Windows 設定変更Jonathan E. BrickmanPC 最適化Windowsフリーソフト

windows-tools 2022-05-16

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

Windows デスクトップおよびサーバーシステムのパフォーマンスを向上させるツールセット

windows-tools
Windows デスクトップおよびサーバーオペレーティングシステムのパフォーマンスを向上させることができるツールセット。このツールは PowerShell スクリプトおよびバッチファイルで構成されています。

windows-tools の概要

windows-tools は、Windows デスクトップおよびサーバーオペレーティングシステムのパフォーマンスを向上させるためのツールセットです。

windows-tools の機能

windows-tools の主な機能です。

機能概要
メイン機能Windows マシンのパフォーマンスを向上させる
機能詳細・Windows デスクトップおよびサーバーオペレーティングシステムのパフォーマンスを向上させる
・最新の Microsoft Visual C++ 再頒布可能ファイルを一括インストールする
Windows マシンのパフォーマンスを手軽に向上できます

windows-tools

windows-tools は、Windows デスクトップおよびサーバーシステムのパフォーマンスを向上させることを目的とした Powershell スクリプトおよび実行可能ファイル(バッチファイル)のセットです。

このツールセットは初心者向けではないので、システムの復元ポイントを作成してから実行することをおすすめします。使い方はかんたんで、.CMD ファイルまたは PowerShell スクリプト(.ps1)を実行するだけです。

複数の項目を最適化できます

windows-tools

windows-tools(OPTIMIZE.CMD)を実行すると、Edge などの不要なアプリケーションの事前起動の無効化、全体的なパフォーマンス、メモリ管理、TCP ネットワーキングのチューニング、不要なレジストリアイテムのクリア、一時ファイルや Windows ログファイルのクリーンアップ、実際には存在しないゴーストデバイスの削除、NTFS のチューニング、サービス作業項目と追加/遅延ワーカースレッドの最適化、VSS の最適化などが実行されます。

便利な Windows 最適化ツール

windows-tools は、PC のパフォーマンスをかんたんに向上させることができる便利なツールセットです。PC を最適化するほかに、特定のアプリの実行に必要になる最新の Microsoft Visual C++ 再頒布可能ファイルを一括インストールすることもできます。

機能

  • Windows デスクトップおよびサーバーオペレーティングシステムのパフォーマンスを向上させる
  • 最新の Microsoft Visual C++ 再頒布可能ファイルを一括インストールする

システム要件

  • PowerShell 3.0 以降

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10|11
メーカー:Jonathan E. Brickman
使用言語:英語
最終更新日: 1週間前 (2022/05/18)
ダウンロード数:19

ダウンロード

master.zip 19 ダウンロード

画像

windows-tools

CMD ファイル群

windows-tools

Windows の最適化

windows-tools

Microsoft Visual C++ 再配布可能ファイルをインストール

使い方

インストール

1.インストール方法

windows-tools はインストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「RUN」フォルダに移動すると、バッチファイルが使用できます。

windows-tools

基本的な使い方

1. Windows マシンのパフォーマンスを向上させる
  • OPTIMIZE.CMD」ファイルを右クリックして「管理者として実行」します。

windows-tools

 

  • OPTIMIZE.CMD を管理者として実行すると、Optimize.ps1 スクリプトが実行されます。mma-appx-etc が最初に実行され、次に TweakMemTCP、RunDevNodeClean、wt_removeGhosts、TweakNTFS、OWTAS、OVSS、CATE、TweakHardware が実行され。その結果、現在の Windowsマシンのパフォーマンスが大幅に向上します。
mma-appx-etc:アプリケーション起動のプリフェッチ、ページの結合、メモリ圧縮、およびアプリケーションの事前起動などを無効にします
TweakMemTCP:全体的なパフォーマンス、メモリ管理、TCP ネットワーキングのチューニング
RunDevNodeClean:特定のレジストリアイテム、USBフラッシュドライブの接続と取り外し、マシンの仮想化または非仮想化、およびその他の多くの操作で作成されるレジストリアイテムをクリアする
wt_removeGhosts:Windows から実際には存在しないゴーストデバイスを削除します
TweakNTFS:パフォーマンスと信頼性のために NTFS を微調整します
OWTAS:サービス作業項目と追加/遅延ワーカースレッドを最適化します
OVSS:VSS を最適化します
CATE:すべてのユーザープロファイル、Windows エラー報告キャッシュ、システム TEMP フォルダー、Windows ログファイルなどの不要ファイルをクリーンアップします
TweakHardware:多くの USB 電源管理をオフにし、パフォーマンスのために NIC を最適化します

 

2. Microsoft Visual C++ 再頒布可能ファイルを一括インストールする
  • GETREDISTS.CMD」ファイルを右クリックして「管理者として実行」します。

windows-tools

 

  • Microsoft VC ++ 再頒布可能ファイルのすべてを最新の状態にし、Microsoft がサポートするすべての新しいものがインストールされます。

よくある質問と回答

ライセンスについて。

windows-tools は、どなたでも無料で利用できます。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



Windows 設定変更
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ