パスワードリカバリ Nir SoferWindowsフリーソフト

CredHistView 1.01

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

Windows のログインパスワードのハッシュを調べることができるアプリ

CredHistView
Windows のパスワードのハッシュが保存されている CREDHIST ファイルを復号化して表示する Windows アプリケーション。このツールを使用すると、以前使用した Windows のログインパスワードの情報(ハッシュ)を調べることができます。

CredHistView の概要

CredHistView は、システムの CREDHIST ファイルを復号化して表示するシンプルなユーティリティです。

CredHistView の機能

CredHistView の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 CREDHIST ファイルを復号化して表示する
機能詳細 ・システムに保存されている CREDHIST ファイルが復号化されて表示されます。
・HTML レポートの表示
・表示されている内容をテキストファイル(TXT、CSV、HTML、XML)に保存
・表示されている内容をクリップボードにコピー
CREDHIST ファイルを復号化します

CredHistView

CredHistView は、Windows のパスワードのハッシュが保存されている CREDHIST ファイルを復号化して表示する Windows アプリケーションです。

このツールを使用すると、過去に Windows で使用していたログインパスワードのハッシュ(SHA1 および NTML ハッシュ)の値を確認することができます。

表示されている情報はファイルに保存できます

CredHistView

システムのログイン パスワードを変更するたびに、Windows は以前のパスワードのハッシュを CREDHIST ファイル(%appdata%\Microsoft\Protect\CREDHIST)に保存します。このツールを使用すると、CREDHIST ファイルを復号化し、SHA1 を表示できます。

表示されている情報は、すべてまたは選択した行をクリップボードにコピーしたり、テキストファイル(TXT、CSV、HTML、XML)に保存することができます。

以前のパスワードのハッシュを調べることができるアプリケーション

CredHistView は、Windows のログインパスワードのハッシュ値を知りたい場合に役に立つアプリケーションです。このアプリを使用すると、暗号化アルゴリズム、レコードインデックス、ユーザー SID に関する情報とともに、すべてのハッシュをテーブルに表示します。

機能

  • システムに保存されている CREDHIST ファイルを復号化して表示する
  • HTML レポートの表示
  • 表示されている内容をテキストファイル(TXT、CSV、HTML、XML)に保存
  • 表示されている内容をクリップボードにコピー

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10|11
メーカー:Nir Sofer
使用言語:英語
最終更新日: 4か月前 (2023/12/23)
ダウンロード数:52

ダウンロード

credhistview.zip 55.92 KB 52 ダウンロード

画像

CredHistView

ユーザーインターフェース

CredHistView

カラムの選択

CredHistView

右クリックメニュー

CredHistView

「View」メニュー

使い方

インストール

1.インストール方法

CredHistView は、インストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「CredHistView.exe」ファイルを実行するとアプリケーションを使用できます。

CredHistView

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  • CredHistView を起動したら、現在の Windows のログインパスワードを入力して[OK]をクリックします。

CredHistView

・Microsoft アカウントでログインする場合は、 「MadPassExt」ツールを使用して暗号化パスワードを抽出し、それをログインパスワードの代わりに使用する必要があります。

 

  • システムに保存されている CREDHIST ファイルが復号化されて表示されます。
  • SHA1 ハッシュをコピーしたい場合は、行をダブルクリックしてプロパティを表示してコピーすると良いでしょう。

CredHistView

 

2.表示する列をカスタマイズする
  • View」>「Choose Columns」を選択すると、表示する列を選択したり、列の幅を調整できます。

CredHistView

メニュー

1.右クリックメニュー

CredHistView

Save Selected Items:選択した行をファイルに保存する
Copy Selected Items:選択した行をクリップボードにコピーする
HTML Report – All Items:すべての行の HTML レポートを表示する
HTML Report – Selectes Items:選択した行の HTML レポートを表示する
Choose Columns:表示する列をカスタマイズする
Auto Size Columns:列の幅を自動調整する
Properties:プロパティを表示する
Refresh:表示を更新する

 

2.File メニュー

CredHistView

Save Selected Items:選択した行をファイルに保存する
Properties:プロパティを表示する
Exit:アプリを終了する

 

3.Edit メニュー

CredHistView

Find:文字列で検索する
Copy Selected Items:選択した行をクリップボードにコピーする
Select All:すべて選択する
Deselect All:すべての選択を解除する

 

4.View メニュー

CredHistView

Show Grid Lines:グリッド線を表示する
Show Tooltips:ツールチップを表示する
Mark Odd/Even Eows:行に背景色を追加する
HTML Report – All Items:すべての行の HTML レポートを表示する
HTML Report – Selectes Items:選択した行の HTML レポートを表示する
Choose Columns:表示する列をカスタマイズする
Auto Size Columns:列の幅を自動調整する
Auto Size Columns+Headers:見出しと列の幅を自動調整する
Refresh:表示を更新する

 

5.Options メニュー

CredHistView

CredHistView Options:起動時のパスワード入力画面を表示する

よくある質問と回答

ライセンスについて。

CredHistView は、どなたでも無料で使用できます。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



パスワードリカバリ
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ