FTP クライアント Amazon S3 FTP FTPS Martin Prikryl SCP SFTP WebDAV Windows ファイル転送 フリーソフト

WinSCP 5.17.9

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

効率的に作業を行なうことができるフル機能の FTP クライアント

Windows 用のフリーの FTP・SFTP クライアント。ローカルとリモート間で安全に素早くファイルを転送するためのソフトで、FTP・FTPS・SFTP・SCP・WebDAV・Amazon S3 プロトコルに対応しています。2種類から選択できる使いやすい GUI、ファイルのドラッグ&ドロップ、半自動または全自動のディレクトリの同期などの機能が特徴です。

用途によってインターフェースを選択

WinSCP には、Norton Commander 風の2ペインのインターフェースとエクスプローラ風のインターフェースの2種類があり、どちらを使うか選ぶことができます。前者の2ペインのインターフェースはローカルディレクトリは左側・リモートは右側というように左右にパネルが分けられていて、ローカルとリモートが同じディレクトリ構造な場合や WinSCP 内でローカルのファイル操作を行なったりディレクトリの同期を行う場合に適しています。後者のインターフェースはリモートディレクトリのみ表示され、ファイルの操作は Windows エクスプローラを使用し、ファイルの転送はドラッグ&ドロップで行うという場合に適しています。

インストール時にどちらのインターフェースを選択するか聞かれますが、インストール後に変更することができます。

別のサイトや別の場所へはタブで楽に移動

別のサイトやほかのディレクトリへのセッション(接続先)はタブで分けられて同じウィンドウ内で切り替えることができるので、複数のサイトやディレクトリが多いサイトを管理する場合にとても便利です。

現在のセッションと開いているディレクトリを「ワークスペース」に保存すれば、再起動時に同じ状態を復元して開くことができます。ワークスペースは自動的に保存するように設定できます。また、よく使用するローカルまたはリモートのディレクトリをブックマークに追加しておけば、ワンクリックで移動することができます。

簡単な転送操作と複数ファイルの同時転送

ファイルの転送は、WinSCP 内またはエクスプローラからのドラッグ&ドロップにも対応しています。転送やそのほかのファイル操作はツールバーのボタンのクリック、右クリックメニュー、キーボードショートカットで行なうことができるので使う人や状況に合った操作で実行できます。

WinSCP では、通常の転送方法以外に「バックグラウンド転送」でファイルをアップロードまたはダウンロードすることができます。バックグラウンド転送の利点は、ファイル転送中にほかの作業ができることと、複数のファイルを同時接続して転送ができることです。バックグラウンドで転送されるアイテムは「転送キューリスト」という場所に追加されて、転送の停止や再開、中止、速度制限をすることができます。

Windows との統合

WinSCP は Windows に統合した機能を持っているのも特徴です。通常のデスクトップアイコンのほかにサイトのデスクトップアイコンを作成することができて、そのアイコンをクリックするとサイトに接続した状態で WinSCP が開きます。また、アイコンへファイルをドラッグ&ドロップしたり、エクスプローラの右クリックメニューの「送る」からファイルをアップロードすることもできます。また、タスクバーの右クリックで表示されるジャンプリストから、サイトやワークスペースを開くことができます。

リモートまたはローカルの更新を監視してディレクトリの同期を自動化

ディレクトリ内の新しいファイルをまとめて更新したり、ローカルにバックアップしたいような場合には「同期」の機能を使って簡単に行うことができます。更新日時またはサイズが異なるファイルを「双方向」「ローカル→リモート」「リモート→ローカル」の方向で同期できます。ローカルとリモートに更新日時が異なる同じファイルがある場合、ファイルを転送せずにファイルのタイムスタンプをだけを同期することもできます。

リモートディレクトリを最新に保つには「ミラーリング アップロード」の機能を使うと便利です。設定したローカルディレクトリに変更があった場合に自動的にファイルをアップロードしてリモートに反映します。この機能はサブディレクトリを含んだディレクトリを同期することができます。反対にローカルを最新に保ちたい場合は「ローカルディレクトリを最新に保つ」機能が利用できます。
この機能はタイムスタンプが違うファイルは別のファイルとみなして削除と転送を行うので、上の「同期」機能でディレクトリを一度同期した後に使うことをおすすめします。

そのほかの機能

ファイルの編集では、内蔵されているテキストエディタのほかに複数の外部エディタを登録して、テキストファイルだけでなく画像などのファイルも WinSCP 上で編集できます。リモートのファイルを直接編集することもできるので、手っ取り早く編集したい場合に役に立ちます。

ほかには、リモートファイルの検索、SSH クライアントの PuTTY の実行、ファイルのアーカイブや削除などのカスタムコマンドの実行などの便利な機能があります。

ツールバーやローカルとリモートのパネルで使用しないボタンやバーは非表示にできるので、使い方に合わせてカスタマイズできます。

作業を楽にする FTP クライアントソフト

WinSCP はとても多機能な FTP クライアントなので初心者は敬遠しがちかもしれませんが、慣れて使い方を覚えていくほど便利に使えるので誰にでもおすすめしたいソフトです。FTP クライアントを使う作業を面倒に感じている人はきっと得すると思います。

ファイルはインストーラとポータブルの2種類あります。ポータブル版は Windows シェル拡張の機能が使えません。

機能

  • FTP・FTPS・SFTP・SCP・WebDAV・Amazon S3 プロトコルをサポート
  • ファイル操作(転送・編集・移動・複製・削除・名前の変更)
  • ファイル、ディレクトリ、リンクとショートカットの作成
  • 半自動または全自動でのディレクトリ同期
  • ファイルのタイムスタンプの同期
  • テキストエディタを内蔵
  • グラフィカル ユーザー インターフェイス
  • Windows に統合(ドラッグ&ドロップ・ショートカットアイコン・エクスプローラ)
  • バッチファイル スクリプトとコマンドラインインターフェイス
  • SSH のパスワード認証・ キーボードインタラクティブ認証・公開キーによる認証・ケルベロス認証をサポート
  • SSH での公開キー認証をフルサポート(PuTTY 認証エージェントを統合)

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Martin Prikryl
使用言語:日本語
最終更新日: 1週間前 (2020/11/21)
ダウンロード数:563

ダウンロード

WinSCP-5.17.9-Setup.exe installer 11 MB 288 ダウンロード
WinSCP-5.17.9-Portable.zip portable 9 MB 142 ダウンロード
jp.zip japanese language file 343 KB 133 ダウンロード

画像

使い方

使い方は次のページです。

コメント