ネットワークDNS サーバGibson ResearchWindowsフリーソフト

DNS Benchmark 1.3.6668

説明ダウンロード使い方

最速の DNS サーバを探すことができる正確なベンチマークツール

DNS Benchmark

DNS ネームサーバのパフォーマンスを正確にテストする無料の Windows ユーティリティ。多数の DNS サーバをベンチマークテストして速度順にランキングし、最も速くシステムに最適な DNS サーバを探すことができます。

DNS Benchmark の概要

DNS Benchmark は、インターネットをより最適に利用したい人のために、リモートおよびローカルの DNS ネームサーバ(リゾルバ)の性能と信頼性を正確にテストするツールです。最大 200 個の DNS サーバのベンチマークテストか可能で、ユーザーのシステムに設定されている DNS サーバとユーザーが追加した DNS サーバ、DNS Benchmark に最初から登録されている DNS サーバを一括テストして比較できます。

DNS Benchmark の機能

DNS Benchmark では次の機能が利用できます。

1. DNS サーバのベンチマーク
2. ベンチマーク結果の保存
3. DNS サーバ情報の表示
4. DNS サーバのリストの編集
5. DNS サーバのカスタムリストの作成
6. DNS サーバの問題と改善方法の提示
DNS サーバのリストを管理

DNS Benchmark

DNS Benchmark には、多数のパブリック DNS サーバがリストされているので、その中から最適なパフォーマンスのサーバを探すことができます。

サーバのリストは編集可能なので、ベンチマークを行って比較したいDNS サーバを追加したり、遅かったり応答がないサーバを削除することができます。

トップ 50 の DNS サーバのリストを自動作成

DNS Benchmark

DNS Benchmark の「カスタムネームサーバリストの作成」機能は、4000 以上の DNS サーバをスキャンして、その中から最も速い結果の上位 50 の DNS サーバのリストを作成する便利な機能です。

さらにそのリストをベンチマークしてテスト結果を比較すれば、システムに適した最高の DNS サーバを見つけることができます。

分かりやすいベンチマーク結果

DNS サーバの性能は使う場所によって異なるので、DNS Benchmark を使って設定する PC でテストすることが最も信頼できるテスト方法です。

ベンチマークの結果には、キャッシュ済みと非キャッシュの DNS ルックアップ(名前解決の時間)とクエリの損失状態が表示されるので、性能と信頼性をひと目で比較できます。

DNS ネームサーバーの正確なパフォーマンスをテスト

DNS Benchmark は、現在使用中のネームサーバやほかの無料ネームサーバのパフォーマンスを正しくテストできる信頼できるツールです。インターネットをより速く快適に利用したい人や、インターネットの接続を遅く感じている人に役に立つでしょう。

機能

  • 最大 200 個の DNS ネームサーバを登録
  • 高速なトップ 50 の DNS サーバのリストを自動で作成
  • DNS ルックアップのベンチマークテスト
  • DNSSEC 認証パフォーマンスのベンチマークテスト
  • ベンチマーク結果をグラフで比較
  • ベンチマーク結果を画像や CSV ファイルに保存
  • パフォーマンスの問題と改善方法を提案

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10
使用言語:英語
最終更新日: 2週間前 (2019-09-08)
ダウンロード数:3

ダウンロード

DNSBench.exe 147 KB 3 ダウンロード

画像

DNS Benchmark

DNS サーバのリスト

DNS Benchmark

ベンチマークテスト

DNS Benchmark

ベンチマークテスト結果の詳細

DNS Benchmark

改善方法の提案

使い方

インストール方法

  • インストールは必要ありません。「DNSBench.exe」を実行するとアプリケーションが起動します。

インターフェース

1.DNS(ネームサーバ)

Nameservers」の「Name」タブには、DNS Benchmark に登録されているパブリック DNS サーバがリストされます。

  • システムに設定されているネームサーバは黒い太枠で表示されます。緑色は稼働中、赤色は稼働していないネームサーバです。

DNS Benchmark

Add/Remove:ネームサーバの追加や削除
Run Benchmark:ベンチマークの実行

 

  • Owner」タブにはネームサーバの所有者の情報が表示されます。

DNS Benchmark

 

  • Status」タブではネームサーバの状態(利用可能/利用不可)が表示されます。

DNS Benchmark

カスタムネームサーバリストの作成

1.カスタムリストとは?

「Custom List(カスタムリスト)」は、4,500 以上の DNS サーバをスキャンしてもっとも速い「トップ 50」のネームサーバのリストを作成する機能です。デフォルトのネームサーバのリストはユーザーに最適なリストではないので、はじめにこの機能を利用してリストを作成しましょう。

  • Nameservers」タブの「Add/Remove」ボタンをクリックして、DNS サーバの編集ダイアログを開きます。一番下の[Build Custom Nameserver List]ボタンをクリックしてカスタムリストの作成を開始します。

 

2.カスタムリストの作成を開始する
  • カスタムリストの作成開始画面が開きます。[Build Custom List]ボタンをクリックすると作成を開始します。

DNS Benchmark

・カッコ内に作成するのにかかる時間(○分)が表示されるので参考にしましょう。
  • 作成が開始されると進捗状況が表示されます。「Time Remaining」の時間を参考に、完了するまで待ちます。

DNS Benchmark

Fastest:最速のネームサーバの時間
Slowest:最遅のネームサーバの時間
Resolver: _ of _ : 4,849 のうち 4,364 の DNS サーバがスキャン済み(上の画像の場合)
Resolved:クエリが許可された数
Refused:クエリが拒否された数
NoReply:応答なしの数
Running Time:経過時間
Time Remaining:完了までの時間

 

  • カスタムネームサーバリストの作成が完了すると、新しいリストが表示されます。

DNS Benchmark

  • カスタムリストの作成が完了すると DNS Benchmark と同じ場所に「DNSBench.ini」ファイルが生成されるので削除しないようにしましょう。

リストを編集する

1.リストを編集・整理する

Nameservers」タブの「Add/Remove」ボタンをクリックして、DNS サーバの編集ダイアログを開きます。

  • (ISP のネームサーバなどの)リストにない DNS サーバをリストに追加するには、IP アドレスを入力して[Add]ボタンをクリックします。
  • Remove n Dead Nameservers]ボタンをクリックすると利用不可なサーバをリストから消去できます。

DNS Benchmark

 

  • リストの右クリックからネームサーバの削除やコピーなどができます。

Remove This Nameserver:このネームサーバーを削除
Remove n Dead Nameservers:利用不可な n 個のネームサーバーを削除、無い場合は (No Nameservers Are Dead) と表示されます
Remove Redirecting Servers:リダイレクトサーバを削除
Remove Slower Nameservers:遅いネームサーバを削除
Copy Nameserver’s IP:ネームサーバの IP をコピー
Set Graph Scale: No data to scale:グラフのスケールを設定
Export Last Results to CSV File:最後の結果を CSV ファイルにエクスポート
Copy All as Image to Clipboard:すべてを画像としてクリップボードにコピー
Save All as Image to File:すべてを画像ファイルに保存
Sort by Cached Performance:キャッシュされた DNS のパフォーマンスでソート
Sort by Uncached Performance:キャッシュされていない DNS のパフォーマンスでソート
Test DNSSEC Authentication:DNSSEC 認証をテスト

ベンチマークテストを実行する

1.ベンチマークテストを開始する
  • Nameservers」タブの[Run Benchmark]ボタンをクリックしてベンチマークを開始します。

・DNS サーバのベンチマークテストは、ほかに帯域を使用していない状態で行うのがベストです。
2.結果を確認する
  • ベンチマークが完了すると「Responce Time」タブの画面に結果が表示されます。「Sort Fastest First」にチェックが入っていると、DNS ルックアップの速度順でリストされます。

DNS Benchmark

・[Copy]ボタンを押すとベンチマーク結果の画像をクリップボードにコピーできます。

 

  • 結果の見方です。バーが長いほど遅くなります。
:クエリの損失がある(信頼性が低い)場合、赤いバーで表示されます
:キャッシュされているドメイン名の名前解決にかかる時間
:キャッシュされていないドメイン名の名前解決にかかる時間
:「.com」ドメインの名前解決にかかる時間

 

3.結果の詳細データを確認する
  • 「Tabular Data」タブでは、ベンチマークテストの結果が数値で確認できます。

DNS Benchmark

 

4.推奨事項をチェックする
  • Conclusions」タブには、ベンチマークの結果による解決方法の提案事項が表示されます。

DNS Benchmark

例 1:「More than 20% of resolvers were unreliable? 」は、信頼性が低い DNS サーバが含まれている場合の警告です(% は結果により異なります)。ローカルネットワークがビジーで混雑しているときにベンチマークを実行するとこのように表示される場合があります。

DNS Benchmark

例 2:「System nameservers are NOT ordered for best performance! 」は、システムに設定されているネームサーバの順序が最適でない場合(プライマリのほうが遅い場合)に表示されます。クエリの損失がある場合はネームサーバの横に「unreliable」と示されます。

DNS Benchmark

例 3:システムのネームサーバがほかのネームサーバよりも遅い場合「System nameservers are SLOWER than 13 public alternatives!」のメッセージが表示されます(数字は結果により異なります)。このメッセージが表示された場合、ネームサーバを変更すると、DNS ルックアップのパフォーマンス、およびインターネットのすべての使用が改善される可能性があります。

DNS サーバを変更する

最初に、DNS Benchmark のリストから使用したい DNS サーバを右クリックして IP アドレスをコピーします。

1.
  • Windows の「すべての設定」を開き、「ネットワークとインターネット」→「アダプターのオプションを変更する」に進みます。
  • イーサネット」を右クリックして「プロパティ」を選択します。

 

2.
  • インターネット プロトコル バージョン 4」を選択して[プロパティ]ボタンをクリックします。

DNS Benchmark

 

  • 次の DNS サーバーのアドレスを使う」を選択して「優先 DNS サーバー」に通常時に使用する DNS サーバの IP アドレス、「代替 DNS サーバー」に予備の DNS サーバの IP アドレスをペーストします。
  • OK]をクリックして設定は完了です。

DNS Benchmark

よくある質問と回答

赤い(利用不可な)DNS サーバが多く表示される

・DNS Benchmark の DNS サーバのリストには、ISP のユーザー以外は利用できない特定の DNS サーバーなども含まれているので、利用できないものは赤く表示されます。

ユーザーレビュー

まだ評価がありません。 最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く