コーデック shark007 Windows コーデックパック フリーソフト

STANDARD x64ComponentsPM 9.1.7

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

一般的な動画ファイルの再生に対応した 64 bit 向けのコーデックパック

STANDARD x64ComponentsPM

MKV・Divx・FLV など Windows でサポートされていないものを含めた一般的な動画と音楽ファイルを MPC-BE やそのほかのプレーヤーで再生できるようにする、64 bit プレーヤー向けの複数のビデオおよびオーディオコーデックをまとめたパッケージです。

STANDARD x64ComponentsPM の概要

STANDARD x64ComponentsPM は、Media Player Classic Black Edition(MPC-BE)などの 64bit のプレーヤーで一般的な動画ファイルを再生可能にするコーデックパックで、amr | mpc | divx | mka | ape | flac | evo | flv | m4b | mkv | ogg | ogm | rmvb | xvid | y4m | mov | m2ts などの非サポートのファイル形式を再生したりサムネイルやプレビューを有効にします。

インストールされているコーデックを GUI の設定アプリで管理と設定ができ、普通のコーデックやほかのコーデックパックと比べて、難しい設定や調整をしなくてもすぐにあらゆるビデオを再生できるのが特徴です。STANDARD x64ComponentsPM と Standard Codecs の異なる点は、64 bit のコーデックだけが含まれていて、madVR と XySubFilter を統合した MPC-BE プレーヤーが追加されていることです。HDR および 3D MVC の再生に対応しています。

コーデックパックの種類

Shark007 のコーデックパックは 4 種類あり、それぞれ用途に応じて次のように分かれています。STANDARD x64ComponentsPM には 64 bit のコーデックのみが含まれています、Windows Media Player などの 32 bit のプレーヤーで再生が必要な場合は、下の表を参考に 32 bit のコーデックパックをインストールして下さい。

コーデックパックの種類 デコーダー(フル) デコーダー(最小) 32 bit 64 bit MPC-BE
madVR
ADVANCED Codecs
STANDARD Codecs
ADVANCED x64ComponentsPM
STANDARD x64ComponentsPM

ほとんどすべてのメディアを再生したいなら ADVANCED Codecs、64 bit のコーデックのみで良い場合、または MPC-BE プレーヤーと madVR レンダラーが欲しい(※ 3Dを再生する)場合は x64ComponentsPM 版が適しています。

インストール時の注意点

STANDARD x64ComponentsPM は、K-Lite Codec Pack や ffdshow・AC3Filter・Satsuki Decoder Pack などのコーデックが既にインストールされている場合はそれらのコーデックをアンインストールしてからインストールします。これは同じコーデックが別の場所にインストールされてしまい問題を起こすからです。同じ理由で、ADVANCED コーデックと STANDARD コーデックの両方を一緒にインストールしないようにしてください。

すべての動画を再生可能にするコーデックパック

STANDARD x64ComponentsPM は、最新のコーデックをインストールして、同梱されている MPC-BE やそのほかの 64 bit のお気に入りのプレーヤーで一般的なポピュラーな動画ファイルを再生したい場合に適しているコーデックパックです。

機能

  • 4K・HDR / SDR・3D のデコードをサポート
  • FLV と10bit MKV のフルカラーのサムネイルを表示
  • MKV や FLV などのすべてのファイルタイプのプレビューウィンドウを表示
  • MKV や FLV などの Windows でサポートされていないファイルタイプのプロパティの表示
  • 更新通知
  • Media Center で 32 ビット LiveTV 用の PowerDVD デコーダの使用を許可
  • Xbox One での MKV ファイルの再生をサポート
  • MKV ファイルの再生に LAV Filter の使用をサポート
  • ALAC・MOD オーディオとM4Aファイルをサポート
  • Media Center で使用するためのプレイリストの作成をサポート
  • インストールされているコーデックを有効または無効化
  • Win7DSFilterTweaker などの組み込みの機能
  • MKV などのすべてのファイルの右クリックに「Windows Media Player リストに追加」を表示
  • インストールされているコーデックのリストを保存
  • メディアファイルの情報を分析
:STANDARD x64ComponentsPM でインストールされるプログラム
  • AC3 Filter・Vobsub・Divx MKV・Haali Media Splitter・LAV filters・Icaros

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10
メーカー:Shark007
使用言語:英語
最終更新日: 1日前 (2019/11/19)
ダウンロード数:43

ダウンロード

STANDARD_x64ComponentsPM_v917.exe 43 MB 43 ダウンロード

画像

STANDARD x64ComponentsPM

使い方

インストール方法

  • インストーラを実行すると使用許諾契約書が表示されます。「I accept the agreement」を選択して[Next]をクリック。

STANDARD x64ComponentsPM

 

  • 次はインストール先のフォルダの設定画面です、確認または変更してください。[Next]をクリックするとインストールを開始します。

STANDARD x64ComponentsPM

 

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックしてセットアップウィザードを閉じましょう。

設定方法(推奨設定)

:推奨設定をする

この設定は、すべてのプレーヤーで字幕付きのファイルを再生できるようにする設定です。

  • STANDARD x64ComponentsPM のインストールが完了すると、設定アプリが開きます。
STANDARD x64ComponentsPM

設定アプリ

 

:設定画面を開くには?
設定画面を閉じてしまった場合など、設定アプリを再度開くには、スタートメニューを開き「Shark007 Codecs」の「64bit Setting Application」をクリックして実行してください。

 

1. SUGGESTED settings を有効にする
  • [Reset All]ボタンをクリックして設定をリセットします。
STANDARD x64ComponentsPM

設定をリセット

 

  • 設定画面が再起動したら「Shark007 SUGGESTED settings」にチェックを入れます。
STANDARD x64ComponentsPM

推奨設定を有効にする

 

  • 「Live TV と Xbox のデバイスキャストおよびデバイス再生機能と、Windows 10 のアプリや 64 ビ%