レジストリSordumWindowsフリーソフトレジストリ検索

Registry Key Jumper 1.3

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

レジストリキーのリストを作成したり、ホットキーで目的のレジストリを開くことができるツール

Registry Key Jumper

レジストリキーの場所をホットキーや右クリックからレジストリエディタで開いたり、よく使用するレジストリキーのリストを作成することができるレジストリナビゲーションツール。レジストリの編集などをよく行う人に便利なツールです。

Registry Key Jumper の概要

Registry Key Jumper は、目的のレジストリキーを簡単に開くことができる機能を Windows に追加するツールです。お気に入りのレジストリキーの場所のリストを作成したり、Web ページのレジストリの場所のテキストを選択またはコピーしてレジストリエディタで開くことができます。

Registry Key Jumper の機能

Registry Key Jumper

Registry Key Jumper の便利な機能のひとつは、ホットキーでレジストリの場所を開くことです。Web ページやドキュメント上のレジストリキーの場所を選択またはコピーして「Ctrl+Alt+X」キーを押すと、そのキーをレジストリエディタで開くことができます。

カッコやスペースなどの余分な文字を一緒に選択・コピーしてもキーの場所を開くことができます。

お気に入りのキーをリストに保存

Registry Key Jumper では、頻繁に使用するお気に入りのキーのリストを作成できるので、レジストリの編集やカスタマイズを行うユーザーの作業を楽にします。

新しいキーをリストに追加できるほか、クリップボードにコピーしたキーをリストに追加したり、レジストリエディタで表示中のキーをリストに追加できます。

右クリックメニューやショートカットからキーを開く

Registry Key Jumper

オプションで設定を有効にすると、Windows のコンテキストメニューに「コピーしたレジストリキーへジャンプ」という項目を追加することができます。

ほかに、レジストリキーをレジストリエディタで開くショートカットアイコンを作成するなどの、すばやくキーにアクセスできる機能が利用できます。

作業効率をアップするレジストリキー管理ツール

Registry Key Jumper は、レジストリエディタを使用するユーザーに便利な一連の機能が揃っているツールです。ほかには、リストを HTML ファイルに保存したり、HKLM ↔ HKCR 間の移動、キーを Google 検索などの機能があります。

機能

  • レジストリキーのリストの作成
  • コピー・選択したレジストリキーをレジストリエディタで開く
  • レジストリキーを開くショートカットを作成
  • キーのリストを HTML ファイルに保存
  • コンテキストメニューに追加
  • リストのエクスポート・インポート

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Sordum.org
使用言語:日本語ほかマルチ言語
最終更新日: 2年前 (2019/11/14)
ダウンロード数:38

ダウンロード

RegJump.zip 962 KB 38 ダウンロード

画像

Registry Key Jumper

インターフェース(キーのリスト)

Registry Key Jumper

リストを HTML ファイルに保存

使い方

インストール

1.起動

Registry Key Jumper はポータブルアプリケーションなのでインストールは必要ありません。

  • ダウンロードした Zip ファイルを解凍して「RegJump.exe(32 ビット)」または「RegJump_x64.exe(64 ビット)」を実行するとアプリケーションを起動できます。

Registry Key Jumper

 

2.システムトレイ

Registry Key Jumper を起動するとシステムトレイに常駐します。

  • トレイアイコンの右クリックから各操作ができます。

Registry Key Jumper

ウィンドウを表示:Registry Key Jumper のウィンドウをを開く
その他:作者の Web サイトを開く / バージョン情報を表示する
クリップボード内のキーへジャンプ:コピー中のキーをレジストリエディタで開く
HKCR 配下の同名キーへジャンプ:HKEY_CURRENT_USER の同じキーに移動する
HKLM 配下の同名キーへジャンプ:HKEY_LOCAL_MACHINE の同じキーに移動する
レジストリエディタで表示中のキーをリストへ登録:現在表示中のキーの場所を Registry Key Jumper に追加する
ジャンプリストのメニュー項目:Registry Key Jumper に登録されているキーの場所にジャンプする
完全終了:Registry Key Jumper を終了する

キーをレジストリエディタで開く

1.選択したキーをレジストリエディタで開く
  • Web ページやドキュメントのレジストリキーを選択して「Ctrl + Alt + X」キーを押すと、レジストリエディタでレジストリキーの場所を開くことができます。

Registry Key Jumper

・テスト用:[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionRunOnce] ※ 正確にキーを選択しなくても開くことができます。

 

2.コピーしたキーをレジストリエディタで開く

以下の複数の方法で、クリップボードにコピーしたキーをレジストリエディタで開くことができます。

  • Ctrl + Alt + X」キーを押す。
  • トレイアイコンの右クリックメニューの「クリップボード内のキーへジャンプ」を選択。
  • エクスプローラのコンテキストメニューの「コピーしたレジストリキーへジャンプ」を選択。

・エクスプローラのコンテキストメニューを使うには、「オプション」の「右クリックメニューへ追加」から追加する必要があります。
・テスト用:[HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionScheduleTaskCache] ※ 正確にキーを選択しなくても開くことができます。

 

3.インターフェースから開く

Registry Key Jumper には最初からよく使用される複数のキーが登録されています。もちろん新しいキーを追加することができます。

  • レジストリキーの行をダブルクリックするか、右下の「Jump」ボタンをクリックすると、選択したレジストリキーをレジストリエディタで開くことができます。

Registry Key Jumper

キーをリストに追加する

1.レジストリキーをリストに追加する
  • クリップボードにコピーしたキーを Registry Key Jumper のリストに追加する場合は、右クリックメニューまたは「編集」メニューの「キーをリストへ貼り付け」を選択します。
  • レジストリエディタで表示中のキーを Registry Key Jumper のリストに追加する場合は、右クリックメニューまたは「編集」メニューまたはトレイアイコンのメニューの「レジストリエディタで表示中のキーをリストへ登録」を選択します。

Registry Key Jumper

 

2.キーを新規追加する・編集する
  • 新しいキーを Registry Key Jumper のリストに追加する場合は、右クリックメニューまたは「編集」メニューの「新規キー項目をリストへ追加」を選択します。
  • リストのキーは下のフィールドを使って編集できます。

メニュー

1.ファイルメニュー

Registry Key Jumper

 

リストファイルを開く:保存したリストファイルを開く
現在のリストを保存:キーをリストファイルに保存する
HTML 形式で保存:キーのリストを HTML ファイルに保存する
タスクトレイに最小化:最小化する
ウィンドウを閉じた時にトレイに最小化:「×」をクリックした時に終了せずに最小化する
終了:Registry Key Jumper を終了する

 

2.編集メニュー

Registry Key Jumper

選択キーをレジストリエディタで開く
新規キー項目をリストへ追加:新しいキー(空白)をリストへ追加する
レジストリエディタで表示中のキーをリストへ登録
キーをリストへ貼り付け:コピーしているキーをリストに追加
選択項目を削除
重複したキーを削除:リスト上の同じキーをひとつ残して削除する
すべて選択:キーをすべて選択する
選択したキーをコピー:キーをクリップボードにコピーする
選択したキーを Google 検索
デスクトップに選択キーへのショートカットを作成:キーをレジストリエディタで開くショートカットをデスクトップに作成する

 

3.オプションメニュー

Registry Key Jumper

高度な設定:レジストリエディタやホットキーなどの設定を変更する
常に手前に表示:ほかのウィンドウの上に表示
表の枠線を表示:リストに境界線を表示
起動時にウィンドウを表示しない:起動時にウィンドウを非表示にする
ジャンプ時にトレイへ最小化する:レジストリエディタを開いた時に最小化する
最新のキーをリストへ追加する:開いたキーをリストに自動的に追加する
右クリックメニューへ追加:コンテキストメニューにコピーしたキーを開く項目を追加する
Languages:言語を変更する
レジストリエディタを起動:レジストリエディタを開く

 

  • 高度な設定」では、使用するレジストリエディタとクラス名、レジストリキーへジャンプするホットキーを変更できます。

Registry Key Jumper

4.ヘルプメニュー

Registry Key Jumper

寄付サイトへ:寄付のページを開く
お問い合わせ:コンタクトのページを開く
作者サイトへ:ホームページを開く
このソフトについて:バージョン情報や作者の情報を表示

 

5.右クリックメニュー
  • 右クリックメニューの内容は「編集」メニューと同じです。

Registry Key Jumper

選択キーをレジストリエディタで開く
新規キー項目をリストへ追加:新しいキー(空白)をリストへ追加する
レジストリエディタで表示中のキーをリストへ登録
キーをリストへ貼り付け:コピーしているキーをリストに追加
選択項目を削除
重複したキーを削除:リスト上の同じキーをひとつ残して削除する
すべて選択:キーをすべて選択する
選択したキーをコピー:キーをクリップボードにコピーする
選択したキーを Google 検索
デスクトップに選択キーへのショートカットを作成:キーをレジストリエディタで開くショートカットをデスクトップに作成する

そのほかの機能

1.リストをファイルに保存する

Registry Key Jumper のキーのリストをバックアップする方法です。

  • ファイル」メニューの「現在のリストを保存」を選択するとリストをファイルに保存できます。

・リストを Registry Key Jumper にインポートするには、「ファイル」メニューの「リストファイルを開く」を使用します。

 

2.リストを HTML ファイルに保存する

ファイル」メニューの「HTML 形式で保存」を選択すると、レジストリキーのリストをHTMLファイルに保存できます。

  • キーのリストは、レジストリエディタで開くことができるリンクで表示されます。

Registry Key Jumper

 

3.キーを開くショートカットを作成する
  • キーを選択し、右クリックまたは「編集」メニューの「デスクトップに選択キーへのショートカットを作成」を選択すると、デスクトップにレジストリキーを開くショートカットが作成されます

 

4.コンテキストメニューにキーへジャンプする項目を追加する
  • 「オプション」メニューの「右クリックメニューへ追加」>「デスクトップを右クリック時」または「マイコンピュータを右クリック時」を選択します。

Registry Key Jumper

 

  • エクスプローラまたはマイコンピュータのコンテキストメニューに「コピーしたレジストリキーへジャンプ」の項目が追加されます。

Registry Key Jumper

・コンテキストメニューの項目を削除するには、「すべて登録解除」を選択します。

よくある質問と回答

32 bit と 64 bit の違いは?

「RegJump.exe」は x86 システム向け、「RegJump_x64.exe」は x64 システム向けです。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



レジストリ
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ