クリーンアップ・最適化Cybertron SoftwareWindowsフリーミアム履歴削除

Privacy Eraser Free 4.55.2 Build 3261

説明ダウンロード使い方

閲覧履歴・パスワード・一時ファイルなどを安全にクリーンアップ

Privacy Eraser Free

インターネットの閲覧履歴や PC で開いたファイルなどの、PC やブラウザを使用した痕跡を PC から残らず消去するツール。Windows と主要なブラウザ、サードパーティアプリの不要なファイルをワンクリックで一括削除できます。

Privacy Eraser Free の概要

Privacy Eraser Free は、ブラウザで閲覧した URL や入力したパスワード、検索履歴やダウンロード履歴などのユーザーのプライバシーに関係するデータをシステムから消去するツールです。共有の PC を使ったあとなど、PC に個人的なデータを残したく場合に役に立ちます。

Privacy Eraser Free の機能

Privacy Eraser Free で削除可能な主な項目は次のとおりです。Windows や一般的なディスククリーンアップツールで削除できないアイテムも削除できます。

ブラウザインターネットキャッシュ(一時ファイル)、履歴、Cookie、入力した URL、ダウンロード履歴、オートコンプリートフォーム履歴、保存されたパスワード
(Internet Explorer・Microsoft Edge・Mozilla Firefox・Google Chrome・Safari・Opera に対応)
Windows実行履歴、検索履歴、開いた/保存したファイルの履歴、最近使用したファイル、一時ファイル、ごみ箱、クリップボード、タスクバージャンプリスト、DNS キャッシュ、ログファイル、メモリダンプ、エラー報告
アプリケーションアプリケーションによって残された履歴などの痕跡
(250 以上のポピュラーなアプリケーションに対応)
レジストリ存在しないアプリケーションの無効なレジストリ、破損したレジストリを削除・修正
スケジュールとモニタリングで自動クリーンアップ

Privacy Eraser Free では「毎週○曜日の○時」「毎月○日」というようにスケジュールを設定して定期的にクリーンアップを実行できるのでクリーンアップを自動化できます。また、「モニタリング」機能を有効にして、ブラウザやシステムに削除可能なファイルが溜まった時に自動でクリーンアップを行えます。ほかには、Windows 起動時にクリーンアップを実行することもできます。

ファイルのデータを消去

Privacy Eraser Free には、既存のファイル/フォルダのデータを復元できないように完全に消去する「ファイルシュレッダ」機能があります、また、「ドライブワイパー」機能は、ドライブの空き領域に残っている削除したファイルのデータを消去します。フリー版では 1 パスの削除方法しか選択できませんが、通常の削除方法よりは安全です。

高いスキャン性能を持ったクリーンアップツール

Privacy Eraser Free は、インターネットや PC の痕跡のクリーンアップに重点を置いたツールですが、スキャン範囲は広く、ほかの一般的なクリーナーで検出できないファイルも検出するので、通常使用するディスククリーンアップツールとして充分使用できます。特にスケジュール機能はクリーンアップ作業が面倒なユーザーにとって便利です。

機能

  • ブラウザのキャッシュ・履歴、Cookie などを消去
  • Windows の履歴・使用した痕跡を消去
  • サードパーティアプリの痕跡を消去
  • ファイルシュレッダー(ファイル/フォルダを消去)
  • ドライブワイパー(ドライブの空き領域の消去)
  • クッキーマネージャー(キープするクッキーを指定)
  • スケジュールオプション
  • モニタリング(リアルタイム監視)
  • スタートアップ管理
  • アプリケーションのアンインストール
  • Internet Explorer の設定
  • カスタムファイル/フォルダ/レジストリ/アプリケーションのクリーンアップ

 

無料版で利用できない機能:

  • よりセキュアなファイルの削除方法(データ消去アルゴリズム)の使用

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーミアム
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Cybertron Software
使用言語:日本語ほかマルチ言語
最終更新日: 6日前 (2019/10/09)
ダウンロード数:24

ダウンロード

privacy-eraser-setup.exe 6 MB 24 ダウンロード

画像

Privacy Eraser Free

メインウィンドウ

Privacy Eraser Free

クリーンアップ項目の選択(Windows)

Privacy Eraser Free

クリーンアップ項目の選択(ブラウザ)

Privacy Eraser Free

スケジュール設定

使い方

インストール方法

  • ファイルを実行するとセットアップに使用する言語の選択画面になります。言語を確認または選択して[OK]をクリックします。

Privacy Eraser Free

 

  • セットアップが開始します[次へ]をクリックして進みます。

Privacy Eraser Free

 

  • インストール先の設定画面です。変更しない場合はこのまま[次へ]をクリックします。

Privacy Eraser Free

 

  • 次は、スタートメニューに作成するフォルダ名の設定画面です。変更しない場合はこのまま[次へ]をクリックします。

Privacy Eraser Free

 

  • デスクトップアイコンの作成とコンテキストメニューの作成の設定です。選択または解除して[次へ]をクリックします。

Privacy Eraser Free

Add “Open Privacy Eraser…” option to Recycle Bin context menu:ごみ箱のコンテキストメニューに「開く Privacy Eraser」を追加
Add “Secure Erase with Privacy Eraser” option to Recycle Bin context menu:ごみ箱のコンテキストメニューに「Privacy Eraser でセキュア消去」を追加
Add “Secure Erase with Privacy Eraser” option to Windows Explorer context menu:Windows エクスプローラーのコンテキストメニューに「Privacy Eraser でセキュア消去」を追加

 

  • インストールの準備ができました。[インストール]をクリックしてインストールを開始します。

Privacy Eraser Free

 

  • インストールが完了しました。[完了]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

Privacy Eraser Free

・What’s New?:チェックが入っていると、更新履歴のページをブラウザで開きます

日本語に変更する

日本語への変更手順です。

  • Privacy Eraser を起動したら、右上の「Settings」をクリックします。

Privacy Eraser Free

 

  • Settings の画面が開いたら、左のメニューの「User Interface」をクリックします。
  • Language の Default のドロップダウンリストから「Japanese, 日本語」を選択し、下の[OK]ボタンをクリックします。以上で日本語化は完了です。

Privacy Eraser Free

      スキャンと削除の実行

      1.スキャン

      ホーム」画面から 4 種類のスキャンおよびクリーンアップ方法を実行できます。いずれかのボタンをクリックしてスキャンまたはクリーンアップを実行してください。

      • スキャン:完全スキャンを行い、クリーニングされるアイテムを一覧表示します。
      • クイッククリーン:インターネット履歴と PC の過去の行動履歴をクリーンアップします。
      • クリーン&再起動:クリーニングした後に PC を再起動します。
      • クリーン&シャットダウン:クリーニングした後に PC をシャットダウンします。

      Privacy Eraser Free

       

      • トレイアイコンの右クリックから、スキャンやクリーンの操作を実行することもできます。

      Privacy Eraser Free

       

      2.スキャン完了後
      • スキャン」を実行した場合は、検出されたクリーンアップ可能なアイテムが一覧表示されます。
      • 右上の「クイッククリーン」をクリックすると検出されたアイテムが削除されます。アイテムの右クリックから個別に削除することもできます。

      Privacy Eraser Free

      ・右上の「セキュリティレベル:通常のファイル削除」はファイルの削除方法を示しています。フリー 版ではほかの削除方法は選択できませんが、右の「セキュリティオプション」をクリックすると確認できます。

          スキャンする項目の選択

          スキャン項目はデフォルトである程度が選択されていますが、より多くのものを削除したり、特定のアイテムを削除しない場合は手動で選択しましょう。

          1.Windows
          • Windows」メニューでは、Windows の履歴、システムキャッシュ、無効なレジストリなどを選択できます。

          Privacy Eraser Free

          ・レジストリを削除した場合は自動でバックアップが作成されます。レジストリクリーナーの右の「…」をクリックすると、バックアップの設定と復元ができます。

           

          2.ブラウザ
          • ブラウザ」では、ブラウザの履歴やキャッシュなどの項目を選択できます。

          Privacy Eraser Free

          ・特定のクッキーを削除しないようにするには、右の「…」をクリックしてクッキーマネージャを開き、キープする(削除しない)クッキーを選択してください。

           

          3.アプリケーション
          • アプリケーション」では、Windows とそのほかのアプリケーションのジャンクファイルをクリーンアップする設定ができます。

          Privacy Eraser Free

           

          • カスタム」タブを開くと、クリーンアップするファイル/フォルダ、レジストリを追加できます。

          Privacy Eraser Free

          ツール

          1.ファイルシュレッダー
          • ファイルシュレッダー」は、ファイル/フォルダを復元できないように完全削除するツールです。追加ボタンまたはドラッグ&ドロップでファイル/フォルダを追加して「スタート」を押すとファイルを消去できます。

          Privacy Eraser Free

          ・フリー版では「セキュリティレベル:Simple fill(1 パス)」のみ利用できます。

           

          2.ドライブワイパー
          • ドライブワイパー」は、ハードドライブの空き領域のデータを消去するツールです。消去したいドライブを選択して「スタート」をクリックすると消去が開始します。

          Privacy Eraser Free

           

          3.ツール
          3-1.Windows スタートアップマネージャ
          • Windows スタートアップマネージャ」では、WIndows 起動時に開始するプログラムの無効化や削除ができます。

          Privacy Eraser Free

           

          3-2.アプリアンインストーラ
          • アプリアンインストーラ」では、インストールされているプログラムのアンインストールができます。

          Privacy Eraser Free

           

          3-3.システムの復元
          • システムの復元」では、作成済みのシステムの復元の一覧表示と削除ができます。

          Privacy Eraser Free

           

          4.その他
          4-1.Internet Explorer 設定
          • その他」の「Internet Explorer 設定」では、Internet Explorer のスタートページなどの設定を変更できます。

          Privacy Eraser Free

           

          4-2.アドオンマネージャ
          • アドオンマネージャ」では、Internet Explorer のアドオンの削除や無効化/有効化ができます。

          Privacy Eraser Free

          設定

          1.一般
          • 一般」では、スタートアップや起動時の自動クリーンアップ、コンテキストメニューといった、アプリケーションの全般的な設定ができます。

          Privacy Eraser Free

          ・「セキュリティ」の設定はフリー版では変更できないので説明を省きます。

           

          2.除外
          • 除外」では、スキャンから除外する(削除しない)ファイル/フォルダ、レジストリを指定できます。

          Privacy Eraser Free

           

          3.スケジュール
          • スケジュール」では、クリーンアップを定期的に自動で行うように設定できます。スケジュールを有効にするには「スケジュールオプション」にチェックを入れて、実行する期間を指定しましょう。

          Privacy Eraser Free

           

          4.モニタリング
          • モニタリング」は、ブラウザまたはシステムを監視して、クリーンアップ可能な場合に通知したり、自動的にクリーンアップを実行できる機能です。有効にする場合はチェックを入れて、行う動作を選択しましょう。

          Privacy Eraser Free

          ブラウザモニタリング:「クリーンアップ前/後」の部分をクリックして行う動作を選択できます
          システムモニタリング:通知やクリーンアップを行う容量を指定して、アクションを選択してください

           

          5.マルチユーザ
          • マルチユーザ」では、複数のユーザーをクリーンアップしたり、クリーンアップを行うユーザーを選択できます。

          Privacy Eraser Free

           

          6.ホットキー
          • ホットキー」では、ホットキーの有効無効の切り替えと、各ホットキーの設定ができます

          Privacy Eraser Free

          ステルスモード:システムトレイのアイコンを非表示にして、バックグラウンドで機能するモードです
          ボスモード:画面上のアプリケーションのウィンドウを即座に非表示にできる機能です、再度キー押すと表示します。「指定されたウィンドウを非表示にする」を選択すると特定のウィンドウだけを非表示にできます

           

          7.ユーザーインターフェース
          • ユーザーインターフェース」では、アプリケーションで使用する言語の変更ができます。

          Privacy Eraser Free

          よくある質問と回答

          コマンドラインパラメータについて

          ・以下のコマンドラインパラメータが使用できます。
          /Clean:クリーンアップを実行して Privacy Eraser Free を終了
          /Clean /Restart:クリーニング完了後にコンピューターを再起動
          /Clean /Shutdown:クリーニング完了後にコンピューターをシャットダウン
          /Silent:サイレントに実行(例:PrivacyEraser.exe /Clean /Restart /Silent)
          /VerySilent:サイレントに実行(トレイアイコン非表示)
          /Export [“フォルダパス”]:クリーニング設定をエクスポート

          ユーザーレビュー

          まだ評価がありません。 最初のレビューを書いてみませんか?

          レビューを書く