インターネットそのほかLinuxMartin HalleWeb ページ監視Windowsフリーソフト

WebChangeMonitor 22.12

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

複数の Web ページの更新をチェックして通知を表示するソフト

WebChangeMonitor

複数の Web サイトのページの更新を自動でチェックするプログラム。定期的に Web ページをチェックして、ページの内容に変更があった場合に通知を表示します。フィルタで無視する内容を設定したり、更新をチェックする間隔を自由に設定できます。

WebChangeMonitor の概要

WebChangeMonitor は、多数の Webページ を監視して、Web ページのコンテンツの変更を追跡するプログラムです。HTTP や HTTPS を含むいくつかのプロトコルを監視でき、外部の比較ツールを使用して違いを表示して記録できます。

WebChangeMonitor の機能

WebChangeMonitor の主な機能は次のとおりです。

機能概要
Web ページの監視・複数の Web ページのコンテンツを監視
更新の設定・チェックする URL とダブルクリック時に開く URL を指定
・チェックするコンテンツの範囲を指定
・更新時にコマンドを実行
・チェックする間隔を指定
・無視するパターンを指定
オプション・外部の Diff ツール(比較ツール)を使用してコンテンツを比較
・CSV ファイルにエクスポート/インポート
自動で複数の Web ページの更新をチェック

WebChangeMonitor

WebChangeMonitor は、「日/時/分」単位で設定した間隔でページの更新を自動的にチェックします。更新をチェックする間隔は、全体またはページことに設定できます。もちろん手動でチェックも可能です。

更新があったサイトのページは ★ 付きのラベルで表示され、ダブルクリックでページを開いたり、ページのソースを見ることができます。

アイテムごとに詳細設定が可能

WebChangeMonitor

チェックするアイテムは、チェックするアドレスとページを開くアドレスを別に設定可能で、アイテムには好みの名前や説明を付けることができます。

ページ内のチェックする範囲を指定することができるので、間違いなく更新を確認することができ、更新があった場合にコマンドを実行したり音を鳴らすこともできます。

全体の設定とデータの比較

全体の設定でも更新をチェックする間隔やコマンドの実行、サウンドを鳴らす設定ができますが、アイテムで設定されている場合はそちらが優先されます。「WinMerge」などの外部の比較ツールを使用すると、ページの更新を古いデータと比較して変更があった箇所を表示できます。

Web ページの更新をすばやくもれなくチェック

WebChangeMonitor は、お気に入りなどのページの最新情報を常に監視して、更新情報をすばやく確認したい場合に役に立つユーティリティです。ポータブルなアプリケーションなのでインストール不要で使用できます。

機能

  • Web ページを監視して更新を通知
  • http / https などのプロトコルをサポート
  • フィルター(無視するコンテンツ)オプション
  • 監視するアイテムの一括インポートと一括エクスポート
  • 更新があった時にコマンドを実行
  • diff(ファイル比較ツール:外部)を使用してコンテンツの変更を比較して

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10・Linux
メーカー:Martin Halle
使用言語:英語
最終更新日: 1か月前 (2023/01/04)
ダウンロード数:202

ダウンロード

WebChangeMonitor_22_12-32bit.zip windows (32 bit) 7.81 MB 64 ダウンロード
WebChangeMonitor_22_12-64bit.zip windows (64 bit) 8.79 MB 62 ダウンロード
WebChangeMonitor_22_12.zip linux 2.64 MB 46 ダウンロード

画像

WebChangeMonitor

メイン画面

WebChangeMonitor

アイテムの追加画面

使い方

インストール

1.インストール

WebChangeMonitor はインストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍して、「WebChangeMonitor.exe」ファイルを実行するとアプリを起動できます。

WebChangeMonitor

クイックスタートガイド

1.新しいアイテム(アドレス)を追加する
  1. ツールバーの緑のボタンまたは「Items」>「Add」をクリックします。

WebChangeMonitor

 

追加/編集画面が開きます。

  • 画像の下の説明を参考に必要事項を入力します。最低限 URL を入力すればチェックすることができます。

WebChangeMonitor

Item’s address:チェックする URL
From Clipboard:クリップボードから貼り付ける
Item’s alternative address (to open on double click):ダブルクリック時に別の URL を開く場合は入力します
Item’s description:アイテムの説明(サイト名やページ名など)
Item’s settings
Specify Content:ページの内容の範囲を指定することができます
Strip whitespaces:空白を無視する
Apply global ignores: global-ignores を設定する
Issue no command on update:更新時にコマンドを使用しない(使用する場合はドロップダウンから選択)
Play no sound on update Interval between checks:チェック時に音を鳴らさない(音を鳴らす場合はドロップダウンから選択)
Interval between checks:チェック間隔
Use individual settings (global settings otherwise) :この設定を有効にするとこのアイテムのみのチェック間隔を指定できます。無効な場合は全般設定の更新間隔でアイテムはチェックされます

 

  • アイテムが追加されるとウィンドウにリストされます。

WebChangeMonitor

 

2.更新をチェックする
デフォルトでは 1 日間隔ですべてのアイテムのアドレスの更新がチェックされます(設定で変更できます)。
  • 更新されたアイテムは黄色と赤の ★ のラベルで表示されます。
  • ダブルクリックでページを開くことができます。
  • ページを開かない場合は、右クリックの「Cancel state」でラベルを元に戻すと良いでしょう。

WebChangeMonitor

3.右クリックメニュー
  • アイテムの右クリックメニューから、アイテムのチェックや編集、無効化などができます。

WebChangeMonitor

Info:アイテムのプロパティを開く
Check now:今すぐチェックする
Disabled:無効にする
Compare:比較する
Item Content:アイテム(ページ)の内容を表示する
Cancel state:キャンセルする(ラベルを通常状態に戻す)
Add:アイテムを追加
Edit:アイテムを編集
Remove:アイテムを削除
Insert copy:アイテムを複製する

 

4.ツールバー
  • ツールバーのボタンの説明です。

 

5.トレイアイコン

WebChangeMonitor

Check All:全てのアイテムをチェックする
Stop All:チェックを停止する
Open all updated:すべての更新したアイテムをブラウザで開く
Open all bloken:すべての壊れているアイテムをブラウザで開く
Hide application:アプリケーションウィンドウを非表示にする
About:バージョン情報などを表示する
Quit:終了する

設定

メニューの「Tool」>「Configuration」を選択すると、アプリケーションの設定画面を開くことができます。

1.Check
  • Check」では、全てのアイテムをチェックする間隔を調整できます。

WebChangeMonitor

Enable timer interval checks Minutes:タイマーを使用してチェックを有効にする
Enable delay after start-up before first check Delay (mins):最初のチェックまでの遅延を有効にする

 

2.Files/Folders
  • Files/Folders」では、比較のコマンドを使用するプログラムと、プログラムの一時フォルダを指定できます。

WebChangeMonitor

 

3Signaling
  • Signaling」では、更新時に実行するコマンドと、鳴らす音を指定できます。

WebChangeMonitor

 

4.Misc
  • Misc」では、画面の表示やスタートアップなどを設定できます。

WebChangeMonitor

Misc
Proxy (server.port):プロキシを使用する(アドレス:ポート)
Minimise / Hide on startup:Windows 起動時に最小化して実行
Hide on minimise:最小化時に隠す
Show toolbar:ツールバーを表示する
Show tool tips in tray Shutdown on presence of “WebChangeMonitor kill” file:「WebChangeMonitor kill」ファイルが存在する場合、トレイのシャットダウンにツールチップを表示する
Make regular backups of config files (daily basis):設定ファイルを定期的にバックアップする(毎日)

 

5.Ignores
  • Ignores」では、全体で無視するコンテンツを設定できます。個別に無視をする場合はアイテムの編集画面からできます。

WebChangeMonitor

よくある質問と回答

Linux や Mac で使用するには?

Linux または Mac で使用する場合は、作者のページから Linux 版をダウンロードして自分でコンパイルする必要があります。