded and installed for 35 days, and if updates continue,:インストールしてから指定した日数、アップデートを一時停止します。
    Suspend Function Update (Days):機能更新プログラムを停止する日数
    Suspend quality update (days):品質更新プログラム(Quality Updates)を停止する日数
    Choose when updates are installed – 更新プログラムをいつインストールするかを選択する
    Semi-Annual Channel (Targeted):半年ごとのチャンネル
    Delay Function Update (Days):機能更新プログラムを延期する日数
    Delay Quality Update (Days):品質更新プログラム(Quality Updates)を延期する日数
    [App- && browser control]
    Check apps and files:SmartScreen を使って Web から認識されていないアプリやファイルをチェック
    SmartScreen for Microsoft Edge:Edge で Web コンテンツをチェックする
    SmartScreen for Windows Store apps:Windows ストアアプリで Web コンテンツをチェックする
    Empecher la journalisation avec la touche Maj enfoncée:切断後に自動的に再接続する
    [Network] – ネットワークのプロファイルを選択します
    Domain Network:ドメインに属するワークグループネットワーク
    Public Network:空港やカフェなどの公共の場所、およびデバイスが見えない場所のネットワーク
    Private Network:信頼できる人やデバイスとのホームネットワークまたはワークスペースネットワーク

    Windows の設定(プライバシー)

    Winodws」の「Privacy」では、Winodws のプライバシーの設定を変更してスパイ的な活動を停止できます。

    • 項目の左の緑のチェックマークは停止を「推奨する項目」オレンジの警告マークは、「推奨されるが機能が制限される項目」を示しています。

    TweakPower

    Security
    ・Disable password reveal button:パスワードを表示するボタンを無効にする
    ・Disable user steps recorder:ステップ記録ツールを無効にする
    ・Diagnostics Tracking – disable Telemetry:診断を追跡するテレメトリを無効にする
    ・Disable WiFi Sense:WiFiセンスを無効にする
    ・Disable app acess to wireless connections:無線接続へのアクセスを無効にする
    ・Disable app acess to loosely coupled devices:疎結合デバイスへのアクセスを無効にする
    ・Disable Internet access of Windows Media Digital Rights Management (DRM):DRM のインターネットアクセスを無効にする
    ・Disable Windows Defender:Windows Defender を無効にする
    ・How to disable Microsoft SpyNet Membership:Microsoft SpyNet のメンバーシップを無効にする
    ・Windows Defender – Logging Unknown Detections:Windows Defender の未知の検出をログに記録する
    ・Windows Defender – disable automatic sample submission:Windows Defender の自動サンプル提出を無効にする
    Privacy
    ・Disable app access to user account information:ユーザーアカウント情報へのアプリアクセスを無効にする
    ・Prevent sharing of handwriting data:手書きデータの共有を防ぐ
    ・Disable Inventory Collector:インベントリコレクタを無効にする
    ・Disable Input Personalization:入力パーソナライズを無効にする
    ・Disable Camera in logon screen:ログオン画面でカメラを無効にする
    ・Disable and resert Cortana (personal assistant):Cortana を無効にしてリセットします。
    ・Disable transmission of typing information:タイピング情報の送信を無効にする
    ・Disable and reset advertising ID:広告 ID の無効化とリセット
    ・Disable app notifications (Toast Notification):アプリの通知を無効にする
    ・Disable app access to calendar:カレンダーへのアプリアクセスを無効にする
    ・Disable app access to camera:カメラへのアプリアクセスを無効にする
    ・Disable app access to localization settings:位置設定へのアプリアクセスを無効にする
    ・Disable app access to microphone:マイクへのアプリアクセスを無効にする
    ・Disable app access to messages:メッセージへのアプリアクセスを無効にする
    ・Disable biometrical features:バイオメトリック機能を無効にする
    ・Disable access to local language for browsers:ブラウザのローカル言語へのアクセスを無効にする
    ・Disable SmartScreen filter for URLS:URL の SmartScreen フィルターを無効にする
    Location Services – 位置情報
    ・Disable funcionality to locate system:システムを見つける機能を無効にする
    ・Disable sensors for locating the system:システムの位置を特定するセンサーを無効にする
    User Behavior
    ・Disable application telemetry:アプリケーションテレメトリを無効にする
    Windows Update
    ・Disable Windows Update via peer-to-peer:Windows Update のピアツーピアを無効にする
    ・Activate deferring of upgrades:アップグレードの延期を有効にする
    ・Disable automatic driver updates through Windows Update:Windows Update による自動のドライバ更新を無効にする
    ・Disable automatic Windows Updates:Windowsの自動更新を無効にする
    ・Disable Windows Updates for other products (e.g. Microsoft Office):他の製品(例:Microsoft Office)の Windows アップデートを無効にする
    Miscellaneous
    ・Disable feedback reminders:フィードバック通知を無効にする
    ・Disable extension of Windows search with Bing:Windows 検索で Bing の拡張検索を無効にする
    ・Disable Microsoft OneDrive:Microsoft OneDriveを無効にする

    システムの設定(Windows の修復)

    System」では、アプリのアンインストール、システムの復元、システム情報の表示、電源オプション、スタートアッププログラムの管理、Windows の修復、ハードウェア情報の表示、エクスペリエンスインデックスの表示と診断ができます。

    • 「システムの復元」と「電源オプション」は Winodws で設定できる内容と同じなので説明を省略します。ここでは「Repairing Winodows:Windows の修復」と「System /Hardware Information:システム/ハードウェア情報の表示」の機能が主に利用される機能になると思います。

    TweakPower

     

    1. Repairing Winodows(Windows の修復)
    • 「Repairing Winodows」では、PC の問題の解決策を見つけて修復または修正することができます。

    TweakPower

    [Overview]
    Create System Restore Point:システムの復元ポイントを作成する
    Restore your computer to an earlier date:コンピュータを以前の復元ポイントに復元する
    Check the hard disk for consistency:ハードディスクを修復する
    Identify hardware and driver problems:ハードウェアとドライバの問題を特定する(デバイスマネージャを開く)
    Repair of missing or damaged system files:不足または破損したシステムファイルを修復する

     

    2. File Explorer ~

    File Explorer」より下のメニューではWindowsの個別の問題を解决できます。

    1. 解決したい問題を選択して[Repair Now]ボタンをクリックします。
    2. コンピュータは自動的に再起動します。

    TweakPower

    [File Explorer] – エクスプローラの問題を修正
    Fix The Recycle Bin Icon Is Missing From Your Desktop
    デスクトップにごみ箱のアイコンが表示されないのを修正
    WerMgr.exe or WerFault.exe Application Error
    WerMgr.exe または WerFault.exe アプリケーションエラー
    Fix ‘Folder Options’ Missing From Control Panel or has been disabled by malware or administrator
    「フォルダオプション」が表示されない、またはマルウェアや管理者によって無効にされている場合の修正
    The Recycle Bin icon does not refresh automatically
    ごみ箱のアイコンが自動的に更新されない
    Windows Explorer.exe not starting when you boot your PC up
    PC を起動してもエクスプローラが起動しない
    Pictures do not display as thumbnail preview in File Explorer
    エクスプローラで画像のサムネイルプレビューが表示されない
    Repair corrupt recycle bin in windows
    破損したごみ箱を修理する
    Your CD drive or DVD drive is missing or is not recognized
    CDドライブまたは DVD ドライブが見つからない、認識されていない
    Fix error message ‘Class not registered’ in Windows
    Windowsの「クラスが登録されていません」というエラーメッセージを修正
    [System] – システムの問題を修正
    ‘Task Manager has been disabled by your administrator’ error message
    「タスクマネージャは管理者によって無効にされています」というエラーメッセージ
    ‘Command Prompt Has Been Disabled by Your Administrator
    コマンドプロンプトが管理者によって無効にされました
    Registry Editing has been Disabled by Your Administrator
    レジストリの編集が管理者により無効にされています
    Enable MMC Snap-ins
    MMCスナップインを有効にする
    Windows Search Issues By Rebuilding Index
    Windows Search のインデックスを再構築して問題を解決する
    Windows System Restore has been turned off by your system administrator
    システムの復元はシステム管理者によって無効にされています
    Device Manager Is Not Working Properly And Not Showing Any Devices
    デバイスマネージャが正しく動作しておらず、どのデバイスも表示されない
    [Windows] – Winodws の問題を修正
    Fix: Settings App Won’t Launch
    設定アプリが起動しない
    Disable OneDrive file syncing
    OneDrive のファイルの同期を無効にする
    Fix Start Menu does not open or not working
    スタートメニューが開かない、または動作しない
    Fix WiFi Issues After Windows 10 Upgrade
    Windows 10 アップグレード後の WiFi の問題を修正
    Fix Windows Update When It Gets Stuck
    Windows Update 途中でが動かなくなった場合の修正
    Fix Windows Update errors
    Windows Update のエラーを修正
    Set the date and time
    日時を設定する
    Removing Icons of deleted Programs in taskbar notification area
    タスクバーの通知領域から削除されたプログラムのアイコンを削除する
    Scrollbars are too narrow and can not be reached with the mouse, If the scrollbars are too narrow to fit comfortably with the mouse, you can now reset them
    スクロールバーの幅が狭すぎる場合にリセットします
    Windows Media Player is missing in context menus
    コンテキストメニューに Windows Media Player がない
    Turn off ads in Windows, Windows 10 is configured to periodically display apps that users can install. This can be turned off.
    Windows で広告を消す(ユーザーがインストールできるアプリの定期的な表示を消す)
    [Connectivity] – インターネット接続の問題を修正
    Can’t connect to Internet. Repair Internet Protocol TCP IP Settings
    インターネットに接続できない、インターネットプロトコルの TCP/IP 設定を修復
    Frequently web connection problems can be traced to a corrupted DNS cache
    Web 接続の問題(DNS キャッシュが壊れている)
    Clearing Windows Update Cache Upon Update Failure
    更新失敗時に Windows Update キャッシュをクリアする
    Troubleshoot and fix firewall problems
    ファイアウォールの問題のトラブルシューティングと修正
    Repair and Reset Windows TCP/IP Winsock Catalog Corruption
    Windows TCP / IP Winsock Catalog の破損の修復とリセット
    [Browser] – Internet Explorer ブラウザの問題を修正
    Enable right click context menu in Internet Explorer
    Internet Explorerで右クリックのコンテキストメニューを有効にする
    Reset Internet Explorer To Default Configuration
    Internet Explorer を既定の設定にリセットする
    Troubleshoot script and runtime errors in Internet Explorer
    Internet Explorer のスクリプトとランタイムエラーのトラブルシューティング
    Increase the Internet Explorer simultaneous downloads limit
    Internet Explorer の同時ダウンロード制限を増やす
    ‘Internet Options’ dialog box in Windows Internet Explorer missing
    Internet Explorer のインターネットオプションダイアログボックスが表示されない
    [Security] – セキュリティ
    Repair security settings Repair Windows Defender And Fix All Settings To Defaults
    セキュリティ設定を修復する(Windows Defender を修復し、すべての設定をデフォルトに修正)
    Solution when Windows Security Center does not recognize antivirus or firewall
    Windows セキュリティセンターがウイルス対策やファイアウォールを認識しない場合の解決策
    Reset All Windows Security Settings To Default
    すべての Windows のセキュリティ設定をデフォルトに戻す
    Reset User Account Control (UAC) Settings To Default
    ユーザーアカウント制御(UAC)の設定をデフォルトに戻す
    [Additional Tools]
    Enable Missing Hibernate Option in Windows Start Menu:Windows のスタートメニューに休止状態を表示する
    Remove the hibernation Option from the Windows Start menu:Windows のスタートメニューから休止状態を削除
    You cannot re-enable the prompt to delete a note in Sticky Notes:Sticky Notes のメモを削除するプロンプトが有効にできない
    Aero Snap, Aero Peek or Aero Shake stopped working:エアロスナップ、エアロピーク、エアロシェイクが動作しなくなった
    Rebuild Icon Cache To Repair Icons:アイコンキャッシュを再構築してアイコンを修復する
    Taskbar Jump List missing or disappeared permanently:タスクバージャンプリストが見つからない、または永久に消えた
    Enable notification in taskbar:タスクバーの通知を有効にする
    Windows Script Host Access is Disabled on this Machine:Windows スクリプトホストアクセスが無効になっている
    ・Cannot open Office files after upgrading to Windows 10:Windows 10 にアップグレードした後に Office ファイルを開けない
    The recovery image cannot be written error code 0x80042300:リカバリイメージを書き込むことができない(エラーコード0x80042300)
    [Troubleshooters] – 選択したトラブルシューティングツールまたは診断ツールを開きます
    ・Aero Diagnostic – 透明度などのAero効果が表示される問題をトラブルシューティング
    ・Audio Playback Diagnostic – サウンドやその他のオーディオファイルの再生に関する問題のトラブルシューティング
    ・Audio Recording Diagnostic – サウンドやその他のオーディオファイルの再生に関する問題のトラブルシューティング
    ・Device Diagnostic – デバイスドライバに関する問題のトラブルシューティング
    ・HomeGroup Diagnostic – ホームグループ内のコンピュータまたは共有ファイルの表示に関する問題のトラブルシューティング
    ・Internet Explorer Diagnostic – Internet Explorerアドオン、一時ファイルおよび接続
    ・Internet Explorer security Diagnostic – ユーザーがマルウェア、ポップアップウィンドウ、およびオンライン攻撃を防ぐのに役立ちます
    ・Maintenance Diagnostic – ユーザーがメンテナンスタスクを実行するのに役立ちます
    ・Network Diagnostics FileShare – ネットワーク経由で他のコンピュータ上の共有ファイルやフォルダにアクセスする際の問題をトラブルシューティング
    ・Network Diagnostics Inbound – Windowsファイアウォールを介して他のコンピュータから自分のコンピュータへのアクセスを許可することに関する問題をトラブルシューティング
    ・Network Diagnostics NetworkAdapter – イーサネット、ワイヤレス、またはその他のネットワークアダプタに関する問題をトラブルシューティング
    ・Network Diagnostics via Direct Access – DirectAccessを使用してインターネット経由で職場のネットワークに接続する際の問題
    ・Network Diagnostics Web – インターネットまたは特定のWebサイトへの接続に関する問題をトラブルシューティング
    ・Performance Diagnostic – 設定を調整してオペレーティングシステムの速度とパフォーマンスを向上させるのに役立ちます
    ・Power Diagnostic – 電源設定を調整してバッテリ寿命を延ばし、消費電力を減らすのに役立ちます
    ・Printer Diagnostic – 印刷に関する問題のトラブルシューティング
    ・Search Diagnostic – Windows サーチを使用した検索とインデックス作成に関する問題のトラブルシューティング
    ・Windows application compatibility – 古いプログラムを現在のバージョンの Windows で実行できるように設定するのに役立ちます
    ・Windows MediaPlayer Configuration Diagnostic – Windows Media Playerの設定を既定の構成にリセットするのに役立ちます
    ・Windows Media Player DVD Diagnostic – Windows Media Playerを使用してDVDを再生する際の問題のトラブルシューティング
    ・Windows Media Player Library Diagnostic – Windows Media Playerライブラリにメディアファイルを追加する際の問題をトラブルシューティング
    ・Windows update Diagnostic – Windows Updateが更新タスクを実行できない原因となる問題をトラブルシューティング
    [File Extensions] – 拡張子の関連付けをリセット
    ・ファイルが違うプログラムで開く、アイコンが違う、レジストリに見つからないまたは破損している場合の修正。[Restore Default File Extension]ボタンをクリックすると、デフォルトのファイル拡張子タイプの関連付けを復元します
    [Windows Store] – Winodws ストアの問題を修正
    Reset Windows Store to Fix Apps Not Updating and Other Issues
    Windows ストアをリセットしてアプリが更新されないなどの問題を修正
    Not able to installing Apps from Windows Store Update and getting an Error Code 0x8024001E
    Windows Store Update  からアプリをインストールできず、エラーコード 0x8024001E が出る
    Windows Store apps not opening. Re-register all apps
    Windows ストアアプリが起動しない。 すべてのアプリを再登録する
    Remove all Windows Store apps in your own user account
    自分のユーザーアカウントのすべての Windows ストアアプリを削除する
    [Re-register App] – ストアアプリの再登録
    ・特定の Windows 10 ユニバーサルアプリが起動しない場合に再登録して修復します。修復したいアプリを選択して[Re-register App]ボタンをクリックしてください

     

    3. ハードウェアインフォメーション

    「Hardware Information」は、PC のハードウェア情報を表示します。

    TweakPower

      ハードディスク関連ツール

      HDD」では、ハードディスク関連のユーティリティを利用できます。

      TweakPower

      ・DiskDoctor:ハードディスクのチェック
      ・Duplicate Files:重複ファイルの検索
      ・File Splitter:ファイル分割ツール
      ・Recover Deleted Files:削除したファイルを復元
      ・Defragment Disk:ディスクデフラグ
      ・Bad Links:無効なショートカットを修復
      ・Disk Space Analyzer:ディスクスペース分析
      ・AES – Encrypt Files:ファイル暗号化ツール

       

      1. DiskDoctor の使い方

      DiskDoctor」では、ハードディスクのチェックと修復を行うことができます。

      • チェックするディスクを選択してオプションをチェックし、[Start]ボタンをクリックするとチェックディスクを開始します。

      TweakPower

      If Volume blocked perform disk check for the next reboot
      ボリュームがブロックされている場合は、次回の再起動時にディスクチェックを行う
      Automatically fix file system errors
      ファイルシステムエラーを自動的に修正する
      Scan for and attempt recovery of bad sectors
      不良セクタのスキャンと修復を試みます
      Forces the volume to dismount first if necessary. All opened handles would then be invalid.
      必要に応じてボリュームを最初にマウント解除します。 開かれたハンドルはすべて無効になります。

       

      2. Duplicate Files(重複ファイル検索)の使い方

      Duplicate Files]では内容が同じファイルを探して削除することができます。

      1. Comparison criteria でファイルを比較する方法を設定します
      2. Options でオプションを設定します(必要な場合)
      3. 検索するドライブ選択するか、[Add]ボタンでフォルダを追加します
      4. [Start Search]ボタンをクリックして検索を開始します

      TweakPower

      Comparison criteria
      Compare all files:すべてのファイルを比較する
      Compare bytewise:バイト単位で比較
      compare by Size:サイズで比較
      compare by Name:ファイル名で比較
      Compare by Modified Date:ファイル更新日時で比較
      Compare MP3-Tags:MP3 ファイルのタグで比較(比較するタグを選択します)
      Options
      Ignore files larger than (in MB):数値より大きいファイル(MB)を無視する
      Ignore files of size 0 bytes:0 バイトのサイズのファイルを無視する
      Ignore System and Programfolders:システムとプログラムフォルダのファイルを無視する
      Ignore Windows Folder:Windows:フォルダのファイルを無視する

       

      3. File Splitter(ファイル分割ツール)の使い方

      File Splitter」では、大きなファイルを任意のサイズまたは数に分割できます。

      1. Please determine the file split の右の[Search]ボタンから分割するファイルを選択します。
      2. Please indicate the target folder for the files to be created の右の[Search]ボタンで分割したファイルの保存先を選択します。
      3. Please determine maximum size of files to be created から分割後のファイルサイズを指定します
      4. [Split]ボタンを押してファイルの分割を開始します。

      TweakPower

      ・ファイルを結合する場合は「Merge」タブで同じようにファイルと保存先を選択してください。

       

      4. Recover Deleted Files(ファイル復元ツール)の使い方

      Recover Deleted Files」を使うと、過去に削除したファイルを復元できます。

      1. 上のドロップダウンリストからスキャンするドライブ(復元したいファイルがあった場所)を選択します
      2. 特定のファイルを探す場合は「Filter Files」に拡張子やファイル名を入力します。
      3. 隠しファイルや不明なファイルを表示する場合は「Show hidden system files and unknown file types」にチェックを入れます
      4. [Scan Now]ボタンをクリックしてスキャンを開始します。
      5. 復元したいファイルを選択して[Recover]ボタンをクリックします。

      TweakPower

       

      5. Defragment Disk(ディスクデフラグ)の使い方

      Defragment Disk」では、ハードディスクの断片化の分析とデフラグを実行できます。デフラグされたファイルは並べ替えられてファイルの処理速度が最適化されます。

      1. 分析したいディスクを選択してして[Analysieren]ボタンをクリックします。
      2. [Optimieren]ボタンをクリックするとデフラグを開始します。

      TweakPower

       

      6. Bad Links(無効なショートカット修復ツール)の使い方

      ここでは、無効なリンクのプログラムショートカットを探して自動または手動で修復できます。

      1. 最近使用したファイル、デスクトップ、スタートメニューを調べる場合は「Search in ‘Recent Files’, ‘Desktop’ and ‘Startmenu’.」を選択します
      2. そのほかの場所を調べる場合は「Custom Search」を選択して場所を選択します
      3. [Search]ボタンをクリックして検索を開始します
      4. リンクを選択して[Fix automatically]ボタンをクリックすると自動で修復できます

      TweakPower

       

      7. Disk Space Analyzer(ディスク使用量分析ツール)の使い方

      Disk Space Analyzer」ではディスク容量の使用状況を管理し、多くの容量を占めるファイルやフォルダを見つることができます。

      1. 左のウィンドウで容量を分析したい場所を選択します
      2. フォルダまたはファイルがリストされます
      3. 「Size」や「Modified date」などの見出し部分をクリックするとソート表示されます

      TweakPower

       

      8. AES – Encrypt Files(ファイル暗号化)の使い方

      AES – Encrypt Files」では、機密データを 256 ビット AES 暗号化で暗号化します。

      1. [Add]ボタンをクリックして暗号化したいファイルを選択します
      2. パスワードを入力します
      3. [Encode]ボタンをクリックするとファイルは暗号化されます(オリジナルのファイルと同じ場所に保存されます)

      TweakPower

      ・ファイルを復号する場合は、「Decede」タブでおなじように復号したいファイルを選択してパスワードを入力し、[Decode]ボタンをクリックしてください。

      ツール(レジストリデフラグほか)

      Tools」を選択すると、レジストリ関連のツールとイベントビューワーが利用できます。

      TweakPower

      Searching the Registry:レジストリを検索
      Defragment Registry:レジストリをデフラグ
      Windows Registry Backup and Recovery:レジストリのバックアップと復元
      Event Viewer:コンピュータのイベントの詳細情報を表示

       

      1. Defragment Registry(レジストリのデフラグ)の使い方

      Defragment Registry」は、レジストリを最適化してレジストリのサイズを縮小する機能です。

      • Defragment Registry を開くと自動的にレジストリのスキャンが開始され、 最適化前のレジストリのサイズと最適化後のレジストリのサイズ、縮小できるサイズ(%)の情報が表示されます。
      • [Defragment]ボタンをクリックするとデフラグを開始します(デフラグを完了するにはシステムの再起動が必要です)

      TweakPower

      2. Windows Registry Backup and Recovery(レジストリのバックアップと復元)

      「Windows Registry Backup and Recovery」では、レジストリのバックアップと復元ができます。

      1. [Create backup]ボタンをクリックし、バックアップするレジストリハイブを選択します
      2. [OK]ボタンを押すとバックアップの作成を開始します

      TweakPower

      ・レジストリを復元する場合は、復元したいバックアップを選択して[Restore]ボタンをクリックします。

      最適化(OS・インターネットほか)

      Optimize」では、OS 全体・インターフェースのエフェクト・インターネットの設定を簡単にチューニングしてシステムを最適化できます。

      • 「Settings」をクリックすると最適化の画面に移動できます。

      TweakPower

       

      1. Optimizing System Settings

      Optimizing System Settings」では、システムやハードディスク、SSD の高速化ができます。

      • [Optimize Now]をクリックすると最適化を適用します、デフォルトの設定に戻すには[Set default values]をクリックします。

      TweakPower

      Shutting Down Windows Faster – シャットダウンを高速化
      Reduce Timeout to kill Service or App
      サービスやアプリを終了するためのタイムアウトを減らす
      Automatically stop processes without shutdown demand
      シャットダウン要求なしに自動的にプロセスを停止
      Shorten waiting time for crashed programs – クラッシュしたプログラムの待ち時間を短縮する
      Stop unresponsive programs faster
      応答のないプログラムを早く停止する
      Optimize Windows Appearance – Windows の外観を最適化する
      Optimize cache for icons
      アイコンのキャッシュを最適化する
      hard acceleration – ハードディスク高速化
      Turn Off Low Free Space Notification
      空き容量不足の通知をオフにする
      Disable Network Link Resolution
      ネットワークリンク解決を無効にする
      Disable search for join mappings if the target file of a shortcut (Ink) is not found
      ショートカットの対象ファイル(lnk)が見つからない場合、結合マッピングの検索を無効にします
      Disable Automatic Tracking of Orphaned Links
      孤立したリンクの自動追跡を無効にする
      Do not start file association web service on unassigned file extensions
      未割り当てのファイル拡張子のファイル関連付け Web サービスを開始しない
      System acceleration – システム高速化
      Disable debugger startup (Dr. Watson) for system acceleration
      システム高速化のためにデバッガの起動(ワトソン博士)を無効にする
      Allow automatic restart of user interface (Explorer) in case of system crashes
      システムがクラッシュした場合にユーザインタフェース(Explorer)の自動再起動を許可する
      Increase Reserved Memory for Input / Output Operations:入出力操作用の予約メモリを増やす
      Optimizing Processor Performance for Programs
      プログラム用にプロセッサ性能を最適化
      Booting – Set Time to Startup of Autochk.exe (Automatic Checker) to 3 sec
      Autochk.exe(自動チェッカー)の起動時間を 3 秒に設定
      Increase concurrent connections to a server with IE:IE のサーバーとの同時接続数を増やす
      SSD-acceleration – SSD 高速化
      Disable Superfetch Parameters to Extend SSD Life
      SSD の寿命を延ばすためにスーパーフェッチパラメータを無効にする
      Disable Prefetch Parameters to extend SSD Life
      SSD の寿命を延ばすためにプリフェッチパラメータを無効にする
      Disable Drive Defrag Boot System to Extend SSD Life
      SSD の寿命を延ばすためにブートシステムのデフラグを無効にする
      Enable TRIM function to improve SSD performance D isable Automatic Defragmentation Idle to extend SSD Life
      SSD の性能を向上させるために TRIM 機能を有効にする

       

      2. Optimize visual

      Optimize visual」では、インターフェイスの特殊効果(アニメーション)を無効にしてリソースの消費を削減できます。ここでの設定は、項目のチェックを外すとアニメーションなどの効果が無効になります。

      • 一番上のドロップダウンリストから設定方法を選択します。
      ・Custom:現在の設定からカスタム設定する
      ・Automatically select optimal performance:最適なパフォーマンスを自動的に選択
      ・Fit for optimal display:ディスプレイに最適な設定
      ・Adjust for optimal performance:手動で調整する
      • 無効にする項目のチェックを外す、または有効にする項目にチェックを入れます
      • [Optimize Now]ボタンをクリックすると設定が適用されます

      TweakPower

      Enable Aero Peek:エアロピークを有効にする
      Animate windows when minimizing and maximizing:最小化および最大化時にウィンドウをアニメーション表示する
      Animations in the Taskbar:タスクバーのアニメーション
      Use drop shadows for icon labels on the desktop:デスクトップのアイコンラベルに影を付ける
      Show translucent selection rectangle:半透明の選択範囲を表示
      Show window content while dragging:ドラッグしながらウィンドウの内容を表示する
      Show shadows under windows:ウィンドウの下に影を付ける
      Smooth edges of screen fonts:スクリーンフォントをなめらかにする
      Show shadows under mouse pointer:マウスポインタの下に影を付ける
      Fade out menu items after clicking:クリック後メニュー項目をフェードアウトする
      Fade or slide menus into view:メニューをフェードインまたはスライドさせて表示
      Show thumbnails instead of icons:アイコンの代わりにサムネイルを表示する
      Save taskbar thumbnail previews:タスクバーのサムネイルプレビューを保存する
      Slide open combo boxes:コンボボックスをスライドさせて開く
      Smooth-scroll listboxes:リストボックスをスムーススクロールする
      Fade or slide tooltips into view:ツールチップをフェードインまたはスライドさせて表示
      Animate controls and elements inside windows:ウィンドウ内のコントロールや要素をアニメーション表示する

       

      3. Optimize Internet

      Optimize Internet connection」では、インターネット接続の設定を最適化できます。

      1. 「Optimize for this adapter」でネットワークアダプタを選択します。
      2. 「Optimize for the following Internet connection」で利用中のインターネット接続を選択します
      3. QoS パケットスケジューラをオフにする場合は「Turn off QoS packet scheduler」を選択します
      4. [Optimize Now]ボタンをクリックすると再起動を要求するダイアログが表示されます、[はい]をクリックするとシステムが再起動して設定が適用されます

      TweakPower

      ・QoS パケットスケジューラは帯域に優先順位を割り当てて確保する機能です。低速のインターネット接続で速度が異なる複数の機能を使用している場合はオンを推奨します、家庭での高速な接続ならオフでも良いと思います。
      ・デフォルトの設定に戻すには[Default Values]ボタンをクリックします
      ・手動でインターネット接続の設定を最適化する場合は「Internet Connection Manually Optimize」をクリックします

      スマートチューニング

      「Smart Tuning」では、次の 3 つの機能が利用できます。

      • Current PC Mode:1 クリックで PC のモードを変更
      • Auto-Clean and Live Tuner:システムとブラウザの監視を有効にしてクリーンアップと最適化を自動化
      • Automatic Maintenance:PC が使用されていないときにバックグラウンドでメンテナンスする

      TweakPower

       

      1. Current PC Mode の使い方

      使用するモード名のボタンをクリックすると設定が適用されます。

      Economy Mode
      エコノミーモードを使用するとコンピュータの消費電力を削減できます、左端の歯車アイコンをクリックして設定します。
      Standard Mode
      Windows の標準モードです
      Game Booster
      ゲームブースターはゲームのパフォーマンスを向上させます、右端の歯車アイコンをクリックして設定します。

       

      2. Economy Mode(エコノミーモード)の設定
      • Economy Mode」の設定では、省エネ設定にしたり不要な設定を無効にするなどして消費電力を削減しできます。

      TweakPower

      [General Settings]
      Presetting the Energy Saving Mode – 省エネモードの設定
      Use default settings for maximum energy saving:最大の省エネ設定を使用
      Use Presets for Medium Energy Saving:中程度の省エネ設定を使用
      Turn off screen:スクリーンをオフにする時間
      Hard Disk Standby:ハードディスクのスタンバイ時間(時間経過後にハードディスクの電源を切る)
      Energy Saving Processor:プロセッサの省エネ設定
      Energy saving WLAN and Bluetooth:WLAN と Bluetooth の省エネ設定
      Idle state after:アイドル状態を判断する時間
      [User Settings]
      Connecting to external devices – 外部機器との接続
      Synchronization with external devices deactivate:外部デバイスとの同期を解除する
      Support for Digital Cameras and Scanners deactivate:デジタルカメラとスキャナのサポートを無効にする
      Services – サービス
      Network release of the media library deactivate:メディアライブラリのネットワーク公開を停止する
      Quick Window Search deactivate:Quick Window Search を無効にする
      Error Reporting deactivate:エラー報告を無効にする
      Services – サービス
      Windows Image Capture deactivate:Windows Image Capture を無効にする
      Services for Special Environments deactivate:特殊な環境向けのサービスを  無効にする
      Special Encryption Services deactivate:特別な暗号化サービスを無効にする
      Network Communications Services deactivate:ネットワークコミュニケーションサービスを無効にする
      Visual Effects – 視覚効果
      Aero Peek deactivate:Aero Peekを無効にする
      Optimize performance through less visual effects:少ない視覚効果でパフォーマンスを最適化
      Desktop background – デスクトップのバックグラウンド
      Slideshow deactivate:スライドショーを無効にする

       

      3. Game Booster(ゲームブースター) の設定

      Game Booster」の設定では、ゲームに必要のない機能を無効にしたり、ゲームに最適な設定を有効にできます。
      TweakPower

      Disable automatic maintenance – 自動メンテナンスを無効化
      Run Scheduled Defragmentation Later:スケジュールされたデフラグを後で実行する
      Perform scheduled maintenance later:定期メンテナンスを後で行う
      Run automatic updates later:自動更新を後で実行する
      Restrict connection to external devices – 外部機器への接続を制限する
      Turn off synchronization with mobile devices:モバイル機器との同期をオフにする
      Turn off support for digital cameras and scanners:デジタルカメラとスキャナのサポートをオフにする
      Restrict visual effects – 視覚効果を制限する
      Disable Aero Peek:エアロピークを無効にする
      Optimize performance through less visual effects:少ない視覚効果でパフォーマンスを最適化
      Setting the Resources of the PC for Optimum Performance – 最適なパフォーマンスを得るための PC のリソースの設定
      Excluding energy consumption for maximum performance:最大限の性能を引き出すためのエネルギー消費を除く
      Restrict background functions – バックグラウンドの機能の制限
      Disable media library sharing on the network:ネットワーク上のメディアライブラリの共有を無効にする
      Disable error reporting:エラー報告を無効にする
      Turn off Windows Image Capture:Windows Image Captureをオフにする
      Enable additional turbo – 追加のターボ機能
      Disable rarely needed services:めったに必要とされないサービスを無効にする
      Disable Special Encryption Services:特殊暗号化サービスを無効にする
      Disable network communication services:network communication services を無効にする

       

      4. Auto-Clean and Live Tuner(自動クリーニング&ライブチューニング)

      Auto-Clean and Live Tuner」は、システムを監視して「プログラムとプロセスの最適化、自動起動の最適化、メモリ最適化、履歴と痕跡のクリーンアップ、ブラウザのクリーンアップ」を自動的に行う機能です。

      • 前の画面のスイッチを「Enabled」にすると有効になります。

      TweakPower

      Live tuner – accelerate the launch of applications and customize the background of background programs and processes
      バックグラウンドプログラムとプロセスの優先順位を自動的に調整して、アプリケーションの起動を高速化する
      Monitor Autorun Entries:自動起動エントリを監視する
      Automatically empty optimize memory (check your PC every 30 minutes):メモリを自動的に最適化する(30分ごとに PC をチェック)
      With notification:通知をオン
      Without notification:通知をオフ
      Enable System monitoring (check your PC every 60 minutes):システムを監視する(60分ごとに PC をチェック)
      Settings:クリックして削除する項目を選択
      Settings If cleaning saves more than ( in GB) then:(GB)以上の容量を削除できる場合にクリーニングする
      ─ ドロップダウンリストからクリーンアップ時の動作を選択
      Enable Browser monitoring:ブラウザの監視を有効にする
      ─ Settings:クリックして削除する項目を選択
      ─ ドロップダウンリストから監視とクリーンアップ時の動作を選択

       

      5. Automatic Maintenance(自動メンテナンス)

      Automatic Maintenance」は、PC が使用されていないときに毎日行われるタスクで、ソフトウェアアップデート、セキュリティチェック、デフラグ、システム診断などが行われます。

      • [Start maintenance]ボタンを押すとタスクを開始します。

      TweakPower

      Automatic Maintenance
      Allow the computer to be activated by scheduled maintenance at the scheduled time Execution of the maintenance work daily by [02:00]:毎日 [02:00] までにメンテナンス作業を実行します
      Enable automatic maintenance:自動メンテナンスを有効にする
      ProactiveScan – ファイルとディレクトリの整合性をチェック&修復します
      Enable Proactive Scan:プロアクティブスキャンを有効にする
      SilentCleanup – 空き容量が少なくなると無人の自動ディスククリーンアップを開始するタスク
      Enable SilentCleanup:サイレントクリーンアップを有効にする

      バックアップ・そのほか

      Backup Center」では、TweakPower で行った設定の変更や削除したレジストリやファイルを元に戻すことができます。バックアップは自動的に行われます。

      1. 「Date of session」から復元したいポイントを選択します
      2. [Restore]ボタンをクリックすると復元を開始します

      TweakPower

       

      1. File Shredder(ファイルシュレッダ)

      ウィンドウ右上の「File Shredder」をクリックすると、ファイル/フォルダを完全削除できるツールが利用できます。

      1. 削除したいファイル/フォルダをドラッグ&ドロップするか、「Add Folders/Files」から追加します。
      2. [Options]をクリックして削除方法(データ消去アルゴリズムなど)を選択します
      3. データ消去後に動作を行う場合は「After the action」から選択します
      4. [Shared Files]をクリックすると削除を開始します

      TweakPower

       

      2. システムの復元ポイントを作成

      ウィンドウ右上の「Create a restore point」をクリックすると、システムの復元ポイントを作成できます。

      3. プロセスエクスプローラ

      ウィンドウ右上の「Process Explorer」をクリックするとタスクマネージャーが起動します。起動中のアプリケーションやプロセス、サービス、PC のパフォーマンスを監視できます。

      設定

      左のメニューの一番下の「Options」から、プログラムやクリーンアップなどの設定ができます。

      1. Settings – プログラムとクリーニングの全般的な設定

      TweakPower

      Language:言語を選択
      On startup jump to dashboard:起動時にダッシュボードを開く
      Only delete files in Recycle Bin older than 24 hours:ごみ箱内の 24 時間以上経過したファイルのみ削除
      Only delete files in Temp-Folders older than 24 hours:一時フォルダ内の 24 時間以上経過したファイルのみ削除
      Only delete files in Software Distribution-Folder older than 10 days:SoftwareDistribution の 10 日以上経過したファイルのみ削除
      Automatically search for TweakPower updates:TweakPower のアップデートを自動で確認
      Skip User Account Control Warning (Skip UAC):ユーザーアカウント制御の警告をスキップする
      Show warning messages:警告メッセージを表示する
      Update Time System Monitor checking:システムモニターが PC をチェックする間隔
      Update Time RAM optimizing:メモリ最適化機能が PC をチェックする間隔
      PluginCleaner – Deleting Files(PluginCleaner のファイルの削除方法)
      Deleting files not to Bin:ごみ箱に捨てないで削除
      Deleting files to Bin:ゴミ箱に捨てる
      Files are destroyed (see ‘Shred Files’):ファイルを破壊する
      When Windows starts(Windows 起動時のクリーンアップ)
      Do no action:何もしない
      Start cleanup and close TweakPower:クリーンアップを実行して閉じる
      Startcleanup and minimize TweakPower in the system tray:クリーンアップを実行してトレイへ最小化する
      Monitoring(監視時の通知)
      Display large message windows in the notification area:通知領域に大きなメッセージウィンドウを表示する
      Enable notification sound:通知音を鳴らす
      Timeout for Messages (seconds):メッセージのタイムアウト(秒)

       

      2. Backup Center – バックアップの設定

      TweakPower

      Create Backups of the following modules – バックアップするモジュールを選択
      Registry Cleaner:レジストリクリーナー
      Change Windows settings:Windows の設定の変更
      Autorun Manager:スタートアップマネージャ
      Browse registry:レジストリの検索
      PluginCleaner only Registry:PluginCleaner のレジストリ
      Maximum number of:バックアップの最大数

       

      3. Ignorelist – 除外リスト

      Ignorelist」では、削除しないフォルダやファイルを定義できます。ワイルドカードに対応しています。

      1. [Add]ボタンをクリックます
      2. 削除を行わないドライブ/フォルダ・ファイル/ファイル名・レジストリを追加し[Apply]をクリックします

      TweakPower

       

      4. Include – 包含リスト

      Include」は、追加で削除を行うフォルダやファイルを定義できます。ワイルドカードに対応しています。

      TweakPower

       

      5. Contextmenu – コンテキストメニュー

      Contextmenu」は、コンテキストメニューに TweakPower を追加する設定です。

      TweakPower

      Expand Explorer context menu with TweakPower:エクスプローラのコンテキストメニューに TweakPower を追加
      Add TweakPower to Recycle Bin’s context menu:ごみ箱のコンテキストメニューに TweakPower を追加

       

      6. Shred Files – 削除方法

      「Shred Files」では、TweakPower でのファイルの削除方法を設定できます。

      TweakPower

      Determine the action:動作
      Deleting selected file and folders:選択したファイルとフォルダを削除する
      Wipe free space:空きスペースを削除する
      Determine the erase method:データ消去方法(リストの下に行くほど強力な消去方法になります)
      ClusterTips:未使用のクラスタ領域を削除する
      AlternateStreams:代替データストリームを削除する

       

      7. Maintenance – スケジュールの設定

      Maintenance」では、スケジュールを設定して自動でクリーンアップを実行する設定ができます。クリーンアップは通知なしにバックグラウンドで自動で行われます。

      TweakPower

      Clean Browser:ブラウザをきれいにする(「Settings」をクリックして削除する項目を選択)
      Clean System:システムをきれいにする(「Settings」をクリックして削除する項目を選択)
      Schedule Type:スケジュールを設定する

      よくある質問と回答

      設定内容が良くわからない
      不明な設定内容は弄らないほうが良いですが、もし設定を変更する場合はメニューの「Tools」からレジストリのバックアップを作成しておくことをお薦めします。

      ユーザーレビュー

      まだ評価がありません。 最初のレビューを書いてみませんか?

      レビューをどうぞ