キーボードJosip MedvedWindowsキーボード割り当てフリーソフト

Scancode Map 1.11

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

キーの割り当てをかんたんに変更できる再マップツール

Scancode Map
キーボードのキーの割り当てをほかのキーに変更することができる Windows 向けのツール。かんたんにキーを再マッピングすることができ、複数のキーを設定して管理できます。

Scancode Map の概要

Scancode Map は、キーボードのキーを特定のキーにかんたんに再マッピングすることができるアプリです。キーのスキャンコードとバーチャルキーコードを表示できる Scancode Viewer ツールも同梱されています。

Scancode Map の機能

Scancode Map の主な機能です。

機能概要
メイン機能キーの割り当てを変更(再マップ)
機能詳細・複数の割り当てを追加可能
・レジストリファイルに書き出し
キーの割り当てをかんたんに変更できます

Scancode Map

Scancode Map を使用すると、キーボードのキーの割り当てをかんたんに変更できます。

使い方はかんたんで、変更したいキーと新しく適用したいキーを設定して[Apply]ボタンをクリックするだけです。特定のキーを無効にすることもできます。変更を適用するには PC の再起動が必要です。

キーの割り当てを変更するレジストリファイルを書き出して、手動で再マップすることもできます。

キーボード再マップツール

Scancode Map は、キーの割り当てを変更してキーボートを使いやすくすることができる便利なアプリケーションです。手動でレジストリをいじる必要なくキー割り当てを変更できるので、初心者でもかんたんに使用できます。

機能

  • キーボードのキー割り当てを変更する(キーの再マップ)

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 7|8|8.1|10
メーカー:Josip Medved
使用言語:英語
最終更新日: 5か月前 (2021/05/24)
ダウンロード数:41

ダウンロード

scancodemap111.exe installer 1 MB 23 ダウンロード
scancodemap111.zip portable 135 KB 18 ダウンロード

画像

Scancode Map

ユーザーインターフェース

Scancode Map

キーの割り当ての追加

Scancode Map

ユーザーインターフェース(2)

Scancode Map

設定適用後の確認画面

使い方

インストール

1.インストール方法
  • インストーラを実行するとライセンスが表示されます。「I accept the agreement」を選択して[Next]をクリックします。

Scancode Map

 

  • インストール先を指定して[Next]をクリックします。

Scancode Map

 

  • インストールの準備ができました。[Install]をクリックしてインストールを開始します。

Scancode Map

 

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

Scancode Map

基本的な使い方

1.キーの割り当てを変更する
  • Scancode Map を起動したら、ツールバーの[]ボタンをクリックします。

Scancode Map

 

  • From」のドロップダウンから変更したいキーを選択するか、[…]ボタンをクリックして変更したいキーを入力します。
  • To」のドロップダウンから適用したいキーを選択するか、[…]ボタンをクリックして適用したいキーを入力します。
  • OK]をクリックします。

Scancode Map

 

  • メイン画面に追加されたら、ツールバーの「Apply」をクリックして設定を適用します。

Scancode Map

 

  • 「キーのマッピングが保存されました、マシンを再起動すると適用されます。」といったメッセージが表示されます。[OK]をクリックします。
  • PC を再起動するとキーマッピングの変更が有効になります。

Scancode Map

 

2.キー割り当てを削除する
  • 削除したいキーを選択して、ツールバーの[]ボタンをクリックします。
  • ツールバーの「Apply」をクリックします。
  • PC を再起動すると変更が適用されます。

Scancode Map

よくある質問と回答

ライセンスについて。

Scancode Map は、どなたでも無料で使用できます。