マルチメディアプレーヤー Android Linux Mac mpv Windows フリーソフト 動画再生

mpv player 0.32.0 / 20201025 nightly

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

Linux ユーザーに人気のクロスプラットフォームのメディアプレーヤー

mpv

コーデックを追加する必要なく幅広いフォーマットの動画ファイルや YouTube、TV の再生に対応しているフリーのマルチメディアプレーヤー。シンプルなユーザーインターフェースが特徴で、Windows のほか Mac や Linux、Android で使用できます。

mpv の概要

mpv player は、MPlayer と mplayer2 から派生したメディアプレーヤーで、OSC というシンプルで最低限のユーザーインターフェイスを備えているのが特徴です。基本的な再生や一時停止、シークやミュートの操作はマウスで行い、そのほかの操作はキーボードで行うように作られています。

mpv のキーバインド

右の画像は、mpv のデフォルトのショートカットキー(キーバインド)です。

公式のものを適当に日本語化したのでダウンロードして使ってください。画像は US キーボードの配置なので少し異なる箇所があるかもしれません。

基本的な使い方

使い方はとても簡単で、プレーヤーや実行ファイル / ショートカットに再生したいファイルや URL をドラッグ&ドロップするだけです。ファイルの拡張子を mpv に関連付けて mpv を Windows の既定のビデオプレーヤーにすればもっと簡単に動画ファイルを再生できます。

mpv の特徴

mpv は、デフォルトでビデオカードで動画をデコードするハードウェアデコードに対応しています。標準のビデオ出力は OpenGL ですが、オプションで高品質なビデオ出力の「OpenGL-HQ」を有効にすることができるので、GPU の性能を活かし、CPU の負担を減らして高画質の動画を観ることができます。

mpv の便利な機能

mpv プレーヤーはの GUI には何もないので機能が少なそうに見えますが、コントラストや彩度などを変更する色補正や、再生速度の可変(×0.5 または 10% 単位)、音声や字幕の切り替え、再生位置の保存、アスペクト比の変更、スクリーンショットなど、一般的なメディアプレーヤーと同等の機能が使えます。1秒 / 5秒 / 60秒 単位や 1 フレーム単位で再生位置を戻したり送ることができる機能は、ほかのプレーヤーにはあまり無いかもしれません。

クロスプラットフォームのメディアプレーヤー

mpv は基本的にコマンドラインアプリとして使われるように設計されているので最低限のユーザーインターフェースしか持っていませんが、シンプルで映像以外は見えるものが少ないほうが良いユーザーにとっては最適なメディアプレーヤーです。初心者でも使いやすいグラフィカルインターフェースを求める人は、mpv のフロントエンドを検索してみると良いでしょう。

機能

  • 動画・音声ファイルの再生
  • CD / DVD / BD ディスクの再生
  • デバイスの再生
  • URL(ストリーミングや YouTube など)を再生

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10・Mac・Linux
メーカー:mpv
使用言語:英語
最終更新日: 2日前 (2020/10/26)
ダウンロード数:1741

ダウンロード

mpv-i686-20201025-git-49d6a1e.7z nightly - windows (32 bit) 28 MB 364 ダウンロード
mpv-x86_64-20201025-git-49d6a1e.7z nightly - windows (64 bit) 29 MB 787 ダウンロード
mpv-0.32.0-i686.7z stable - windows (32 bit) 27 MB 105 ダウンロード
mpv-0.32.0-x86_64.7z stable - windows (64 bit) 28 MB 311 ダウンロード
mpv-0.32.0.tar.gz mac (64 bit) 22 MB 174 ダウンロード

画像

mpv

使い方

使い方は次のページです。

コメント