ディスクそのほか LinuxLSoft TechnologiesWindowsフリーソフト

Active@ Disk Editor 24.0.0.0

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

フリーのローレベルの 16 進ディスクエディタ

Active@ Disk Editor
HDD、SSD、USB ディスク、パーティションとボリューム、ファイル、その他のオブジェクトの RAW データの表示と編集ができる、Windows および Linux 向けのディスクエディタ。

Active@ Disk Editor の概要

Active@ Disk Editor は、物理ディスク上の RAW データ(セクター)、パーティション、ファイルコンテンツを 16 進形式で表示および編集できる高度なツールです。

Active@ Disk Editor の機能

Active@ Disk Editor の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 ディスクエディタ
機能詳細 ・ハードディスクドライブ、SSD、USB ディスク、パーティションとボリューム、ファイル、その他のオブジェクトのデータ ストレージ構造要素の内容を分析できます。
RAW データの表示と編集ができます

Active@ Disk Editor

Active@ Disk Editor は、ボリューム、パーティション、ファイルなどの物理ディスク上のストレージの RAW データ(セクター)を表示および編集するための高度なアプリケーションです。

Active@ Disk Editor は、Windows と Linux で無料で利用可能なフリーソフトで、コンテンツを 16 進数で表示したり、別のペインを有効にして ASCII および Unicode に相当するものを表示できます。

ディスク上の重要な領域にアクセスできます

Active@ Disk Editor

Active@ Disk Editor は、バイナリ モードとテキストモードで情報を同時に表示する、シンプルなローレベルのディスクビューアを使用します。

このビューを使用して、ハードディスクドライブ、SSD、USB ディスク、パーティションとボリューム、ファイル、その他のオブジェクトのデータ ストレージ構造要素の内容を分析できます。

スタートメニューを透明化することができる便利なアプリケーション

Active@ Disk Editor は、バイナリレベルでディスクを編集することができる、ローレベルの 16 進エディタです。HDD、SSD、USBドライブなど、さまざまなディスクタイプをサポートしており、ユーザーは 16進、ASCII、Unicode 形式でディスクデータを表示および変更することができます。

機能

  • 強化されたテンプレートビュー
  • MFT レコードの詳細情報
  • 並べて比較して編集
  • ツールヒントのデータによるフィールドの色付け
  • 広範な exFAT サポート
  • 高速ナビゲーションのポイント
  • 選択範囲をパターンで塗りつぶす
  • Unicode のサポート
  • クイックディスク情報
  • ブックマーク
  • データインスペクター
  • 検索
  • 画像の操作
  • テンプレート内のハイパーリンク

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10|11・Linux
メーカー:LSoft Technologies
使用言語:英語
最終更新日: 1か月前 (2024/05/17)
ダウンロード数:48

ダウンロード

diskeditor-freeware.exe windows 25.83 MB 48 ダウンロード
DiskEditor.tar.gz linux 37.10 MB 15 ダウンロード

画像

Active@ Disk Editor

ホーム画面

Active@ Disk Editor

ディスクの選択

Active@ Disk Editor

編集画面

使い方

インストール

1.インストール方法
  • セットアップウィザードが開始したら[Next]をクリックします。

Active@ Disk Editor

 

  • ライセンスが表示されます。「I accept the agreement」を選択して[Next]をクリックします。

Active@ Disk Editor

 

  • インストール先を確認して[Next]をクリックします。

Active@ Disk Editor

 

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

Active@ Disk Editor

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  • ローカルディスクを編集する場合は、「Local Devices」を選択します。

Active@ Disk Editor

 

  • 編集したいディスク(パーティーション)を選択し、ツールバーの「Edit」をクリックします。

Active@ Disk Editor

 

  • RAW データの閲覧と編集ができます。

Active@ Disk Editor

よくある質問と回答

ライセンスについて。

Active@ Disk Editor は、どなたでも無料で使用できます。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



ディスクそのほか
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ