ファイル復元 LSoft TechnologiesWindowsデータ復旧データ救出ファイル復元フリーソフト

Active@ UNDELETE 9.0 Freeware Edition

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

削除したまたは紛失したファイルを復元することができるデータリカバリソフト

Active@ UNDELETE
削除したまたは紛失したファイルをハードディスクドライブから復元したり、削除または破損したパーティションから失われたファイルを復元することができる、Windows 向けのデータリカバリ(ファイル復元)ソフト。

Active@ UNDELETE Freeware の概要

Active@ UNDELETE Freeware は、接続されたドライブから消去されたファイルを見つけて復元するのに役立つ使いやすいソフトウェアです。

Active@ UNDELETE Freeware の機能

Active@ UNDELETE Freeware の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 データの回復、復元
機能詳細 ・削除されたファイルとフォルダを復元する
・削除されたパーティションを検出し、そこからデータを回復します
・復元前にファイルをプレビューする
・2TB を超える HDD をサポート
・サポート ファイル システム:NTFS、FAT、FAT32、exFAT、HFS+、Ext2/Ext3/Ext4、UFS
削除した/失ったファイルを復元できます

Active@ UNDELETE

Active@ UNDELETE Freeware は、失われたファイルとフォルダをライブ ボリューム(論理ドライブ)から復元したり、削除または破損したパーティションから失われたファイルを復元したりするために設計されたデータリカバリアプリケーションです。

このアプリを使用すると、ストレージから削除されたファイルやフォルダを復元することができます。

目的のファイルをすぐに見つけることができます

Active@ UNDELETE

Active@ UNDELETE Freeware は、NTFS、FAT、FAT32、exFAT、HFS+、Ext2/Ext3/Ext4、UFS といったほとんどのファイルシステムおよび 2TB を超えるハードディスクドライブに対応しています。

また、ファイルを拡張子、関連付けられたアプリケーション、または日付に従ってグループ化したり、フィルタ機能を使用して絞り込むことができるので、目的のファイルをすぐに見つけることができます。

削除またはフォーマットされたデータをハード ドライブから復元できます

Active@ UNDELETE Freeware は、失われた、または削除された、フォーマットされたデータを回復するのに役立つ強力なデータ回復ソフトウェアです。このアプリはフリーウェアですが制限があり、セッションごとに 1 つのファイルのみを復元できます。

機能

  • 削除されたファイルとフォルダを復元する
  • 削除されたパーティションを検出し、そこからデータを回復します
  • 物理ディスクの高度なスキャンを実行し、スキャン結果ビューを使用して結果を整理します
  • 復元前にファイルをプレビューする
  • 2TB を超える HDD をサポート
  • サポート ファイル システム:NTFS、FAT、FAT32、exFAT、HFS+、Ext2/Ext3/Ext4、UFS

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10|11
メーカー:LSoft Technologies
使用言語:英語
最終更新日: 1年前 (2023/03/12)
ダウンロード数:83

ダウンロード

UndeleteLite-freeware.exe 14.96 MB 83 ダウンロード

画像

Active@ UNDELETE

ホーム画面

Active@ UNDELETE

スキャン中

Active@ UNDELETE

スキャン結果

Active@ UNDELETE

ファイルの復元

使い方

インストール

1.インストール方法
  • セットアップウィザードが開始したら[Next]をクリックします。

Active@ UNDELETE

 

  • ライセンスが表示されます。「I accept the agreement」を選択してNext]をクリックします。

Active@ UNDELETE

 

  • インストール先を確認して、[Next]をクリックします。

Active@ UNDELETE

 

  • 完了]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

Active@ UNDELETE

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  • Active@ UNDELETE を起動したら、復元したいファイルがあるドライブを選択して、「Scan」ボタンをクリックします

Active@ UNDELETE

 

  • スキャンが開始しました、完了するまで待ちます。

Active@ UNDELETE

 

  • スキャンが完了するとスキャン結果が表示されます。
  • Group by」からファイルのグループ方法を選択できます。
  • Filter by」では、ファイル名をフィルタリングして絞り込むことができます。

Active@ UNDELETE

 

  • 復元したいファイルをチェックして「Reover files」をクリックし、「Recover Checked」を選択します。

Active@ UNDELETE

 

  • Recover files to」でファイルの復元先を選択します。
  • Recover]ボタンをクリックすると、ファイルを復元することができます。

Active@ UNDELETE

よくある質問と回答

ライセンスについて。

Active@ UNDELETE Freeware は、どなたでも無料で使用できます。