ベンチマークHDD ベンチマークhiyohiyoSSD ベンチマークWindowsフリーソフト

CrystalDiskMark 8.0.4

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

HDD・SSD・USB ディスクのパフォーマンスを測定

HDD や SSD、USB などのストレージの性能を検査し評価するベンチマークソフト。4 種類の異なるテスト方法で読込および書込のテストを行いディスクのデータ転送速度を計測します。現在使用しているディスクまたは新しく購入した SSD や USB メモリの性能を知りたい、比較したい場合に役に立つでしょう。

テストの種類

CrystalDiskMark は、次の 4 つのテスト方法でベンチマークを行います。

  • Seq Q32T1: マルチキュー&スレッドによるシーケンシャルリード/ライトテスト (Block Size=128KiB)
  • 4K Q8T8: マルチキュー&スレッドによるランダムリード/ライトテスト (Block Size=4KiB)
  • 4K Q32T1: マルチキュー&スレッドによるランダムリード/ライトテスト (Block Size=4KiB)
  • 4K Q1T1: マルチキュー&スレッドによるランダムリード/ライトテスト (Block Size=4KiB)

キュー(Q: Queue)は命令数、スレッド(T: Thread)は処理数を表しています。シーケンシャルは連続したアクセス、ランダムはランダムなアクセスで読み書きのテストを行います。テストの実行回数とテストファイルのサイズを指定してベンチマークを実行することが可能で、設定からキューとスレッド数を変更することもできます。

あらゆるストレージのベンチマークが可能

CrystalDiskMark は、ハードディスク、SSD、USB フラッシュメモリ、外付けハードディスクなどのあらゆるストレージのベンチマークを実行できます。ベンチマークの結果はクリップボードにコピーしたりテキストファイルに保存できるので記録や比較をしたい場合に役に立ちます。

ベンチマークの結果は、「500.0MB/s(一秒で500MBのサイズのデータを転送できる速度)」というように表示されますが、テスト方法やテスト時の環境で変わることがあります。ほかのベンチマークソフトとのデータの互換性はありません。

ストレージの性能を正しく簡単に検査できるソフト

このソフトウェアは、誰でも簡単に HDD や SSD の性能を調べることができて、正確な測定を行うことができる使いやすいストレージベンチマークソフトです。日本語以外の多言語に対応しているのも特徴です。

ストレージのパフォーマンスを明らかにできるこのソフトは、単にストレージ製品を比較するだけでなく、PC や色々なコンピュータの作業効率の向上にも良い影響を与えるでしょう。

機能

  • ストレージ(HDD・SSD・USB など)の性能を計測
  • ベンチマーク結果の保存
  • テストの設定のカスタマイズ
  • テーマの変更

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10・Server 2003|2008|2012|2016
メーカー:hiyohiyo
使用言語:日本語
最終更新日: 3週間前 (2021/07/12)
ダウンロード数:929

ダウンロード

CrystalDiskMark8_0_4.exe installer (exe) 4 MB 542 ダウンロード
CrystalDiskMark8_0_4.zip portable (zip) 4 MB 352 ダウンロード
CrystalDiskMark8_0_0RC3.zip beta 4 MB 35 ダウンロード

画像

使い方

インストール方法

  • インストーラを実行すると使用許諾契約書が表示されます。同意するを選択し[次へ]をクリックすると進みます。

 

  • インストール先フォルダの確認画面になります。確認または変更し[次へ]をクリック。

 

  • スタートメニューのショートカットの作成画面です。作成しない場合は「プログラムグループを作成しない」にチェックを入れて[次へ]をクリック。

 

  • デスクトップアイコンを作成するか確認し[次へ]をクリック。

 

  • インストール]をクリックするとインストールを開始します。

 

  • インストールが完了しました。[完了]を押して閉じます。

 

  • ポータブル版は ZIP ファイルを展開し、「DiskMark32.exe」と「DiskMark64.exe」どちらかシステムに合ったほうを実行してください。
CrystalDiskMark

ポータブル(ZIP)版のファイル内容(CrystalDiskMark)

ベンチマークの実行とそのほかの機能

  • メイン画面です。
CrystalDiskMark

使い方(CrystalDiskMark)

1. ベンチマーク開始のボタンです。All はすべてのテストを実行するボタン、下のボタンの Seq Q32T1 や 4KiB Q32T1 はテストの種類の名前で、押すとそのテストを実行します。
2. テスト回数です。回数が多いほどテストの精度は高くなります。
3. テストファイルサイズです。
4. ベンチマークするドライブを選択します。
5. コメント欄です。ベンチマークの結果の保存内容に記載されるので、ディスク名を書いておくと分かりやすいでしょう。

 

  • ベンチマークにはしばらく時間がかかります。結果はこのように表示されます。
CrystalDiskMark

ベンチマーク結果(CrystalDiskMark)

Read は読込、Write は書込の速度です。複数回のテストのうちの最も良い結果が表示されます。
(単位の “MB/s” は 1,000,000 byte/s です。)

 

ファイルメニュー:

  • ファイル」メニューからベンチマーク結果を保存できます。「コピー」はクリップボードにコピー、「保存」はテキストファイルに保存できます。
CrystalDiskMark

ベンチマーク結果の保存(CrystalDiskMark)

 

  • 保存される内容はこのような感じです。
CrystalDiskMark

保存データの内容(CrystalDiskMark)

 

設定メニュー:

  • 設定」メニューでは、テストの設定ができます。
CrystalDiskMark

設定メニュー(CrystalDiskMark)

テストデータ:ベンチマークに使用するデータ(ランダムデータまたは 0x00)を選択
インターバルタイム:テスト間のインターバルタイムを設定
キュー数&スレッド数:それぞれのテストのキュー数とスレッド数を設定
IE8 モード:描画が乱れる場合の設定

 

テーマメニュー:

テーマ」メニューでは、表示するテキストの拡大とテーマの変更ができます。

CrystalDiskMark

テーマメニュー(CrystalDiskMark)

よくある質問と回答

ベンチマーク結果が変わる、ほかのソフトと異なる

ベンチマーク結果はテスト方法やテスト時のコンピュータの使用状況で変わるので問題はありません。ほかのベンチマークソフトとテストの方法や内容が異なる場合はベンチマークの結果も異なります。