ディスクそのほかAbelssoftSSD 最適化Windowsフリーソフト

SSD Fresh 2021.10.04

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

SSD を最適化/高速化/高寿命化することができる SSD 最適化ソフト

PC の SSD のパフォーマンスを向上させて、SSD の寿命を簡単に延ばすことができる SSD 最適化アプリケーション。ワンクリックで Windows の SSD の設定を最適化して SSD を最適化/高速化/高寿命化することができます。

SSD Fresh の概要

SSD Fresh は、無駄なサービスを無効にし、不要な書き込みアクセスを無効にすることで、SSD のパフォーマンスを向上させることができるアプリケーションです。

SSD Fresh の機能

SSD Fresh では、以下の SSD に関する項目を最適化できます。

機能概要
IndexingWindows のインデックス機能を無効化して SSD の寿命を延ばす
Drive Optimizationデフラグを無効にして、TRIM 機能でのみ SSD を最適化する
Timestampファイルアクセスのアクセス時間の保存を無効にして、SSD の寿命を延ばす
Hibernate休止状態を使用しない場合は無効にして SSD のスペースを解放する
Windows kernel swappingWindows カーネルがディスクにスワップされなくなり、カーネルアクセスのパフォーマンスが最適化
Prefetchプリフェッチ機能を無効にして SSD を最適化
Defragmentation of boot filesブートファイルのデフラグを無効にして、SSD の寿命を延ばす
8.3 name creation古い 16 ビット DOS アプリケーションとの互換性のための名前の作成を無効にして、SSD を最適化
Windows trim functionSSD がサポートされている場合は、有効にすることで SSD の寿命とパフォーマンスを向上
AHCI Setting専門家向けの設定
ワンクリックで SSD を最適化します

SSD Fresh を使用すると、SSD の寿命を短くするような不要なサービスを無効にしたり、SSD のパフォーマンスを向上させるために必要な設定を有効にすることができます。

最適化方法は「自動」と「手動」の 2 種類があり、自動最適化を選択するとワンクリックで Windows の SSD の設定を最適化させることができます。

多くの項目を最適化できます

SSD Fresh では、自動最適化のほかに、9 つの項目を手動で最適化して、不要な機能を無効にしたり、SSD の設定を最適化することができます。詳しくはこのページの「使い方」のエリアを参考にしてください。

現在の設定はバックアップできるので、設定を変更する前にバックアップを作成しておくことをおすすめします。

使いやすく効果が期待できる SSD 最適化ソフト

SSD Fresh は、初心者でもかんたんに SSD が最適化/高速化/高寿命化できるように設計されたすばらしいアプリケーションです。現在日本語に翻訳されていませんが、使い方は難しくありません。

機能

  • SSD の設定を最適化

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10
メーカー:Abelssoft
使用言語:英語・ドイツ語ほか
最終更新日: 5か月前 (2021/02/11)
ダウンロード数:79

ダウンロード

ssdfresh.exe 3 MB 79 ダウンロード

画像

メイン(自動最適化)画面

手動最適化画面

使い方

インストール方法

1.インストール
  • インストーラを実行すると、セットアップ中に使用する言語の選択画面が表示されます。言語を選択して[OK]をクリックします。

SSD Fresh

 

  • セットアップウィザードが開始し、インストール先の設定画面になります。変更しない場合はこのまま[次へ]をクリックします。

SSD Fresh

 

  • スタートメニューに作成するショートカットの設定です。変更しない場合はこのまま[次へ]をクリックします。

SSD Fresh

 

  • デスクトップアイコンを作成するかどうかの設定です。設定したら[Next]をクリックします。

SSD Fresh

 

  • インストールの準備ができました。[Install]をクリックしてインストールを開始します。

SSD Fresh

 

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

SSD Fresh

 

ユーザー登録

1.ユーザー登録をする

SSD Fresh を使用するにはユーザー登録が必要です。

  • 名前とメールアドレスを入力して、下の[Get free unlock e-mail now]をクリックします。

 

  • 入力したメールアドレス宛てに届いたメールのリンクをクリックすると認証が完了し、「Done」と表示されます。[Done]ボタンをクリックするとアプリを起動できます。

設定をバックアップする

1.設定をバックアップする

「Optimization」画面の左下の「Create Backup」をクリックすると現在の設定をバックアップできます。

  • 「Restore Backup」をクリックすると、バックアップを復元できます。

自動最適化を実行する

1.自動最適化を行う

SSD Fresh を起動すると、メーターで現在の最適化レベルが表示されます。

  • OPTIMIZE AUTOMATICALLY]ボタンをクリックすると、自動で最適化されます。
  • [OPTIMIZE MANUALLY]ボタンをクリックすると、手動で最適化できます。

手動で最適化を実行する

1.手動で最適化を行う

「Optimization」タブを開くと各設定を自動で最適化できます。スイッチが緑色になっている場合は、その項目は最適化済み、ピンク色の場合は最適化されていないということになります。

  • 各スイッチを ON または OFF にすると設定を最適化できます。

Indexing:検索を高速化するために、Windowsはインデックスファイルを作成します。ただし、これにより SSD で書き込み操作が発生し、SSDの寿命が短くなります。 Windows サーチをほとんどまたはまったく使用しない場合は、この機能をオフにすることを検討してください。このアイテムは自動的に最適化されません。
Drive Optimization:Windows 8 以降で Microsoft はデフラグ機能を改善し、デフラグを実行する代わりに TRIM 機能でのみ SSD を最適化するようにしました。なので、この機能はオンにする必要があります。
Timestamp:Windows は各ファイルアクセスのアクセス時間を保存します。これにより、不要な書き込みエラーが発生し、SSD の寿命が短くなります。このオプションをオフにすると、タイムライン機能が制限されます。
Hibernate:コンピューターを休止状態モードにしない場合はこのオプションをオフにします。このオプションへの変更は、再起動後にのみ有効になります。
Windows kernel swapping:この設定を無効にすると、Windows カーネルがディスクにスワップされなくなり、カーネルアクセスのパフォーマンスが最適化されます。

 

Prefetch:プリフェッチは、頻繁に使用されるアプリケーションの RAM へのプリロードをサポートします。 SSD のアクセス時間が速いため、この機能は役に立たず、無効にすることができます。
Defragmentation of boot files:ブートファイルのデフラグは意味がなく、SSD の寿命が短くなるため無効にする必要があります。
Windows event logging:Windowsは、システム構成の変更だけでなく、さまざまなサービスやプログラムからのクラッシュやその他のイベントを永続的に記録します。これにより、不要なディスク書き込みが発生し、SSD の寿命が短くなります。
8.3 name creation:古い 16 ビット DOS アプリケーションとの互換性のために、Windows はフォルダーとファイルの短い名前を作成します。これにより、SSD への追加のディスク書き込みが発生します。現在のアプリケーションはこれらの名前を必要としないため、無効にすることができます。
Windows Trim function:ソリッドステートディスク(SSD)の寿命とパフォーマンスを向上させるには、この機能をアクティブにする必要があります。この機能を使用するかどうかは、SSDがこの機能をサポートしているかどうかによって異なります。
AHCI setting:この設定は、専門家のみが可能な最適化の可能性についてのアドバイスとして役立ちます。現時点では変更はありません。

よくある質問と回答

ライセンスについて

SSD Fresh は無料で使用できますが、使用するにはメールアドレスの登録が必要です。

ユーザーレビュー

レビューはまだありません、 最初のレビューを投稿してください。コメントは任意です。



ディスクそのほか
スポンサーリンク
ダウンロードと使い方 | ソフタロウ