Windows そのほか ResplendenceWindowsフリーソフト

WhoCrashed 7.0.5

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

Windows のクラッシュの原因を特定できるツール

WhoCrashed
システムがクラッシュしてエラー画面(ブルースクリーン/BSOD)が表示された場合に、クラッシュの原因を調べることができる Windows クラッシュダンプ分析ツール。

WhoCrashed の概要

WhoCrashed は、コンピューターのクラッシュの原因となったドライバ(など)を特定して明らかにすることができるアプリケーションです。

WhoCrashed の機能

WhoCrashed の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 クラッシュの原因調査
機能詳細 ・クラッシュダンプの分析
・レポートの表示
ブルースクリーン/ブラックスクリーンの原因を特定します

WhoCrashed

WhoCrashed は、コンピュータがクラッシュして黒や青のエラー画面(ブルースクリーン/BSOD)が表示された場合に、ワンクリックでエラーの原因を特定できるツールです。

このツールは、エラー発生時に Windows システム内に生成されたクラッシュダンプファイルを分析して、エラーの原因になったデバイスドライバやハードウェアなどの情報を表示します。

使い方はかんたんです

WhoCrashed

WhoCrashed の使い方はかんたんで、「Analyze」ボタンをクリックするだけで、システムをスキャンしてクラッシュの原因となったレポートを表示します。

コンピュータがクラッシュして青または黒の画面が表示された場合や、コンピュータが予期せずリセットまたはシャットダウンした場合に、WhoCrashed を実行してください。

クラッシュの原因を調査できる便利なツール

WhoCrashed は、コンピュータがクラッシュしたり、コンピュータが予期せずシャットダウン(再起動)した場合に原因を特定できる便利なトラブルシューティングツールです。

機能

  • Windows クラッシュダンプの分析
  • 分析レポートの表示

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10|11
メーカー:Resplendence
使用言語:英語
最終更新日: 1年前 (2023/01/09)
ダウンロード数:164

ダウンロード

whocrashedSetup.exe 12.94 MB 164 ダウンロード

画像

WhoCrashed

ユーザーインターフェース

WhoCrashed

分析結果の表示

WhoCrashed

オプション(Main)

WhoCrashed

オプション(Directories)

使い方

インストール

1.インストール方法
  • インストーラを実行するとセットアップウィザードが開始します。[Next]をクリックします。

WhoCrashed

 

  • ライセンスが表示されます。「I accept the agreement」を選択して[Next]をクリックします。

WhoCrashed

 

  • インストール先を確認して[Next]をクリックします。

WhoCrashed

 

  • スタートメニューに作成するショートカットの設定を確認して[Next]をクリックします。

WhoCrashed

 

  • 追加のタスクを設定して[Next]をクリックします。

WhoCrashed

 

  • インストールの準備ができました。[Install]をクリックしてインストールを開始します。

WhoCrashed

 

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

WhoCrashed

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  • ツールバーの[Analyze]ボタンをクリックすると、クラッシュダンプファイルのスキャンが開始します。

WhoCrashed

 

  • スキャンが完了すると、ページの下部の「Crash Dump Analysis」部分に分析結果が表示されます。

WhoCrashed

 

2.オプション

ツールバーの「Options」をクリックすると、アプリの設定ができます。

  • Main」では、アプリの全般的な設定ができます。

WhoCrashed

Stop Windows from deleting memory dump files (AlwaysKeepMemoryDump):Windows によるメモリダンプファイルの削除を停止する
Display crash dump timestamps in local time instead of GMT:クラッシュダンプのタイムスタンプを GMT ではなくローカル時間で表示する
Sort order of dump reports:ダンプレポートの並べ替え順序
Maximum number of displayed analysis reports: (0 = no llimit):表示する分析レポートの最大数(0 = 制限なし)
Also limit number of displayed reports when analyzing directories or remote shares:ディレクトリまたはリモート共有を分析するときに表示されるレポートの数も制限する

 

  • Directories」では、クラッシュダンプのディレクトリを設定できます。

WhoCrashed

よくある質問と回答

ライセンスについて。

WhoCrashed は、ホームユーザーに限り無料で利用できます。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



Windows そのほか
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ