システムそのほか Nir SoferWindowsシステム修復フリーソフト

BlueScreenView 1.55

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

ブルースクリーン表示の際に作成されるミニダンプファイルを表示するツール

BlueScreenView
「ブルー スクリーン」のクラッシュ中に作成されたすべてのミニダンプ ファイルを表示する、Windows 用のツール。ブルースクリーン発生時のエラーコードやエラー 発生時に読み込まれていたドライバなどを確認することができます。

BlueScreenView の概要

BlueScreenView は、「ブルー スクリーン」のクラッシュ中に作成されたすべてのミニダンプ ファイルを表示する、Windows オペレーティング システム用のツールです。

BlueScreenView の機能

BlueScreenView の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 ブルースクリーン表示の際に作成されるミニダンプ ファイルを表示する
機能詳細 ・「ブルー スクリーン」のクラッシュ中に作成されたすべてのミニダンプ ファイルを表示する
・クラッシュ中にロードされたデバイス ドライバの詳細を確認する
・HTML レポートの表示
・データをコピー/ファイルに保存
ブルースクリーンが発生したの原因を解明できます

BlueScreenView

BlueScreenView は、「ブルー スクリーン」のクラッシュ中に作成されたすべてのミニダンプ ファイルを表示する、Windows 用のツールです。

クラッシュごとのミニダンプ ファイル名、クラッシュの日時、ブルー スクリーンに表示される基本的なクラッシュ情報 (バグ チェック コードと 4 つのパラメーター)、およびクラッシュの原因となった可能性のあるドライバーまたはモジュールの詳細(ファイル名、製品名、ファイルの説明、およびファイルのバージョン)などの情報を表示します。

クラッシュの原因を Google 検索できます

BlueScreenView

BlueScreenView の下部ペインには、クラッシュ中にロードされたデバイス ドライバの詳細情報が表示されます。また、ブルースクリーンのバグ チェックコードを Google 検索することもできます。

アドバンスドオプションを使用すると、外部のフォルダからミニダンプファイルを読み込んだり、複数のリモートコンピュータからミニダンプファイルを取得することができます。

ブルースクリーンに関する情報を分析できるポータブルアプリ

BlueScreenView は、ブルースクリーンクラッシュの原因となった疑いのあるドライバーを調べることができる便利なポータブル ユーティリティです。将来のクラッシュの再発を防ぐために、ミニダンプ ファイルを読み取って問題の原因を特定できます。

機能

  • 「ブルー スクリーン」のクラッシュ中に作成されたすべてのミニダンプ ファイルを表示する
  • クラッシュ中にロードされたデバイス ドライバの詳細を確認する
  • HTML レポートの表示
  • 表示されている内容をテキストファイル(TXT、CSV、HTML、XML)に保存
  • 表示されている内容をクリップボードにコピー

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10|11
メーカー:Nir Sofer
使用言語:英語
最終更新日: 1年前 (2023/04/26)
ダウンロード数:717

ダウンロード

bluescreenview.zip 32 bit 65.73 KB 717 ダウンロード
bluescreenview-x64.zip 64 bit 83.38 KB 294 ダウンロード
bluescreenview_japanese.zip japanese language file 2.48 KB 242 ダウンロード

画像

BlueScreenView

ユーザーインターフェース

BlueScreenView

右クリックメニュー

BlueScreenView

列の選択

BlueScreenView

「表示」メニュー

使い方

インストール

1.インストール方法

BlueScreenView は、インストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「BlueScreenView.exe」ファイルを実行するとアプリケーションを使用できます。

日本語化

1.言語を日本語に変更する
  1. bluescreenview_japanese.zip」ファイルを解凍し、「BlueScreenView_lng.ini」ファイルを「BlueScreenView.exe」と同じ場所に配置します。
  2. BlueScreenView を起動すると、日本語で表示されます。

BlueScreenView

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  • BlueScreenView を起動すると、「ブルースクリーン」のクラッシュ中に作成されたすべてのミニダンプファイルが表示されます。
  • 下部ペインには、クラッシュ中にロードされたデバイス ドライバの詳細が表示されます。

BlueScreenView

 

2.表示する列をカスタマイズする
  • 表示」>「列の選択」を選択すると、表示する列を選択したり、列の幅を調整できます。

BlueScreenView

メニュー

1.右クリックメニュー

BlueScreenView

選択したアイテムを保存:選択した行をファイルに保存する
選択したアイテムをコピー:選択した行をクリップボードにコピーする
すべてのアイテムを HTML で表示:すべての行の HTML レポートを表示する
選択したアイテムを HTML で表示:選択した行の HTML レポートを表示する
Google 検索 – バグ チェック + ドライバー:バグ チェックとドライバーの値を Google 検索する
Google 検索 – バグ チェック:バグ チェックの値を Google 検索する
Google 検索 – バグ チェック + パラメーター:バグ チェックとパラメーターの値を Google 検索する
列の選択:表示する列をカスタマイズする
列のサイズを自動的に変更:列の幅を自動調整する
プロパティ:プロパティを表示する
更新:表示を更新する

 

2.ファイル メニュー

BlueScreenView

名前を付けて選択したアイテムを保存 :選択した行をファイルに保存する
プロパティ:プロパティを表示する
Google 検索 – バグ チェック + ドライバー:バグ チェックとドライバーの値を Google 検索する
Google 検索 – バグ チェック:バグ チェックの値を Google 検索する
Google 検索 – バグ チェック + パラメーター:バグ チェックとパラメーターの値を Google 検索する
終了:アプリを終了する

 

3.編集 メニュー

BlueScreenView

検索:文字列で検索する
選択したアイテムをコピー:選択した行をクリップボードにコピーする
エクスプローラーにコピー:ファイルをコピーする
すべて選択:すべて選択する
すべて選択解除:すべての選択を解除する

 

4.表示 メニュー

BlueScreenView

グリッドラインを表示:グリッド線を表示する
ツールチップを表示:ツールチップを表示する
奇数/偶数行を色分け:行に背景色を追加する
すべてのアイテムを HTML で表示:すべての行の HTML レポートを表示する
選択したアイテムを HTML で表示:選択した行の HTML レポートを表示する
列の選択:表示する列をカスタマイズする
列のサイズを自動的に変更:列の幅を自動調整する
列とヘッダーのサイズを自動的に変更:列と見出しのサイズを自動調整する
更新:表示を更新する

 

5.オプション メニュー

BlueScreenView

下ペインのモード:下ペインの表示モードを選択する
クラッシュ スタック内で見つかったドライバーにマーク:スタック内で見つかったドライバに背景色を追加する
GMT で時刻を表示:GMT(グリニッジ標準時間)で時間を表示する
CSV/タブ区切りファイルにヘッダー行を追加:CSV(タブ区切り)ファイルに見出しの行を追加する
詳細オプション:アドバンスドオプションを開く

 

  • Advanced Options」を開くと、リモートコンピュータからミニダンプファイルを取得できます。

よくある質問と回答

ライセンスについて。

BlueScreenView は、どなたでも無料で使用できます。