パスワードリカバリ Nir SoferWindowsパスワード復元フリーソフト

CredentialsFileView 1.12

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

Windows の資格情報ファイル内に保存されているパスワードを表示するパスワードリカバリツール

CredentialsFileView
Windows の資格情報ファイル内に保存されているパスワードやその他のデータを復号化して表示する、Windows 用のシンプルなツール。現在使用中のシステムのほかに、外付けハードドライブに保存されている資格情報データを復号化することもできます。

CredentialsFileView の概要

CredentialsFileView は、Windows の資格情報ファイル内に保存されているデータを復号化して表示する Windows 用のツールです。

CredentialsFileView の機能

CredentialsFileView の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 パスワードリカバリ
機能詳細 ・Windows の資格情報ファイル内に保存されているデータを復号化して表示する
・HTML レポートの表示
・表示されている内容をテキストファイル(TXT、CSV、HTML、XML)に保存
・表示されている内容をクリップボードにコピー
Windows の資格情報に保存されているユーザー名やパスワードを表示します

CredentialsFileView

CredentialsFileView は、Windows の資格情報ファイル内に保存されているパスワードやその他のデータを復号化して表示する、Windows 用のシンプルなツールです。

このツールを使用すると、資格情報ファイルの名前、資格情報ファイルのバージョン、エントリのタイプ、エントリ内にあるユーザー名やパスワードなどの情報を確認することができます。

外付けドライブの資格情報を復元できます

CredentialsFileView

CredentialsFileView を使用すると、現在実行しているコンピューターのほかに、コンピュータに接続されている外付けドライブから Windows の資格情報を抽出することができます。

表示されている情報は、すべてまたは選択した行をクリップボードにコピーしたり、テキストファイル(TXT、CSV、HTML、XML)に保存することができます。

Windows の資格情報に保存されているパスワードをリカバリすることができるポータブルアプリ

CredentialsFileView は、Windows の資格情報に保存されているパスワード情報を回復することができる便利なアプリケーションです。CredentialsFileView はパスワードリカバリアプリケーションなので、Windows のアンチウイルスソフトに誤検知される場合があります。

機能

  • Windows の資格情報ファイル内に保存されているデータを復号化して表示する
  • HTML レポートの表示
  • 表示されている内容をテキストファイル(TXT、CSV、HTML、XML)に保存
  • 表示されている内容をクリップボードにコピー

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10|11
メーカー:Nir Sofer
使用言語:英語
最終更新日: 3か月前 (2023/12/05)
ダウンロード数:433

ダウンロード

credentialsfileview.zip 32-bit 74.00 KB 433 ダウンロード
credentialsfileview-x64.zip 64-bit 94.15 KB 315 ダウンロード

画像

CredentialsFileView

ユーザーインターフェース

CredentialsFileView

読み込み元の選択

CredentialsFileView

カラムの選択

CredentialsFileView

右クリックメニュー

使い方

インストール

1.インストール方法

CredentialsFileView は、インストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「CredentialsFileView.exe」ファイルを実行するとアプリケーションを使用できます。

CredentialsFileView

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  • CredentialsFileView を起動したら、読み込み元のユーザーまたはシステムを選択して[OK]をクリックします。

CredentialsFileView

 

  • Windows の資格情報ファイル内に保存されているデータが表示されます。

CredentialsFileView

Filename:資格情報ファイルの名前
Version:資格情報ファイルのバージョン – XP または Vista/7/8/10
Decrypted Size:復号化されたデータの合計サイズ
Modified Time:資格情報エントリの変更時刻
Entry Type:エントリのタイプ – 汎用、ドメイン パスワード、証明書、.NET パスポート、汎用証明書、ドメイン拡張
Persist:セッション、ローカル マシン、またはエンタープライズ
Entry Name:資格情報エントリの名前
User Name:資格情報エントリ内にあるユーザー名
Password:資格情報エントリ内にあるパスワード
Full Path:資格情報ファイルのフルパス
File Size:資格情報ファイルのサイズ
File Modified Time:資格情報ファイルの変更時間
File Created Time:資格情報ファイルの作成時間

 

2.表示する列をカスタマイズする
  • View」>「Choose Columns」を選択すると、表示する列を選択したり、列の幅を調整できます。

CredentialsFileView

メニュー

1.右クリックメニュー

CredentialsFileView

Save Selected Items:選択した行をファイルに保存する
Copy Selected Items:選択した行をクリップボードにコピーする
HTML Report – All Items:すべての行の HTML レポートを表示する
HTML Report – Selectes Items:選択した行の HTML レポートを表示する
Choose Columns:表示する列をカスタマイズする
Auto Size Columns:列の幅を自動調整する
Properties:プロパティを表示する
Refresh:表示を更新する

 

2.File メニュー

CredentialsFileView

Save Selected Items:選択した行をファイルに保存する
Properties:プロパティを表示する
Exit:アプリを終了する

 

3.Edit メニュー

CredentialsFileView

Find:文字列で検索する
Copy Selected Items:選択した行をクリップボードにコピーする
Select All:すべて選択する
Deselect All:すべての選択を解除する

 

4.View メニュー

CredentialsFileView

Show Grid Lines:グリッド線を表示する
Show Tooltips:ツールチップを表示する
Mark Odd/Even Eows:行に背景色を追加する
HTML Report – All Items:すべての行の HTML レポートを表示する
HTML Report – Selectes Items:選択した行の HTML レポートを表示する
Choose Columns:表示する列をカスタマイズする
Auto Size Columns:列の幅を自動調整する
Auto Size Columns+Headers:列と見出しの幅を自動調整する
Refresh:表示を更新する

 

5.Options メニュー

CredentialsFileView

Lower Pane Mode:下ペインのモードを選択する
Save File Encoding:保存するファイルのエンコード方式を選択する
Show Time In GMT:時刻をグリニッジ標準時間で表示する
Credencials Decryption Options:読み込み元の選択画面を開く

よくある質問と回答

ライセンスについて。

CredentialsFileView は、どなたでも無料で使用できます。