テキストエディタ Lasse Markus Rautiainen Windows テキストエディタ フリーソフト

Text Editor Pro 10.3.0

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

80 以上の言語に対応しているテキスト/ソースコードエディタ

Text Editor Pro

80 を超える複数の言語とスクリプトの構文強調表示サポートする、Windows 用の強力なテキスト編集ツールです。 C++, COBOL, DOT Graph Drawing, DSP, DWScript, Fortran, Foxpro, Java, Perl, Python, Ruby, SQL などのあらゆるプログラミング言語に対応しています。

Text Editor Pro の概要

Text Editor Pro は、カスタマイズ用の100を超えるオプション、100を超える既製のスキン、Unicode文字マップ、数値単位変換ツール、SQL形式、および複数のディレクトリと検索結果のサポートへのアクセスを提供します。

Text Editor Pro の機能

Text Editor Pro は、以下のプログラミング言語に対応しています。

ABAP, ActionScript, ASP, Assembler (6502 / 68HC11), AutoIt v3, AWK, Bash, C, C#, C++, CoffeeScript, CSS, D, Delphi Form Module, Diff, Eiffel, Erlang, F#, Free pascal, FreeBASIC, GDScript, GLSL, Go, Gravity, Groovy, HTML with Scripts, INI, Inno Setup, Java, JavaScript, JSON, Julia, Kotlin, Latex, Lisp, Lua, Markdown, MATLAB, MIME, MS-DOS Batch, Object Pascal, Objective-C, OCaml, Perl, PHP, PowerShell, Python, R, Ruby, Rust, Scala, SQL – Firebird, SQL – InterBase, SQL – MariaDB, SQL – MySQL, SQL – Orade, SQL – PostgreSQL, SQL – SQLite, SQL – Standard, SQL – Sybase, SQL – Transact ,Swift, TelTk, Text, TypeScript, UnrealScript, Visual Basic, Visual FoxPro, XML, XSL, YAML
多くの種類のプログラミング言語に対応

Text Editor Pro は、シングルペイン・2ペイン・3ペインの画面でテキストを開くことができるテキストエディタです。言語は自動で判断されて構文は自動で強調表示されるので、コードが見やすく、すぐに編集を開始できます。

言語または外観のスキンは画面右上のドロップダウンメニューから選択可能です。

使いやすいテキストエディタ

Text Editor Pro は、使いやすく便利なテキスト/ソースコードエディタです。多種のプログラミング言語に対応しているのと、きれいな GUI なのが特徴です。

機能

  • プログラミング言語とスクリプトの構文強調表示サポート
  • マルチキャレットおよび同期編集
  • コード/テキストの折りたたみ
  • 100 以上のカスタマイズオプション
  • 100 以上の既製スキン
  • 文字マップ
  • 数値単位変換ツール
  • テキスト比較
  • JSONを備えた強力なテキスト編集ツール
  • SQL / XMLフォーマッタ
  • 複数のディレクトリと検索結果のサポート

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10
使用言語:日本語・英語ほか
最終更新日: 3週間前 (2020/10/11)
ダウンロード数:37

ダウンロード

TextEditorPro32.exe 32 bit (installer) 6 ダウンロード
TextEditorPro32.zip 32 bit (portable) 4 ダウンロード
TextEditorPro64.exe 64 bit (installer) 8 ダウンロード
TextEditorPro64.zip 64 bit (portable) 19 ダウンロード

画像

Text Editor Pro

メインウィンドウ

2 ペイン表示

使い方

使い方は次のページです。

コメント