Windows 設定変更SordumWindowsWindows アップデートフリーソフト

Windows Update Blocker 1.6

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

Windows アップデート(自動更新)を無効にするツール

Windows Update Blocker

簡単な操作で Windows アップデート(自動更新)を無効または有効できるユーティリティ。ボタンをクリックするだけで、アップデートが自動でインストールされないように設定したり、元の有効な状態に戻すことができます。

Windows Update Blocker の概要

Windows 10 は、アップデートを自動的にチェックして、見つかったアップデートを自動でダウンロードしてインストールします。この更新機能は便利ですが半ば強制的なので、PC 上で行っている作業やリソースを Winodws アップデートに邪魔されたくないときは更新を無効にする必要があります。Windows Update Blocker は、その自動更新の機能を簡単に無効・有効に切り替えることができるのでそのような時に役に立ちます。

簡単な操作で Windows アップデートを無効・有効化

Windows Update Blocker を使えば、ボタンをクリックするだけで Windows の自動更新を完全に無効または有効にできます。このユーティリティはポータブルなので、外部のデバイスに入れて持ち運んでほかのコンピューターで使用できます。更新によってシステムが破壊される可能性があります。このユーティリティはその人のためのものです。

Windows アップデートのサービスをブロック

Windows Update Blocker は以下のサービスを無効または手動にして Windows アップデートの動作をブロックします。BITS サービスを無効にしたい場合はオプションの選択が必要です。

サービスの名前適用される設定
・Windows Update(wuauserv)無効
・Delivery Optimization(DoSvc)無効
・Windows Update Medic Service(WaaSMedicSvc)無効
・Update Orchestrator Service(UsoSvc)手動
・Background Intelligent Transfer Service(BITS)(ユーザーが選択)

これらの設定は変更することが可能で、Windows Update Blocker の設定ファイル「Wub.ini」ファイルを編集して、ほかのサービスを追加してブロックすることもできます。

そのほかの機能

ツールを起動すると、現在の Windows アップデートの設定が有効になっているかどうかを確認できます。ほかには、ツールから Windows サービスと Windows アップデートの設定画面にアクセスできるので、Winodws の更新に関連するサービスを確認したり、Windows アップデートの設定の変更が楽にできます。

Windows の更新を制御できる便利なツール

Windows Update Blocker は、OS に欠けている Windows Update を制御する機能をサポートするツールです。Winodws の自動更新を無効にして必要な時に有効にしたいすべての人に役に立つでしょう。

機能

  • Windows アップデート(自動更新)を無効 / 有効
  • アップデート関連のサービスを無効 / 有効に設定
  • コマンドラインのサポート

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Sordum
使用言語:日本語ほか多言語
最終更新日: 11か月前 (2020/10/20)
ダウンロード数:239

ダウンロード

Wub.zip 463 KB 239 ダウンロード

画像

Windows Update Blocker

メイン画面(サービス有効)

Windows Update Blocker

メイン画面(サービス無効)

Windows Update Blocker

オプション画面

Windows Update Blocker

コマンドラインオプション

使い方

インストール

 

  • Windows Update Blocker はインストール不要のプログラムです。ダウンロードした Zip ファイルを解凍して実行ファイルを実行するとアプリが起動します。

Windows Update Blocker

インターフェース

1. メイン画面
  • Windows Update Blocker を起動すると、現在の Windows アップデートサービスの状態が右側のアイコンで表示されます。

Windows Update Blocker

Windows Update Blocker

:サービスは有効で実行中
オレンジ:サービスは有効で停止中(更新がない状態)
:サービスは無効

Windows アップデートをブロックする

1. Windows アップデートをブロックする
  1. サービスを無効にする」を選択します。
  2. Windows アップデートのサービスの設定の変更を外部から防ぐ場合は「サービスの設定を保護」を選択します。
  3. 今すぐ適用]ボタンをクリックするとサービスは無効になります。

Windows Update Blocker

・サービスが無効になると「サービスの状態」が赤いアイコンに変化します。

メニュー

1. メニュー
  • メニュー]ボタンをクリックすると設定を変更したりそのほかの機能を利用できます。

Windows Update Blocker

アップデートの設定:Windows アップデートの設定画面を開く
サービスの設定:サービスの設定画面を開く
Service List Options:オプションを開く
最新の状態に更新:プログラムの更新を確認する
コマンドライン情報:コマンドラインパラメータを表示
Language:使用言語を選択します

 

2. Service List Options
  • Service List Options」の画面では、「サービスを有効にする」または「サービスを無効にする」操作時に、ほかのサービスの設定をどうするかを設定できます。

Windows Update Blocker

Default Service Type:「サービスを有効にする」を選択した時の設定
Automatic:自動
Manual:手動
Disabled:無効
Disabled Service Type:「サービスを無効にする」を選択した時の設定
サービスの設定を保護:サービスの設定の変更を外部からできないようにする
Apply Settings During Operation:有効にすると[今すぐ適用]ボタン操作時この設定が適用されます
※ Wuauserv サービスの設定は変更できません。

 

3. コマンドラインオプション

Windows Update Blocker

よくある質問と回答

ほかのサービスを追加してブロックしたい

「Wub.ini」ファイルの [Service_List] の下にサービス名を追加すると、ほかのサービスを Service List Options に追加できます。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



Windows 設定変更
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ