ファイル管理 minch-yodaWindowsファイルタイムスタンプ変更フリーソフト

WinCopyPasteDates 1.2.3

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

ファイルの日付(更新日時)のコピー&ペーストを可能にするアプリ

WinCopyPasteDates
Windows のファイルのコンテキストメニューからファイルの日付(更新日時)をコピーして、ほかのファイルに貼り付け(適用)することができる Windows アプリケーション。

WinCopyPasteDates の概要

WinCopyPasteDates を使用すると、ファイルの日付をコピーして、ほかのファイルに適用できます。

WinCopyPasteDates の機能

WinCopyPasteDates の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 ファイルの日付をコピー/ペーストする
機能詳細 ・ファイルの日付(更新日時)をコピーする
・コピーしたファイルの日付をほかのファイルに適用する
ファイルのタイムスタンプをコピーペーストできます

WinCopyPasteDates

WinCopyPasteDates を使用すると、ファイルのコンテキストメニューからファイルの日付(更新日時)をコピーして、ほかのファイルに貼り付けてファイルの日付を変更することができます。

このアプリは、単一または複数のファイルの日付(タイムスタンプ)をかんたんな操作で(ファイルの右クリックメニューからコピーペーストして)変更したい場合に役に立ちます。

インストール方法はかんたんです

WinCopyPasteDates

WinCopyPasteDates をインストールするには、ダウンロードした「WinCPD_Install.bat」ファイルを管理者として実行する必要があります。

WinCopyPasteDates をアンインストールしたい場合は、同梱されている「WinCPD_Unistall.reg」ファイルをダブルクリックして実行すればアンインストールできます。

便利な項目をコンテキストメニューに追加します

WinCopyPasteDates は、ファイルの日付をコピーして貼り付けることができる 2 つのコンテキストメニュー項目を追加するオープンソースのスクリプトです。ファイルの更新日時をほかのファイルに同じように適用したい場合に役に立ちます。

機能

  • ファイルの日付(更新日時)をコピーする
  • コピーしたファイルの日付をほかのファイルに適用する

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 10|11
メーカー:minch-yoda
使用言語:英語
最終更新日: 2年前 (2022/06/09)
ダウンロード数:173

ダウンロード

main.zip 173 ダウンロード

画像

WinCopyPasteDates

インストール

WinCopyPasteDates

データのコピー

WinCopyPasteDates

データの貼り付け

WinCopyPasteDates

アンインストール

使い方

インストール

1.インストール方法
  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「WinCPD_Install.bat」ファイルを管理者として実行するとインストールできます。

WinCopyPasteDates

 

2.アンインストール方法
  • WinCPD_Unistall.reg」ファイルをダブルクリックして実行します。

WinCopyPasteDates

基本的な使い方

1. 基本的な使い方

WinCopyPasteDates のインストールが完了すると、ファイルのコンテキストメニューに「Dates COPY」と「Dates PASTE」の項目が追加されます。

  • Dates COPY」を選択すると、ファイルの日付(更新日時)をコピーできます。
  • Dates PASTE」を選択すると、コピーしたファイルの日付をファイルに適用できます。

WinCopyPasteDates

よくある質問と回答

ライセンスについて。

WinCopyPasteDates は、どなたでも無料で使用できます。

ユーザーレビュー

2023-08-16

Dates COPY、Dates PASTE どちらもクリックするとそのファイルに関連付けられたアプリが起動します。

なのでタイムスタンプをどうこうする以前の問題で使えません。

ばっちぐー
2023-02-22

CopyDates.bat、PasteDates.batの内部記述ですが、robocopy 指定パラメータのうち「/DCOPY:X」がエラーとなり想定外の動作を引き起こします。

robocopyのバージョンに依存する記述かも知れませんが、意図としては「/DCOPY:T」で良いのではないでしょうか?ご検討願います。

iwayama


ファイル管理
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ