マルチメディアプレーヤーUN4SeenWindowsオーディオ再生フリーソフト

XMPlay 3.8.5 / 3.8.5.20 Beta

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

良い音質でさまざまなオーディオファイルを再生できる音楽プレーヤー

XMPlay

音質に重点を置いた Windows 用のオーディオプレーヤー。多くのオーディオ形式(OGG / MP3 / MP2 / MP1 / WMA / WAV / AIFF / CDA / MO3 / IT / XM / S3M / MTM / MOD / UMX など)を再生できます。

XMPlay の概要

XMPlay は、品質と効率に重点を置いた、優れたオーディオプレーヤーです。「プラグイン」を導入して、より多くのオーディオおよびアーカイブファイル形式を読み込むこともできるのが特徴です。

XMPlay の機能

XMPlay の機能の一覧です。

機能概要
再生できるもの・OGG / MP3 / MP2 / MP1 / WMA / WAV / AIFF / CDA / MO3 / IT / XM / S3M / MTM / MOD / UMX オーディオフォーマットの再生
・PLS / M3U / ASX / WAX / CUE プレイリストの再生
・ZIP アーカイブの再生
オプション機能・イコライザ
・ネットストリーミングの再生
さまざまな設定を備えた音楽プレーヤー

XMPlay

XMPlay は、あらゆる種類のオーディオファイルを再生することができるメディアプレーヤーです。ユーザーがよりよい方法で再生するための設定を備えています。

XMPlay はコンポの形をしているのが特徴で、音楽ファイルを再生すると、ファイルやフォーマットの情報、メッセージ/タグ情報、サンプルテキストなどが表示されます。

プラグインを導入して機能を拡張できます

プラグインには、MIDI / FLAC / WavPack / Opus / WebM / DSD / ALAC / Musepack / Monkey’s Audio / AAC などのフォーマットの入力を可能にするプラグインや、DirectSound / ASIO / WASAPI 出力ができるプラグインなどがあります。ダウンロードと詳細は「プラグイン」のページを参考にしてください。

良い音質で再生できる音楽プレーヤー

XMPlay は、1998年から開発が続けられている歴史のある Winodws 向けオーディオプレーヤーです。良い音質で音楽ファイルを再生したい場合に適しているプレーヤーです。

機能

  • 多くのオーディオの再生
  • 2/24ビット&マルチチャンネル出力
  • ギャップレス出力:サポートされているすべてのフォーマットのギャップレス再生、クロスフェード
  • 補間とボリューム/パンランピング
  • DSP:自動ゲインコントロール(Replaygain)
  • 9 バンドイコライザー
  • リバーブ、プラグインサポート
  • Shoutcast / Icecast / Icecast2 を含むネットストリーミングの再生
  • Unicodeファイルのサポート

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10
メーカー:UN4Seen
使用言語:英語
最終更新日: 2週間前 (2021/05/29)
ダウンロード数:85

ダウンロード

xmplay38.zip stable 383 KB 43 ダウンロード
xmplay.exe beta 42 ダウンロード

画像

XMPlay

プレーヤー

XMPlay

設定

使い方

インストール

1.インストールする

XMPlay はインストール不要で使用できます。

  • ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、「xmplay.exe」ファイルを実行するとアプリケーションを起動できます。

XMPlay

・ベータ版をインストールする場合は、既存の「xmplay.exe」ファイルに新しいファイルを上書きしてください。

基本的な使い方

1.インターフェース
  • ファイルを XMPlay で再生するには、「リストに追加」の「」ボタンをクリックしてファイルを追加します。

XMPlay

 

2.リンク
XMPlay のサポート/スキン/ビジュアル
URL:http://support.xmplay.com/

よくある質問と回答

ライセンスについて。

XMPlay はどなたでも無料で使用できます。