ネットワークangryziberLinuxMacWindowsネットワーク検査ネットワーク監視フリーソフト

Angry IP Scanner 3.7.6

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

使いやすく便利なローカルネットワーク/インターネットスキャナ

Angry IP Scanner

指定した範囲の IP アドレスをスキャンして、有効なホスト名(コンピュータ名)や Ping 応答時間、開いているポートなどの結果を表示するローカルネットワーク/インターネットスキャンツール。ネットワーク内を調査するのに役に立ちます。

Angry IP Scanner の概要

Angry IP Scanner は、高速で使いやすいオープンソースのクロスプラットフォームネットワークスキャナーです。IPアドレスとポートをスキャンするだけでなく、ほかにも多くの機能があります。ネットワーク管理者や大小の企業、銀行、政府機関など、世界中の好奇心の強いユーザーによって広く使用されています。Linux・Windows・Mac OS X で使用できます。

Angry IP Scanner の機能

Angry IP Scanner では、次のスキャン対象をスキャンして、以下の結果を表示します。

機能概要
スキャン対象・IP の範囲を指定
・ファイルから読み込み
・ランダム
スキャン結果・IP アドレス/ホスト名/Ping(応答時間)
・TTL / Filtered Ports / Web detect / HTTP Sender / Comments / NewBIOS Info / Packet loss / HTTP Proxy / MAC Addreass / MAC Vendor
ローカルネットワークとインターネットをスキャン

Angry IP Scanner

Angry IP Scanner の使い方はかんたんで、スキャンする IP アドレスの範囲を選択して[Start]ボタンをクリックするだけで、ネットワークまたはインターネットの IP アドレスをスキャンできます。

Angry IP Scanner を使用するには「Java ランタイム」または「OpenJDK」が必要です。システムにインストールされていない場合はプログラムのインストール時にダウンロードできます。

スキャン結果の詳細表示と結果のエクスポート

Angry IP Scanner

スキャン結果では、有効なホストは緑色、無効なホストは赤のアイコンで示されるので分かりやすく識別できます。デフォルトでは「IP アドレス」「ホスト名」「Ping」 の 3 つ情報が表示されますが、オプションで MAC アドレスや製造元などのそのほかの項目を表示するように設定できます。

スキャン結果はクリップボードにコピーしたり、テキストファイル(TXT, XML, CSV)にエクスポートして保存することができます。

使いやすいネットワークスキャナ

Angry IP Scanner は現在日本語に対応していませんが、世界中で広く使用されているネットワークスキャナです。とても使いやすく、便利な機能が含まれているのが特徴です。

機能

  • 指定した範囲の IP アドレスをスキャン
  • スキャン結果をファイルに保存(エクスポート)
  • スキャン結果のファイルを読み込み(インポート)
  • IP アドレスをコピー
  • 表示のカスタマイズ

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10・Mac・Linux
メーカー:angryziber
使用言語:英語ほか
最終更新日: 3か月前 (2021/02/16)
ダウンロード数:143

ダウンロード

ipscan-3.7.6-setup.exe windows 626 B 120 ダウンロード
ipscan-mac-3.7.6.zip mac 624 B 23 ダウンロード

画像

Angry IP Scanner

メイン画面(スキャン結果)

Angry IP Scanner

環境設定画面

使い方

インストール

1.セットアップ
  1. ダウンロードしたインストーラを実行するとセットアップウィザードが開始します。[Next]をクリックして進みます。

Angry IP Scanner

 

  • インストール先フォルダの設定です。変更しない場合はこのまま[Install]をクリックします。

Angry IP Scanner

 

  • Java がインストールされていない場合は「あとで Java または OpenJDK をインストールして下さい。」というメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。

Angry IP Scanner

 

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

Angry IP Scanner

 

2.Java をインストールする
  • Angry IP Scanner を起動すると、システムに Java がインストールされていない場合は下のメッセージが表示されます。[はい]をクリックして Java のダウンロードページを開きます。

Angry IP Scanner

 

  • ダウンロードページが開いたら下の青のボタンをクリックして Java をダウンロードし、インストールして下さい。

Angry IP Scanner

・ダウンロードページが表示されない場合は「https://adoptopenjdk.net/」のページからダウンロードしてください。

 

3.Angry IP Scanner 起動時
  • Angry IP Scanner の起動時にはソフトウェアの説明が表示されます。読まない場合は[Close]ボタンをクリックして閉じましょう。

Angry IP Scanner

基本的な使い方

1.インターフェース

Angry IP Scanner では、以下の手順で IP をスキャンできます。

  1. IP Range」でスキャンする IP の範囲を確認または指定します(デフォルトでローカル IP が範囲に表示されます)。
  2. Start]ボタンをクリックしてスキャンを開始します。

Angry IP Scanner

・スキャンする IP のオプションを変更する場合は右の「IP Range」のドロップダウンから変更更します
・「Netmask」のドロップダウンから IP の範囲を選択できます

 

2.スキャン結果

スキャンが完了するとスキャン結果が表示されます。

  • 緑の丸は検出された有効なコンピュータ、青い丸は自分のコンピュータ、赤い丸は検出されなかった IP です。

Angry IP Scanner

表示される情報:
IP:IP アドレス
Ping:Ping 応答時間
Hostname:ホスト名
Ports:ポート番号

 

3.右クリックメニュー
  • IP アドレスを選択し、右クリックメニューから IP アドレスをコピーしたり開くことができます。

Angry IP Scanner

Show details:詳細情報を表示
Rescan IP(s):選択した IP をスキャンする
Delete IP(s):選択した IP をリストから削除する
Copy IP:選択した IP アドレスをクリップボードにコピーする
Copy details:選択した IP アドレスの情報をクリップボードにコピーする
Open:IP アドレスを選択した方法で開く

メニュー

1.Scan メニュー
  • Scan」メニューでは、スキャン結果のエクスポートやインポートができます。

Angry IP Scanner

Load results:結果をファイルから読み込む
Export all:すべての結果をファイルに保存する
Export Selection:選択した内容をファイルに保存する
Quit:プログラムを閉じる

 

2.Go to メニュー
  • Go to」メニューでは移動操作と検索ができます。

Angry IP Scanner

Next alive host:次の有効なホストに移動する
Next open port:次の開いているポートに移動する
Next dead host:次の無効なホストに移動する
Previous alive host:前の有効なホストに移動する
Previous open port:前の開いているポートに移動する
Previous dead host:前の無効なホストに移動する
Find:検索する

 

3.Commands メニュー
  • Commands」メニューでは、スキャンやコピー、IP を開くなどの操作ができます。

Angry IP Scanner

Show details:詳細情報を表示
Rescan IP(s):選択した IP をスキャンする
Delete IP(s):選択した IP をリストから削除する
Copy IP:選択した IP アドレスをクリップボードにコピーする
Copy details:選択した IP アドレスの情報をクリップボードにコピーする
Open:IP アドレスを選択した方法で開く

 

4.Favorites メニュー
  • Favorites」メニューでは、お気に入りに追加とお気に入りの管理ができます。

Angry IP Scanner

Add Current:現在の設定をお気に入りに追加する
Manage favorites:お気に入りを管理する

 

5.Tools メニュー

Angry IP Scanner

Preferences:環境設定を開く
Fetchers:リストに表示する列(内容)を変更する
Selection:特定のアイテムを選択する
Scan stastistics:スキャンの状態を表示

環境設定

1.Scanning
  • Scanning」ではスキャンと PIng に関する設定ができます。

Angry IP Scanner

Threads
Delay between starting threads (in ms):スレッド間の遅延(ミリ秒)
Maximum number of threads:最大スレッド数
Pinging
Pinging method:ping 方法
Number of ping probes (packets to send):ping プローブ数(送信パケット数)
Ping timeout (in ms):ping タイムアウト(ミリ秒)
Scan dead hosts, which don’t reply to pings:ping に応答しないホストをスキャンする
Skipping
Skip probably unassigned IP addresses *.0 and *.255:割り当てられていない IP アドレス * .0 と * .255 をスキップ

 

2.Ports
  • Ports」では、ポートの設定やスキャンするポートの指定などができます。

Angry IP Scanner

Timing
Default port connect timeout (in ms):デフォルトポートの接続タイムアウト(ミリ秒)
Adapt timeout to ping roundtrip time (if available):タイムアウトを ping の往復時間に適応させる(可能な場合)
Minimal adapted connect timeout in ms):最小接続タイムアウト(ミリ秒)
Port selection
ここでスキャンするポートを指定します。 範囲がサポートされています。 例:1-3,5,7,10-15,6000-6100
多くのポートを指定すると、スキャンに時間がかかる場合があります。
For each host, add requested ports from file feeder:ホストごとにファイルフィーダーからリクエストポートを追加する

 

3.Display
  • Display」では、スキャン結果に表示したいアイテムの設定などがきます。

Angry IP Scanner

Display in the results list:結果のリストの表示する内容
All scanned hosts:スキャンされたすべてのホストを表示する
Alive hosts (responding to pings) only:有効なホストのみを表示する
Hosts with open ports only:ポートが開いているホストのみを表示する
Labels displayed in the results list:結果リストに表示されるラベル
The value is not available (no results):値なし(結果なし)の場合に右の文字を表示する
The actual value was not scanned (unknown):スキャンされなかった(不明)な場合に右の文字を表示する
Confirmation:確認
Ask for confirmation before starting a new scan:新しいスキャンを開始する前に確認を求める
Show info dialog after each scan:各スキャン後に情報ダイアログを表示する
Language:UI の言語を変更する

 

よくある質問と回答

スキャン結果にもっと多くの情報を表示したい。

「Tools」メニューの「Fetchers」から、リストに表示する列(詳細情報)を追加・変更することができます。

コメント