デスクトップ Open-Shell Windows エクスプローラ スタートメニュー フリーソフト

Open-Shell(旧 Classic Shell)4.4.142

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

Windows のスタートメニューを変更し、外観や動作をカスタマイズ

Open-Shell

Windows 7/8/10 のスタートメニューをクラシックスタイルのスタートメニューに置き換えるソフト。複数のスタイルとスキンを選択可能で、スタートメニューの外観や表示・操作を好みにカスタマイズできます。

Open-Shell の概要

Open-Shell は、Windows の使いやすさを強化するコレクションで、カスタマイズ可能なスタートメニューと Windows エクスプローラのツールバーを Windows に追加します。Open-Shell は開発が停止した「Classic Shell」の後継ソフトです。

Open-Shell の機能

Open-Shell には以下の 3 つの機能が含まれています。必要ないものはインストール時に除外できます。

1. Open-Shell:クラシックスタートメニュー
2. Classic Explorer:エクスプローラのプラグイン(ツールバー機能)
3. Classic IE:IE のプラグイン(タイトルバーとステータスバーの機能)
Open-Shell(スタートメニュー)

Open-Shell のスタートメニューは、1 ペインまたは 2 ペイン型のスタートメニューで、「すべてのプログラム」「最近使った項目」「PC やドキュメント」「コントロールパネルや設定」などの場所にすばやくアクセスできるのが特徴です。

スタートメニューは、3 つのスタイルからどのタイプを使うか選択可能で、6 つのスキンを使用できます。

Open-Shell のスタートメニューは、表示する項目、外観やアニメーション、操作方法などのすべての部分を好みにカスタマイズできます。ほかには、スタートボタンを変更したり、タスクバーの色や透明度をカスタマイズできます。

Classic Explorer(エクスプローラ)

Open-Shell

「Classic Explorer」は、エクスプローラに便利なツールバーを追加するプラグインです。ファイルのコピーや切り取り・貼り付け・削除・メールで送信などの操作をツールバーのボタン操作で行うことができます。

ツールバーに表示するボタンはユーザーが使いやすいように追加や削除して編集できます。ほかに、エクスプローラのタイトルバーやステータスバーをカスタマイズすることもできます。

Windows を使いやすくするアプリ

Open-Shell は、スタートメニューとエクスプローラをユーザーの好みに合わせてカスタマイズできる、とても利用価値が高いアプリケーションです。Windows をさらに使いやすくして仕事や作業の効率をアップできます。

 

機能

  • Windows 7/8/8.1/10 用のクラシックスタイルのスタートメニュー
  • Windows エクスプローラにツールバー追加
  • Internet Explorer のタイトルバーとステータスバーに機能を追加
  • スタートメニューとツールバーをカスタマイズ

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10
メーカー:Open-Shell
使用言語:日本語・英語ほかマルチ言語
最終更新日:1か月前 (2019/11/14)
ダウンロード数:201

ダウンロード

OpenShellSetup_4_4_142.exe stable 77 ダウンロード
OpenShellSetup_4_4_142.exe nightly 7 MB 124 ダウンロード

画像

Open-Shell

スタートメニュー

Open-Shell

スキンの選択

Open-Shell

スタートメニューのカスタマイズ

Open-Shell

Classic Explorer

使い方

インストール方法

1.インストール
  • ダウンロードしたセットアップファイルを実行すると、セットアップウィザードが開始します。[Next]をクリックして進みます。

Open-Shell

 

  • 使用許諾契約が表示されます。「I accept the License Agreement」を選択して[Next]をクリックします。

Open-Shell

 

  • インストールするコンポーネントの選択画面になります。コンポーネントを選択するか、このまま[Next]をクリックします。

Open-Shell

Classic Explorer:エクスプローラにツールバーを追加するプラグインです
Open-Shell Menu:スタートメニューです
Classic IE:Internet Explorer のタイトルバーとステータスバーに機能を追加するプラグインです
・スタートメニューにショートカットを作成しない場合は「Create a start menu folder」のチェックを外します。

 

  • Install]ボタンを押すとインストールを開始します。

Open-Shell

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

Open-Shell

2.言語の設定

通常は自動で言語が設定されます。言語が正しくなかったり、ほかの言語に変更する場合は以下の方法で言語を変更しましょう。

  • スタートメニューの「Open-Shell Menu Settings」または、スタートボタンの右クリックの「設定」を選択します。

Open-Shell

 

  • Show all settings」にをチェックして「Language」タブを開きます。
  • Japanese」を選択して[OK]をクリックします。

Open-Shell

スタートメニューの設定(基本)

スタートメニューの「Open-Shell Menu Settings」または、スタートボタンを右クリックして「設定」を選択するとスタートメニューの設定画面が開きます。

1.スタートメニューのスタイルを選ぶ
  • Start Menu Style」タブでは、使用するスタートメニューのスタイルおよびスタートボタンを選択できます。

Open-Shell

 

2.基本設定
  • Basic Settings」では、マウスの左クリック・Win キーを押したときの動作、最近使った項目に表示する内容、・シャットダウンのコマンド、検索バーの表示などの設定ができます。
    ※ 選択したスタイルによってカスタマイズできる内容は異なります。

Open-Shell

Left Click opens:左クリックで開く
Shift+Click opens:Shift キー + 左クリックで開く
Windows Key options:Win キーで開く
Shift+Win opens:Shift キー + Win キーで開く
All Programs style:「すべてのプログラム」のスタイル
Show recent of frequent programs:「最近使用した項目」の表示
Shutdown command:シャットダウン時の動作
Start automatically for this user:現在のユーザーで開始する
Show search box:検索ボックスの表示

 

3.スキン
  • Skin」タブでは、スタートメニューのスキンの選択と、各スキンの設定を変更できます。

Open-Shell

 

  • 各スキンの外観です。

 

4.カスタマイズ

Customize Start Menu」タブではスタートメニューに表示する項目と表示方法を設定できます。

  • icon」の列をダブルクリックするとアイコンやラベルやコマンド、「Command」ではコマンド、「Display」で表示方法を指定できます。

Open-Shell

Don’t display this item:このアイテムは表示しない
Display as a link:リンクで表示する
Display as a menu:メニュー(▶サブメニュー)で表示する

スタートメニューの設定(詳細)

Show all setting」をクリックするとすべての設定タブが表示されます。

1.タスクバー
  • Taskbar」タブでは、タスクバーの表示をカスタマイズできます。

Open-Shell

Customize taskbar:タスクバーのカスタム設定を有効にする
Taskbar look:タスクバーの外観
Opaque:不透明
Transparent:透明
Glass:ガラス
Taskbar opacity:不透明度
Taskbar color:タスクバーの色
Taskbar text color:タスクバーのテキスト色
Taskbar texture:タスクバーの外観に画像を使う(画像を選択)
Horizontal stretching:画像の水平方向の表示方法
Vertical stretching:画像の垂直方向の表示方法
Tile:タイル表示
Stretch:伸張
Border sizes:ボーターサイズ

 

2.メインメニュー
  • Main Menu」タブでは、スタートメニューのメイン(左側)の表示方法をカスタマイズできます。

Open-Shell

All Programs style:すべてのプログラム
Cascading sub-menu:サブメニューで表示する
Inside main menu:メインメニュー内に表示する
─ Show Metro apps:メトロアプリを表示する
─ Show folder first:フォルダを上に表示する
─ Open automatically:開いたままにする
─ Delay multiplier for the All Programs button (%):表示の遅延時間
Hidden:すべてのプログラムを表示しない
Hide app shortcuts:メトロアプリのショートカットを表示しない
Pinned Programs folder:プログラムフォルダの固定
・Use Start Menu folder:スタートメニューフォルダを使用
・Use Pinned folder:固定フォルダを使用
Show recent or frequent programs:最近使った項目
─ Don’t show:表示しない
─ Recent programs:最近使った項目を表示
─ Frequent programs:頻繁に使う項目を表示
Show recent Metro apps:最近使ったメトロアプリを表示
Max recent programs (use negative number to reverse the order):表示する最大数
Show recent programs on top:最近使ったプログラムを一番上に表示
Sort by name:名前順でソート表示
Shortcuts for the recent programs:最近使ったプログラムのショートカット
─ No shortcuts:ショートカットなし
─ Normal shortcuts:通常のショートカット
─ Digits:数字
─ Hidden digits:数字を非表示
Enable jumplists:ジャンプリストを有効にする
Max items in jumplists:ジャンプリストに表示する最大数
Keyboard shortcuts for programs with jumplists:ジャンプリストのキーボードショートカットの動作
─ Select:選択
─ Run:実行
─ Open jumplist:ジャンプリストを開く
Shutdown command:シャットダウンボタンに表示するコマンド
None (hide the button) :なし(ボタンを非表示)
Shutdown:シャットダウン
Restart:再起動
Log off:ログオフ
Sleep:スリープ
Hibernate:休止
Lock:ロック
Switch User:ユーザーの切り替え
Shutdown dialog:ダイアログを表示
Shutdown menu items:シャットダウンメニュー項目
Show Shutdown during remote sessions:リモートセッション中にシャットダウンを表示する
Enable hybrid shutdown:ハイブリッドシャットダウンを有効にする
Confirm Log Off:ログオフを確認する
Select the last item in shutdown menu:シャットダウンメニューの最後の項目を選択する
Programs pane width:プログラムペインの幅
Jumplist pane width:ジャンプリストペインの幅
Minimum menu height:最小メニュー高さ
Max recent documents:最近のドキュメントの最大数
Sort Recent Documents:最近のドキュメントの並べ替え
─ By name:名前
─ By extension:拡張子
─ By date:日付
Show Start screen shortcut:標準のスタートメニューのショートカットを表示
Use Categories view for the Control Panel:コントロールパネルを開いたときにカテゴリビューで表示
Sort the main menu in Z->A order:メインメニューを Z -> A の順序で並べ替える
Sort the main menu only the first time:最初メインメニューをソートする

 

3.動作の設定
  • General Behavior」では、主にスタートメニューの動作の設定ができます。

Open-Shell

Start automatically for this user:自動的に起動する
Highlight newly installed programs:新しくインストールされたプログラムを強調表示する
Highlight newly installed apps:新しくインストールされたアプリを強調表示する
Check for Windows updates on shutdown:シャットダウン時に Windows の更新を確認する
Menu delay:メニューの表示の遅延時間
Delay multiplier for split buttons (%):分割ボタンの遅延時間
Infotip delay:ツールチップの遅延時間
Infotip delay (for folders):ツールチップの遅延時間(フォルダの場合)
Enable Drag and Drop:ドラッグアンドドロップを有効
Drag/drop hide delay:ドラッグアンドドロップの非表示の遅延
Multiple columns in sub-menus:サブメニューの列
─ Use single column (scroll):単一列を使用(スクロール)
─ Use multiple columns:複数の列を使用する
─ Auto (multiple columns if they fit):自動
─ All columns are same size:すべての列を同じサイズにする
User picture:ユーザー画像
User picture command:ユーザー画像のコマンド
User name command:ユーザー名のコマンド
Expand folder shortcuts:フォルダーのショートカットを展開する
Enable accessibility:アクセシビリティを有効にする
Show next to taskbar (when the taskbar is vertical):タスクバーの横に表示(タスクバーが垂直の場合)
Pre-cache icons:アイコンをキャッシュする
Delay loading of icons:アイコンの読み込みを遅らせる
Report skin errors:スキンエラーを報告する

 

4.検索ボックス
  • Search Box」では、検索ボックスと検索の設定ができます。

Open-Shell

Show search box:検索ボックスを表示
─ No search box:表示しない
─ Access normally:通常のアクセス
── Selected by default:デフォルトで選択
─ Access with Tab:タブでアクセス
Track frequency of use:使用頻度を追跡
Enable Auto-Complete:オートコンプリートを有効にする
Search programs and settings:プログラムと設定を検索する
─ Search the system path:システムパスを検索する
─ Search Metro apps:メトロアプリを検索する
─ Search Settings:設定を検索する
─ Search for keywords:キーワードを検索する
─ Match parts of words:単語の一部を検索する
Search files:ファイルの検索
─ Search contents:ファイルの内容を検索する
─ Organize by library:整理する
Search the Internet:インターネットで検索する

 

5.メニューの表示
  • Menu Look」では、メインメニューとサブメニューの表示スタイルやアニメーションの設定ができます。

Open-Shell

Small icon size:少アイコンのサイズ
Large icon size:大アイコンのサイズ
Invert Metro icon color:メトロアイコンの色を反転
Sub-menu width:サブメニュー幅
Override system DPI:システム DPI のオーバーライド
Animated transitions in main menu:メインメニューのアニメーションをトランジション化
Main menu animation:メインメニューのアニメーション表示
─ No animation:なし
─ Fade:フェード
─ Slide:スライド
─ Random:ランダム
Main menu animation speed:メインメニューのアニメーションの速度
Sub-menu animation:サブメニューのアニメーション表示
─ No animation:なし
─ Fade:フェード
─ Slide:スライド
─ Random:ランダム
Sub-menu animation speed:サブメニューのアニメーションの速度
Always animate sub-menus:サブメニューを常にアニメーション表示
Sub-menu scroll speed:サブメニューのスクロール速度
Fade speed:フェード速度
Use numeric sorting:数値ソートを使用
Font smoothing:フォントのスムージング
─ Default:デフォルト
─ No smoothing:なし
─ Standard:標準
─ Clear Type:クリアタイプ
Enable menu shadow:メニューの影を有効
Enable menu glass:ガラス表示を有効
Override glass color:オーバーライドのガラス色
─ Menu glass color:ガラスの色
Glass opacity:ガラスの不透明度

 

7.バックアップ
  • Backup」ボタンをクリックすると、設定のバックアップや読み込みができます。

Open-Shell

Save to XML File:XML ファイルに保存
Load from XML File:XML ファイルを読み込む
Reset all settings:すべての設定をリセット
Clear cached information:キャッシュ情報を消去

Classic Explorer

1.Classic Explorer

Classic Explorer」はカスタマイズ可能なツールバーを Windows エクスプローラに追加します。

  • ツールバーでは「ナビゲーションウィンドウのオン/オフ・フォルダオプション・切り取り・コピー・貼り付け・削除・プロパティ・電子メールで送信」の操作ができます。
  • 一番右のアイコンをクリックすると、Classic Explorer の設定画面が開きます。

 

2.Classic Explorer の設定
  • Basic Settings」では、ナビゲーションウィンドウなどの設定ができます。

Open-Shell

Navigation pane style:ナビゲーションウィンドウのスタイル
Windows XP Simple:XP スタイル
Windows Vista:Vista スタイル
Auto-navigate to the selected folder:右ペインのフォルダの移動を、ナビゲーションでも変更する動作
─ Default behavior:デフォルト
─ When using the keyboard:キーボードを使用する場合
─ Always:常に
Enable Alt+Enter in the navigation pane:ナビゲーションで Alt + Enter を有効にする:
Disable breadcrumbs:パンくずリストを無効にする
Show status bar:ステータスバーを表示
Add icon overlay for shared folders:共有フォルダにアイコンオーバーレイを追加

 

  • Show all settings」を有効にするとすべての設定タブが表示され、詳細設定ができます。
  • Toolbar Buttons」タブではツールバーに表示する項目をドラッグ&ドロップで追加・編集できます。

Open-Shell

よくある質問と回答

ほかのスキンやスタートボタンを使用したい

Classic Shell のフォーラムで公開されています。
・スタートメニュースキン – http://www.classicshell.net/forum/viewforum.php?f=17
・スタートボタン – http://www.classicshell.net/forum/viewforum.php?f=18