Windows 設定変更Valentin-Gabriel RaduWindowsWindows 11フリーソフト

Explorer Patcher for Windows 11 22000.348.39.2

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

Windows 11 のタスクバーやコンテキストメニューなどを Windows10 に戻すユーティリティ

Explorer Patcher for Windows 11
Windows 11 のタスクバーやコンテキストメニューなどを、Windows 10 に戻すことができるパッチプログラム。スタートメニューやシステムトレイ、ファイルエクスプローラの設定をカスタマイズすることもできます。

Explorer Patcher for Windows 11 の概要

Explorer Patcher for Windows 11 は、Windows 11 のタスクバーやコンテキストメニューなどを Windows 10 化するアプリケーションです。

Explorer Patcher for Windows 11 の機能

Explorer Patcher for Windows 11 の主な機能です。

機能概要
メイン機能Windows 11 のタスクバーなどを Windows10 のものにする
機能詳細・Windows 11 で Windows10 のタスクバーを使用する
・タスクバーのほかにスタートメニュー、システムトレイ、エクスプローラ、ウィンドウ切り替え、スタートメニュー、Win + X メニューなどをカスタマイズするオプション
Windows 11 のタスクバーやコンテキストメニューを 10 に復元します

Explorer Patcher for Windows 11

Explorer Patcher for Windows 11 は、Windows 11 のエクスプローラにパッチを適用して、Windows 11 で Windows 10 と同じようなタスクバーを利用可能にするユーティリティです。

このツールを使用すると、タスクバー以外の機能もカスタマイズできるので、Windows 11 のタスクバーやコンテキストメニューなどが使いにくく、作業性が悪いと感じている人におすすめできます。

各箇所の設定をカスタマイズできるプロパティ

Explorer Patcher for Windows 11

Explorer Patcher for Windows 11 には、タスクバーやスタートメニュー、エクスプローラ、Win + X メニューなどを使いやすくカスタマイズすることができるプロパティも用意されています。

例えば、Windows 11 のコンテキストメニューを廃止して Windows 10 にものに戻したり、スタートメニューに「すべてのアプリ」を表示したり、エクスプローラの検索バーを非表示にしたり、時計に秒数を表示したりできます。

Windows 11 のタスクバーなどをカスタマイズするユーティリティ

Explorer Patcher for Windows 11 は、Windows 11 で生産的な作業環境を復活させることを目的としたユーティリティです。Windows 11 のエクスプローラ関連の各箇所を Windows 10 に戻したり、使いやすく変更することができます。

機能

  • Windows11 で Windows10 のタスクバーを使用する
  • Windows11 のコンテキストメニューを無効にする
  • Windows 11 のコマンドバーを無効にする
  • タスクバーのほかにスタートメニュー、システムトレイ、エクスプローラ、ウィンドウ切り替え、スタートメニュー、Win + X メニューなどをカスタマイズするオプション

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 11
メーカー:Valentin-Gabriel Radu
使用言語:英語
最終更新日: 4日前 (2021/11/26)
ダウンロード数:10

ダウンロード

ep_setup.exe 651 B 10 ダウンロード

画像

Explorer Patcher for Windows 11

実行ファイル

Explorer Patcher for Windows 11

タスクバー

Explorer Patcher for Windows 11

プロパティ(Taskbar)

Explorer Patcher for Windows 11

プロパティ(システムトレイ)

使い方

インストール

1.インストール
  • Explorer Patcher for Windows 11 はインストール不要で使用できます。

基本的な使い方

1. エクスプローラにパッチを適用する
  • ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックして実行すると、Windows Explorer にパッチが適用されます。

Explorer Patcher for Windows 11

 

  • Windows 10 のタスクバー復元されました。
  • 右クリックメニューの「プロパティ」を開くと、Explorer Patcher for Windows 11 のオプション機能にアクセスできます。

Explorer Patcher for Windows 11

 

2.プロパティ
  • Taskbar」では、タスクバーの設定ができます。

Explorer Patcher for Windows 11

Show Search button:検索ボタンを表示する
Show Task view button:タスクビュー表示する
Show People on the taskbar:ピープルを表示する
Show Desktop button:デスクトップボタンを表示する
Show separators between toolbars:ツールバー間にセパレータを表示する

 

  • System tray」では、システムトレイの設定ができます。

Explorer Patcher for Windows 11

Show seconds in the clock:時計の秒を表示する
Skin taskbar and tray pop-up menus:タスクバーとトレイのポップアップメニューにスキンを有効にする
Center tray icon pop-up menus:トレイアイコンのポップアップメニューをセンターに表示する
Flyout behavior for tray icon pop-up menus:トレイアイコンポップアップメニューをフライアウト動作させる
Hide Control Center button:コントロールセンターボタンを隠す
Show touch keyboard button:タッチキーボードボタンを表示する

 

  • File Explorer」では、エクスプローラの設定ができます。

Explorer Patcher for Windows 11

Disable the Windows 11 command bar:Windows 11 コマンドバーを無効にする
Disable the Windows 11 context menu:Windows 11 コンテキストメニューを無効にする
Use immersive menus when displaying Windows 10 context menus:Windows 10 のコンテキストメニューを表示するときは、没入型メニューを使用する
Disable navigation bar:ナビゲーションバーを無効化
Disable modern search bar:モダン検索バーを無効化
Hide search bar completely:検索バーを完全に非表示にする
Register as shell extension:シェルエクステンションとして登録する

 

  • Start menu」では、スタートメニューの設定ができます。

Explorer Patcher for Windows 11

Open Start on monitor containing the cursor:カーソルが置かれているモニターでスタートメニューを開く
Open Start at logon:ログオン時に開く
Open Start in All apps by default:開いたときにすべてのアプリを表示する

 

  • Windows switcher」では、ウィンドウ切り替え(Alt +Tab)時の設定ができます。

Explorer Patcher for Windows 11

Include desktop:デスクトップを含める
Always show on primary monitor:常にプライマリモニターに表示する
Show windows only from current monitor:現在のモニターのウィンドウのみを表示する

 

  • Other」では、そのほかの設定ができます。

Explorer Patcher for Windows 11

Remember last used section in this window:このウィンドウで最後に使用したセクションを記憶する
Open clock flyout when pressing Win+C instead of Microsoft Teams:Win + C で時計のフライアウトを開く
Show Command Prompt instead of PowerShell in Win+X menu:Win + X メニューで、PowerShell の代わりにコマンドプロンプトを表示する
Add shortcut to program settings in Win+X menu:Win + X メニューに「プロパティ」のショートカットを追加する
Remove shortcut key from program settings item in Win+X menu:Win + X メニューのプログラム設定項目からショートカットキーを削除する

 

  • Advanced」では、高度な設定ができます。

Explorer Patcher for Windows 11

Enable console:コンソールを有効にする
Dump memory leaks:メモリリークをダンプする
Show Windows build info on the desktop:Windows のビルド情報をデスクトップに表示する
Enable advanced mitigations for correct rendering using classic theme:クラシックテーマの正しいレンダリングのための高度な緩和策を有効にする
Enable SysListView32 for Explorer views:エクスプローラービューで SysListView32 を有効にする
Do not hook Start menu from main Explorer process (permanently disabled):エクスプローラーのメインプロセスからスタートメニューをフックしない

 

3.元の状態に復元する(アンインストールする)

Explorer Patcher for Windows 11 の適用を元に戻すには、実行ファイルを実行します。

  • 実行すると「Explorer Patcher を削除しますか?」とメッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。

Explorer Patcher for Windows 11

 

  • 「Uninstall Completed」と表示されれば完了です。

Explorer Patcher for Windows 11

よくある質問と回答

ライセンスについて。

Explorer Patcher for Windows 11 は、どなたでも無料で利用できます。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



Windows 設定変更
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ