オフィスそのほか LinuxMacNational Security AgencyWindowsフリーソフト

Ghidra 11.0.3

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

クロスプラットフォームのソフトウェアリバースエンジニアリングツール

Ghidra
ソフトウェアの逆アセンブリ、アセンブリ、逆コンパイル、デバッグ、エミュレーション、グラフ作成、スクリプト作成などを行うことができる、Windows、macOS、Linux 向けのリバースエンジニアリングツール。

Ghidra の概要

Ghidra は、NSA の研究部門によって開発されたソフトウェア リバース エンジニアリング (SRE) ツール スイートです。

Ghidra の機能

Ghidra の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 リバースエンジニアリング
機能詳細 ・逆アセンブリ、アセンブリ、逆コンパイル、デバッグ、エミュレーション、グラフ作成、スクリプト作成
ソフトウェアをリバースエンジニアリングします

Ghidra

Ghidra は、NSA(アメリカ国家安全保障局)の研究部門によって開発されたソフトウェア リバース エンジニアリング (SRE) フレームワークです。

このフレームワークには、ユーザーが Windows、MacOS、Linux などのさまざまなプラットフォームでコンパイルされたコードを分析できるようにする、フル機能のハイエンド ソフトウェア分析ツール スイートが含まれています。

多くの機能を備えています

Ghidra

Ghidra は、逆アセンブリ、アセンブリ、逆コンパイル、デバッグ、エミュレーション、グラフ作成、スクリプト作成など、数百もの他の機能が含まれます。

Ghidra は、さまざまなプロセッサ命令セットと実行可能形式をサポートしており、ユーザー対話モードまたは自動化されたアシストフリー モードで実行できます。

ユーザーは、Java または Python を使用して独自の Ghidra プラグイン コンポーネントおよびスクリプトを開発することもできます。

クロスプラットフォームのソフトウェアリバースエンジニアリングフレームワーク

Ghidra は、ソフトウェアのコードを綿密に分析できるハイエンド ツールを備えたオープンソースのリバース エンジニアリング ツールです。悪意のあるソフトウェアのコードを解析したり、システムのセキュリティにおける障害の原因を特定して修正したい場合に役に立ちます。

機能

  • ソフトウェアの逆アセンブリ、アセンブリ、逆コンパイル、デバッグ、エミュレーション、グラフ作成、スクリプト作成

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10|11・Mac・Linux
使用言語:英語
最終更新日: 1か月前 (2024/04/12)
ダウンロード数:82

ダウンロード

ghidra_11.0.3_PUBLIC_20240410.zip 82 ダウンロード

画像

Ghidra

ユーザーインターフェース

Ghidra

プロジェクトの作成

Ghidra

コードブラウザ

Ghidra

逆アセンブルの完了

使い方

インストール

1.インストール方法(Windows)
  • https://jdk.java.net/」から、JDK をダウンロードします(Windows の場合は Windows / x64 と書かれている Zip ファイル)。
  • ダウンロードした Zip ファイルを解凍し、「C:\ProgramFiles\Java\」に配置します。

Ghidra

 

  • Ghidra の Zip ファイルを展開し、「ghidraRun.bat」ファイルを実行します。

Ghidra

 

  • ライセンスが表示されたら、[I Agree]ボタンをクリックします。

Ghidra

・以上の方法でインストールできない場合、またはほかのプラットフォーム向けのインストール方法を知りたい場合は公式の「Installation Guide」を参考にしてください。

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  • Ghidra を起動したら、「File」>「New Project」を選択して新しいプロジェクトを作成します。

Ghidra

 

  • プロジェクトを共有しない場合は「Non-Shared Project」、共有する場合は「Shared Project」を選択して[Next]をクリックします。

Ghidra

 

  • プロジェクトを保存するディレクトリとプロジェクト名を設定し、[Finish]をクリックします。

Ghidra

 

  • プロジェクトの作成が完了しました。

Ghidra

 

  • ツールバーの恐竜のボタンをクリックすると、「CodeBrowser」が開きます。
  • File」>「Import File」から、解析したいファイルをインポートします。

Ghidra

 

  • 「Format」や「Language」などが表示されます。[OK]をクリックします。

Ghidra

 

  • 「解析しますか?」と聞かれるので、[Yes]をクリックします。

Ghidra

 

  • Analyze]をクリックすると、解析が開始します。

Ghidra

 

  • 解析が完了し、デコンパイルされました。

Ghidra

よくある質問と回答

ライセンスについて。

Ghidra は、どなたでも無料で使用できます。