ネットワークNir SoferWindowsネットワーク監視フリーソフト

TCPConnectProblemView 1.04

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

宛先サーバーからの応答がない TCP 接続の情報を表示するツール

TCPConnectProblemView
コンピュータ上の TCP 接続を監視し、サーバーから応答がない場合にデータを収集して表示する Windows 用のネットワークツール。このツールを使用すると、ホストコンピュータまたはリモートサーバーの問題を診断し、データを保存できます。

TCPConnectProblemView の概要

TCPConnectProblemView は、システム上の TCP 接続を監視し、ソフトウェアが TCP 接続を開始しようとしてサーバーからの応答がない場合にアラートを表示する Windows 用のツールです。

TCPConnectProblemView の機能

TCPConnectProblemView の主な機能です。

機能概要
メイン機能サーバーからの応答がない場合にアラートを表示する
機能詳細・応答がない TCP 接続の詳細情報を表示
・サーバーから応答のない TCP ソケットを自動的に閉じる
・表示されているデータをコピー
・HTML レポートの表示
・データをテキストファイルに保存
応答がない TCP 接続の情報を表示します

TCPConnectProblemView

TCPConnectProblemView は、コンピュータの TCP 接続を監視して、サーバーからの応答がない場合に、問題の TCP 接続の詳細を表示するアプリケーションです。

応答がない TCP 接続の情報を一覧表示し、プロセス名、プロセスID、検出日(日付/時刻)、ローカルポート、ローカルIP、リモートポート、リモートIP、リモートホストといった情報を確認できます。

表示されている情報はコピーしたりファイルに保存できます

TCPConnectProblemView

TCPConnectProblemView では、表示されているすべての情報や、選択した行の情報をテキストファイル(TXT、JSON、CSV、HTML、XML)に保存することができます。また、HTML のレポートを作成して、ブラウザで見ることもできます。

また、選択した行のデータをクリップボードにコピーして、Excel やスプレッドシートに貼り付けたりすることもできます。

TCP 接続を監視してエラー情報を収集するツール

TCPConnectProblemView は、PC のインターネット接続を監視し、宛先からの応答がない場合にアラートを表示し、詳細を確認できるアプリケーションです。TCP 接続をテストしたり、TCP 接続の問題をトラブルシューティングしたい場合に役に立ちます。

機能

  • サーバーからの応答がない場合にアラートを表示する
  • プロセス名、プロセスID、検出日(日付/時刻)、ローカルポート、ローカルIP、リモートポート、リモートIP、リモートホストなどの情報を表示
  • 検索
  • HTML レポートの表示
  • 表示されている内容をテキストファイル(TXT、JSON、CSV、HTML、XML)に保存
  • 表示されている内容をクリップボードにコピー

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10|11
メーカー:Nir Sofer
使用言語:英語
最終更新日: 1か月前 (2022/05/24)
ダウンロード数:26

ダウンロード

tcpconnectproblemview.zip 63 KB 26 ダウンロード

画像

TCPConnectProblemView

ユーザーインターフェース

TCPConnectProblemView

表示する列の選択

TCPConnectProblemView

右クリックメニュー

TCPConnectProblemView

「File」メニュー

TCPConnectProblemView

「View」メニュー

TCPConnectProblemView

「Options」メニュー

使い方

インストール

1.インストール方法

TCPConnectProblemView は、インストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「TCPConnectProblemView.exe」ファイルを実行するとアプリケーションを使用できます。

TCPConnectProblemView

基本的な使い方

1.応答が無い TCP 接続を表示する

TCPConnectProblemView を起動した後、サーバーからの応答がない TCP 接続が検出された場合、アラートが表示されます。

  • テーブルには、プロセスごとに各列に詳細情報が表示されます。

TCPConnectProblemView

Process Name:プロセス名
Process ID:プロセス ID
Detected On:検出された日時
Local IP:ローカル IP アドレス
Remote IP:リモート IP アドレス
Remote Host:リモートホスト名
Remote Port:リモートポート番号
Wait Time:待ち時間
Final Result:結果
Process Path:プロセスの場所

 

2.表示する列をカスタマイズする
  • View」>「Choose Columns」を選択すると、表示する列を選択したり、列の幅を調整できます。

TCPConnectProblemView

メニュー

1.右クリックメニュー

TCPConnectProblemView

Close Selected Items:選択した項目の接続を閉じる
・Save Selected Items :選択した行をファイルに保存する
Copy Selected Items:選択した行をクリップボードにコピーする
Choose Columns:表示する列をカスタマイズする
Auto Size Columns:列の幅を自動調整する
Properties:プロパティを表示する
Refresh:表示を更新する

 

2.File メニュー

TCPConnectProblemView

Close Selected Items:選択した項目の接続を閉じる
Save Selected Items :選択した行をファイルに保存する
Properties:プロパティを表示する
Clear All:テーブルをクリアする
Exit:終了する

 

3.Edit メニュー

TCPConnectProblemView

Find:文字列で検索する
Copy Selected Items:選択した行をクリップボードにコピーする
Select All:すべて選択する
Deselect All:すべての選択を解除する

 

4.View メニュー

TCPConnectProblemView

Show Grid Lines:グリッド戦を表示する
Show Tooltips:ツールチップを表示する
Mark Odd/Even Rows:行に背景色を追加する
HTML Report – All items:すべての行の HTML レポートを表示する
HTML Report – Selected Items:選択した行の HTML レポートを表示する
Choose Columns:表示する列をカスタマイズする
Auto Size Columns:列の幅を自動調整する
Auto Size Columns+Headers:列と見出しの幅を自動調整する

 

5.Options メニュー

TCPConnectProblemView

Automatically Close All Items:すべての接続を自動で閉じる
Show Time In GMT:時間をグリニッジ標準時間(GMT)で表示する
Put Icon On Tray:トレイアイコンを表示する
Show Tray Ballon On New Alert:新しいアラートをバルーンヒントで表示する

よくある質問と回答

ライセンスについて。

TCPConnectProblemView は、どなたでも無料で使用できます。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



ネットワーク
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ