デスクトップ Open-Shell Windows エクスプローラ スタートメニュー フリーソフト

Open-Shell(旧 Classic Shell)4.4.160 / 4.4.162 nightly

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

Windows のスタートメニューを変更し、外観や動作をカスタマイズ

Open-Shell

Windows 7/8/10 のスタートメニューをクラシックスタイルのスタートメニューに置き換えるソフト。複数のスタイルとスキンを選択可能で、スタートメニューの外観や表示・操作を好みにカスタマイズできます。

Open-Shell の概要

Open-Shell は、Windows の使いやすさを強化するコレクションで、カスタマイズ可能なスタートメニューと Windows エクスプローラのツールバーを Windows に追加します。Open-Shell は開発が停止した「Classic Shell」の後継ソフトです。

Open-Shell の機能

Open-Shell には以下の 3 つの機能が含まれています。必要ないものはインストール時に除外できます。

1. Open-Shell:クラシックスタートメニュー
2. Classic Explorer:エクスプローラのプラグイン(ツールバー機能)
3. Classic IE:IE のプラグイン(タイトルバーとステータスバーの機能)
Open-Shell(スタートメニュー)

Open-Shell のスタートメニューは、1 ペインまたは 2 ペイン型のスタートメニューで、「すべてのプログラム」「最近使った項目」「PC やドキュメント」「コントロールパネルや設定」などの場所にすばやくアクセスできるのが特徴です。

スタートメニューは、3 つのスタイルからどのタイプを使うか選択可能で、6 つのスキンを使用できます。

Open-Shell のスタートメニューは、表示する項目、外観やアニメーション、操作方法などのすべての部分を好みにカスタマイズできます。ほかには、スタートボタンを変更したり、タスクバーの色や透明度をカスタマイズできます。

Classic Explorer(エクスプローラ)

Open-Shell

「Classic Explorer」は、エクスプローラに便利なツールバーを追加するプラグインです。ファイルのコピーや切り取り・貼り付け・削除・メールで送信などの操作をツールバーのボタン操作で行うことができます。

ツールバーに表示するボタンはユーザーが使いやすいように追加や削除して編集できます。ほかに、エクスプローラのタイトルバーやステータスバーをカスタマイズすることもできます。

Windows を使いやすくするアプリ

Open-Shell は、スタートメニューとエクスプローラをユーザーの好みに合わせてカスタマイズできる、とても利用価値が高いアプリケーションです。Windows をさらに使いやすくして仕事や作業の効率をアップできます。

 

機能

  • Windows 7/8/8.1/10 用のクラシックスタイルのスタートメニュー
  • Windows エクスプローラにツールバー追加
  • Internet Explorer のタイトルバーとステータスバーに機能を追加
  • スタートメニューとツールバーをカスタマイズ

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10
メーカー:Open-Shell
使用言語:日本語・英語ほかマルチ言語
最終更新日: 1か月前 (2020/10/25)
ダウンロード数:879

ダウンロード

OpenShellSetup_4_4_160.exe stable 652 B 571 ダウンロード
OpenShellSetup_4_4_162.exe nightly 7 MB 308 ダウンロード

画像

Open-Shell

スタートメニュー

Open-Shell

スキンの選択

Open-Shell

スタートメニューのカスタマイズ

Open-Shell

Classic Explorer

使い方

使い方は次のページです。

コメント