パスワードリカバリChromeNir SoferWindowsパスワード復元フリーソフト

ChromePass 1.55

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

Chrome ブラウザに保存されているパスワードを一覧表示/エクスポート

ChromePass

Google Chrome ブラウザに保存されているユーザー名とパスワードを表示できる Windows 用のパスワードリカバリツール。ソートや検索を使用した表示が可能で、パスワードを CSV や XML ファイルにエクスポートすることもできます。

ChromePass の概要

ChromePass は、Google Chrome Web ブラウザに保存されているパスワードを一覧表示し、忘れてしまったパスワードなどを確認するのに役立つツールです。現在ログインしているユーザーのほかに、別のユーザーや外部ドライブに保存されているパスワードを取得できます。また、ほかのパスワード管理ソフトで読み込むための CSV ファイルなどのファイルに保存することができます。

ChromePass の機能

ChromePass では、各パスワードについて次の情報が表示されます。

・オリジナルの URL
・保存した URL
・ユーザー名フィールドの種類
・パスワードフィールドの種類
・ユーザー名
・パスワード
・作成された時刻
・パスワード強度
・パスワードファイル名
保存されているすべてのパスワードを一覧表示

ChromePass

ChromePass を実行するだけで、現在のユーザーの Chrome ブラウザに保存されているすべてのパスワードを表示することができます。

各項目でソートしたり文字列で検索して目的のパスワードを探すことが可能で、「パスワードの強度」も表示されるので、安全でない弱いパスワードを調べて変更するために役に立ちます。

別のユーザーや別の場所のパスワードを復元

ChromePass

デフォルトでは現在ログインしているユーザーのパスワードが表示されますが、「アドバンスドオプション」を使用すると、別のユーザーや、別のドライブに保存されているユーザープロファイルから Chrome のパスワードを読み込んで表示することができます。

このオプションは、使用できないドライブからパスワードを復元したい場合などに役に立つでしょう。

データのコピーとエクスポート

ChromePass に表示されているすべての情報は、コピーしたりファイル(テキスト・タブ区切りのテキスト・表形式のテキスト・カンマ区切り CSV・HTML・XML)に保存するこができます。ほかのパスワードマネージャでインポートするための KeePass CSV・Chrome CSV・Password Exporter XML ファイルに保存することも可能です。

Chrome のパスワード表示ツール

ChromePass は Chrome のパスワードを確認したり、ファイルにエクスポートしたい人にとって便利なツールです。Chrome 系のほかのブラウザ(Vivaldi・Opera)のパスワードの表示することができます。

ダウンロード時の注意点

ChromePass の ZIPファイルはパスワードで保護されています。解凍に必要なパスワードは「chpass9126*」です。

機能

  • Chrome ブラウザに保存されているパスワード情報を表示
  • データをファイルに保存(txt, csv, html, xml)
  • 別のユーザー/別のドライブのパスワードを読み込み
  • 表示スタイルや列のカスタマイズ

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Nir Sofer
使用言語:日本語・英語ほか
最終更新日: 2か月前 (2021/04/12)
ダウンロード数:96

ダウンロード

chromepass.zip password: chpass9126* 155 KB 55 ダウンロード
chromepass_japanese.zip japanese language file 2 KB 41 ダウンロード

画像

ChromePass

パスワードの表示(メイン画面)

ChromePass

アドバンスドオプション

使い方

日本語化

1.日本語言語ファイルのインストール方法
  • 日本語言語ファイルのパッケージ「chromepass_japanese.zip」をダウンロードします。
  • ZIP ファイル内の「ChromePass_lng.ini」ファイルを ChromePass.exe と同じ場所に配置します。
  • 「ChromePass.exe」ファイルを実行するとアプリが起動し、日本語で表示されます。

ChromePass

基本的な使い方

1.Chrome のパスワードを表示する

ChromePass を起動すると、現在ログインしているユーザーの Chrome ブラウザに保存されているパスワードの情報が表示されます。

  • 各パスワードは一行づつ表示されます。見出しをクリックすると列をソートできます。

ChromePass

表示される情報:
オリジナルの URL
保存した URL
ユーザー名フィールド:ユーザー名入力フォームの種類
パスワードフィールド:パスワード入力フォームの種類
ユーザー名:ログインユーザー名
パスワード:ログインパスワード
作成された時刻:パスワード作成日時
パスワード強度:パスワードの強さ
パスワードファイル:パスワードファイル名と場所

 

2.パスワードを検索する
  • 編集」メニューの「検索」を使用すると、表示されている内容から文字列で検索できます。

 

3.プロパティを表示する
  • 行をダブルクリックするか、右クリックメニューの「プロパティ」を選択すると、選択した行のすべてのデータをひとつの画面で表示できます。

ChromePass

 

表示スタイルの変更

1.表示する列をカスタマイズする
  • 表示」メニューの「カラムを選択」を選択すると、テーブルに表示または非表示にする列(項目)を選択したり、列の順序や列の幅を変更できます。

ChromePass

 

2.表示スタイルを変更する
  • 表示」メニューの「グリッドの線を表示」を選択すると、テーブルに境界線を表示して見やすくできます。

ChromePass

 

  • 表示」メニューの「一行おきに背景色を追加」を有効にすると、行に背景色を追加して見やすくできます。

 

  • 表示」メニューの「カラムのサイズを自動調整」を選択すると、列の幅を文字の長さに合わせて調整します。

ChromePass

データをコピー・保存する

1.パスワードのデータをコピーする
  • コピーしたい行を選択し、右クリックメニューまたは「編集」メニューの「選択した項目をコピー」を選択すると、選択した行のデータをクリップボードにコピーできます。
・「編集」メニューの「すべて選択」からすべてを選択できます。
・Ctrl または Shift キーを使って複数の行を選択できます。

 

2.データをファイルに保存する
  • 選択した行のデータをファイル(txt・csv・html・xml)に保存する場合は、右クリックメニューまたは「ファイル」メニューの「選択した項目を保存」を選択します。

 

3.HTML レポートを表示する
  • View」メニューまたは右クリックメニューの「HTML レポート – すべての項目」を選択すると、全てのデータを HTML 化して表示します。
  • HTML レポート – 選択した項目」を選択すると、選択したデータの HTML レポートを表示します。
・HTML レポートのファイルは ChromePass.exe と同じフォルダに保存されます。

アドバンスドオプション

1.別のユーザーや別の場所のパスワードを読み込む
  • ファイル」の「アドバンスドオプション」を使用すると、別のユーザーや別のドライブにある Chroime のパスワードを読み込むことができます。。

ChromePass

メニュー

1.右クリックメニュー

ChromePass

選択した項目を保存:選択した行のデータをファイルに保存
選択した項目をコピー:選択した行のデータをクリップボードにコピー
HTML レポート – すべての項目:すべての行のデータを HTML ファイルで表示
HTML レポート – 選択した項目:選択した行のデータを HTML ファイルで表示
カラムを選択:表示する列や列の幅をカスタマイズする
カラムのサイズを自動調整:列の幅を文字の長さに合わせて調整する
プロパティ:データを 1 つの画面で表示
更新:リストを更新する

 

2.ファイルメニュー

ChromePass

アドバンスドオプション:読み込み先を変更するオプションを開く
選択した項目を保存:選択した行のデータをファイルに保存
プロパティ:データを 1 つの画面で表示
終了:プログラムを終了する

 

3.編集メニュー

ChromePass

検索:文字列を入力して検索する
選択した項目をコピー:選択した行のデータをクリップボードにコピー
全て選択:行を全て選択
全て非選択:すべての選択を解除

 

4.表示メニュー

ChromePass

グリッドの線を表示:グリッドラインを表示する
ツールチップを表示:マウスオーバー時にツールチップを表示
一行おきに背景色を追加:行に背景を追加する
HTML レポート – すべての項目:すべての行のデータを HTML ファイルで表示
HTML レポート – 選択した項目:選択した行のデータを HTML ファイルで表示
カラムを選択:表示する列や列の幅をカスタマイズする
カラムのサイズを自動調整:列の幅を文字の長さに合わせて調整する
更新:リストを更新する

 

5.ヘルプメニュー

ChromePass

管理者として実行する:ChromePass を管理者として実行します(外部ドライブからパスワードを読み取る際に必要)
情報:バージョン情報を表示する

よくある質問と回答

コマンドラインオプションについて

・公式ページで確認できます。
URL:https://www.nirsoft.net/utils/chromepass.html