起動・シャットダウン PassMark SoftwareWindowsスリープ状態フリーソフト休止状態

Sleeper 2.0 Build 1012

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

スリーブまたは休止状態が正常に行われるかをテストするツール

Sleeper
PC が正しくスリープまたは休止状態に移行されるか、正しく通常の状態に復帰できるかをテストできる Windows 向けのフリーソフト。エラーや警告が検知された場合はアプリにイベントログが表示されます。

Sleeper の概要

Sleeper は、PC がスリープと休止状態に入る能力と復帰する能力をテストするのに役立つ Windows プログラムです。

Sleeper の機能

Sleeper の主な機能です。

機能 概要
メイン機能 スリープおよび休止状態をテストする
機能詳細 ・スリープおよび休止状態を実行してテストしてログを表示
スリープおよび休止状態を実行して正常に行われるかをテストします

Sleeper

Sleeper は、PC が正しくスリープまたは休止状態に移行できるか、正しく通常の状態に復帰できるかをテストするのに役立つ Windows 向けのアプリケーションです。

このアプリを使用すると、PC をシステムでサポートされている任意のスリープ状態(S1、S2、S3)または休止状態(S4)にすることができます。ハイブリッドスリープにも対応しています。

スリープへの移行から復帰までのすべてのログを表示します

Sleeper

Sleeper でスリープまたは休止状態のテストを行うと、正常な場合は緑色のステータスがログに表示されます。何らかの警告がある場合は黄色、エラーがある場合は赤色でログが表示されるので、問題がある場合はすぐにログで原因を見つけることができます。

オプションを使用すると、ログファイルの保存先を指定したり、スリープが実行されるまでのカウントダウンタイマーを有効にすることができます。

スリープが問題なく行われているかを確認できる便利なアプリケーション

Sleeper は、スリーブまたは休止状態のサイクルが問題なく実行されているかを確認することができる便利なアプリケーションです。スリープまたは休止状態のサイクル中に発生しているすべてのイベントが表示されます。

機能

  • PC をシステムでサポートされている任意のスリープ状態(S1、S2、S3)にします
  • PC を休止状態にします(S4)
  • 指定された時間が経過したら、コンピューターをスリープ解除します
  • コマンドラインから PC をスリープまたは休止状態にする
  • PCを強制的に要求されたスリープ状態にします
  • すべてのスリープ状態またはシステムでサポートされているすべての状態を循環します
  • BurnInTest スクリプトから Sleeper を起動して、テスト実行間のスリープ状態をテストします
  • サポートされているスリープ状態を表示する

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10|11
メーカー:PassMark Software
使用言語:英語
最終更新日: 2年前 (2022/03/21)
ダウンロード数:185

ダウンロード

sleeper.zip 213.90 KB 185 ダウンロード

画像

Sleeper

ユーザーインターフェース

Sleeper

テスト実行後

Sleeper

設定画面

使い方

インストール

1.インストール

Sleeper はインストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「Sleeper.exe」ファイルを実行するとアプリケーションを起動できます。

Sleeper

基本的な使い方

1. 基本的な使い方
  1. Suspend Types For Cycle」から、実行するスリープモードを選択します(複数選択可)。
  2. Sleep Now]ボタンをクリックすると、スリーブまたは休止状態が実行されます。

Sleeper

 

  • 復帰が完了すると、アプリ上にログが表示されます。

Sleeper

 

2.Configration

Configration]ボタンをクリックするとアプリの設定ができます。

  • 右上の「Delay before first sleep」では、スリープが実行されるまでのタイムアウト(秒)を設定できます。

Sleeper

よくある質問と回答

ライセンスについて。

Sleeper は、個人使用に限り無料で利用できます。会社で使用する場合はライセンスが必要です。