コーデックCole WilliamsWindowsコーデックパックフリーソフト動画再生

Media Player Codec Pack Lite 4.5.8

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

主要なメディアの再生に対応しているコーデックパック

Media Player Codec Pack Lite
Windows PC でさまざまなオーディオとビデオ形式の再生を可能にするコーデックパック。あらゆる主要なメディアを再生できる Media Player Classic – Home Cinema が含まれています。

Media Player Codec Pack Lite の概要

Media Player Codec Pack Lite は、主要なマルチメディアコーデック、フィルター、プラグイン、スプリッターをかんたんにシステムにインストールすることができるコーデックパックです。

Media Player Codec Pack Lite の機能

Media Player Codec Pack Lite の主な機能です。

機能概要
メイン機能コーデックパック
機能詳細・x264 | x265 | h.265 | HEVC | 10bit x265 | 10bit x264 | AVCHD | AVC | DivX | XviD | MP4 | MPEG4 | MPEG2 などの圧縮形式の再生
・.bdmv | .evo | .hevc | .mkv | .avi | .flv | .webm | .mp4 | .m4v | .m4a | .ts | .ogm | .ac3 | .dts | .alac | .flac | .ape | .aac | .ogg | .ofr | .mpc | .3gp ファイル形式の再生
・NVIDIA、AMD、ATI、および Intel またはオンボード GPU のサポート
主要なメディアファイルの再生に対応しています

Media Player Codec Pack Lite

Media Player Codec Pack Lite は、32 ビットデコーダーコーデックのみを備えている、64ビット Windows と互換性があるコーデックパックです(インストールサイズが小さく、エンコーダーコーデックは含まれていません)。

最新のビデオおよびオーディオファイルで使用されるほぼすべての圧縮およびファイルタイプをサポートします。

MPC-HC が含まれています

Media Player Codec Pack Lite

Media Player Codec Pack Lite には、コーデック設定 GUI が含まれているので、ユーザーがコーデック、グラフィックス、およびサウンドおよびビデオ出力設定をかんたんに変更できます。

また、設定が最適化された「MPC-HC」マルチメディアプレーヤーがコーデックと一緒にインストールされるので、インストールするだけでさまざまなメディアをすぐに再生できます。

主要なメディアの再生に対応しているコーデックパック

Media Player Codec Pack Lite は、ビデオやオーディオ、DVD や Blu-ray の再生に Windows Media Player や Media Player Classic – Home Cinema、NVIDIA 3D Vision Player、Stereoscopic Player を使用したいユーザーに最適なコーデックパックです。Media Player Codec Pack Lite のほかに「Media Player Codec Pack Plus」バージョンがあります、ユーザーの使用状況に応じてバージョンを選択してください。

Media Player Codec Pack Lite のインストール時に、サードパーティソフトウェアのインストールが勧められます。必要ない場合は[Decline]ボタンをクリックして拒否することができます。

機能

含まれているコンポーネント:

  • LAV Video decoder x86 & x64
  • ffdshow DirectShow Video Codec x86 & x64
  • XviD Video (Encoder) Codec
  • x264 Video (Encoder) Codec
  • Lagarith Lossless Video (Encoder) Codec x86 & x64
  • LAV Audio Decoder x86 & x64
  • Sony DSD Decoder x86
  • DivX Audio Decoder x86
  • DSP-worx Bass Source Filter/Decoder x86
  • Haali Media Splitter/Decoder x86 & x64 – For MP4, MKV, OGM and AVI files
  • LAV Splitter x86 & x64
  • ReClock Video renderer x86
  • xy-VSFilter x86 & x64 – 字幕リーダー
  • CDXA Reader x86 & x64
  • Icaros x86 & x64
  • Application Tuning – Media Player Classic、NVIDIA 3D Vision Player、Stereoscopic Player のデフォルト設定を変更

ユーティリティ:

  • Media Player Classic Home Cinema
  • Disc Handler – Blu-Ray ディスクアイコンをダブルクリックして再生します
  • Codec Settings GUI – ユーザーがコーデック、グラフィックス、およびサウンド設定を変更できるようにします
  • Codec Settings UAC (User Account Control) Manager – ユーザー間で設定をコピーします
  • Update Checker – 7日に1回更新をチェックします(管理者のみ)
  • Tray Menu – コーデックユーティリティに簡単にアクセスでき、オーディオプロファイルの高速切り替えが可能です

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10|11
メーカー:Cole Williams
使用言語:英語
最終更新日: 5か月前 (2022/03/09)
ダウンロード数:18

ダウンロード

画像

Media Player Codec Pack Lite

トレイアイコン

Media Player Codec Pack Lite

コーデックセッティング

Media Player Codec Pack Lite

Media Player Classic

使い方

インストール

1.インストール方法
  • インストーラを実行するとセットアップウィザードが開始します。通常のインストールをする場合は「Easy Installation」、高度なインストールオプションを選択する場合は「Datailed Installation」を選択して[Next]をクリックします。

Media Player Codec Pack Lite

 

  • ライセンスが表示されます。[I Agree]をクリックします。

Media Player Codec Pack Lite

 

  • インストールするコンポーネントの選択画面です。通常はこのまま[Next]をクリックします。

Media Player Codec Pack Lite

 

  • サードパーティソフトウェアのインストールが勧められます。必要ない場合は[Decline]をクリックします。

Media Player Codec Pack Lite

 

  • インストールが完了したら[Next]をクリックします。

Media Player Codec Pack Lite

基本的な使い方

1. 基本的な使い方

Media Player Codec Pack が起動すると、システムトレイにアイコンが表示されます。

  • アイコンの右クリックメニューから、プレーヤーを開いたり、コーデックの設定を行うことができます。

Media Player Codec Pack Lite

 

2.Codec Settings
  • Codec Settings」を選択すると、ビデオ/オーディオ出力、ビデオハードウェアおよびコーデックの詳細設定を行うことができます。

Media Player Codec Pack Lite

よくある質問と回答

ライセンスについて。

Media Player Codec Pack Lite は、どなたでも無料で利用できます。