ファイル圧縮・解凍 LinuxURiKiRE!Windowsフリーソフト実行ファイル圧縮

UPX 日本語 Frontend 0.44

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

実行ファイルを圧縮する「UPX」の日本語フロントエンド

UPX 日本語 Frontend
Windows プログラム(EXE や DLL)、macOS アプリ、Linux 実行可能ファイルなどのさまざまな実行可能ファイルを圧縮してファイルサイズを小さくすることができる UPX の日本語版フロントエンド。

UPX 日本語 Frontend の概要

UPX 日本語 Frontend は、「UPX (Ultimate Packer for eXecutables)」を GUI で利用可能にしたフロントエンドです。

UPX 日本語 Frontend の機能

UPX 日本語 Frontend の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 実行可能ファイルを圧縮する
機能詳細 ・単一または複数のファイルの圧縮/圧縮解除が可能
・圧縮済みテストを行うこともできます
・Windows プログラムと DLL、macOS アプリ、Linux 実行可能ファイルなど、さまざまな実行可能形式をサポート
実行可能ファイルを圧縮できます

UPX 日本語 Frontend

UPX 日本語 Frontend は、Windows プログラム(EXE や DLL)、macOS アプリ、Linux 実行可能ファイルなどのさまざまな実行可能ファイルを圧縮してファイルサイズを小さくすることができる実行ファイル圧縮プログラム「UPX」の Windows 用の日本語フロントエンドです。

UPXを使用すると、プログラムと DLL のファイル サイズを約 50% ~ 70% 縮小することができます。

複数のファイルを一括して圧縮することもできます

UPX 日本語 Frontend

UPX 日本語 Frontend を使用すると、単一ファイルだけでなく複数のファイルも一括して圧縮/圧縮解除することができます。UPX で圧縮済みのファイルをテストすることもできます。

このアプリを使用すると、ディスクスペースやネットワークのロード時間、ダウンロード時間、およびそのほかの配布にかかる時間やストレージのコストなどを削減できます。

実行ファイルを圧縮することができるツール

UPX 日本語 Frontend は、実行可能ファイルを圧縮して、実行可能なままファイルサイズを小さくすることができるコマンドラインツール「UPX」の使いやすいフロントエンドです。同梱されている「UPX.exe」のバージョンが古い場合は、新しいバージョンと入れ替えることをおすすめします。

機能

  • 実行可能ファイルの圧縮
  • 単一または複数のファイルの圧縮/圧縮解除が可能
  • 圧縮済みテストを行うこともできます
  • Windows プログラムと DLL、macOS アプリ、Linux 実行可能ファイルなど、さまざまな実行可能形式をサポート

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10|11
メーカー:URiKiRE!
使用言語:日本語
最終更新日: 2年前 (2022/11/06)
ダウンロード数:243

ダウンロード

upxf044.lzh 429.80 KB 243 ダウンロード

画像

UPX 日本語 Frontend

ユーザーインターフェース

UPX 日本語 Frontend

ファイルの選択

UPX 日本語 Frontend

処理完了

UPX 日本語 Frontend

実行結果

使い方

インストール

1.インストール方法
  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「UPXF.exe」ファイルを実行するとアプリケーションを使用できます。
  • アプリケーションを実行すると、「UPX実行ファイルの場所を自動設定しました。」と表示されるので、[OK]をクリックします。

UPX 日本語 Frontend

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  1. ファイル選択モードを選択します。
  2. 圧縮(または圧縮解除)したいファイルを選択します。
  3. 圧縮率を設定します。
  4. モードを設定します。
  5. 必要に応じてそのほかの設定をします。
  6. 処理開始]ボタンをクリックすると、処理が開始します。

UPX 日本語 Frontend

 

  • 処理が完了すると、実行結果が表示されます。

UPX 日本語 Frontend

よくある質問と回答

ライセンスについて。

UPX 日本語 Frontend は、どなたでも無料で使用できます。