パスワードそのほか Nir Sofer Windows パスワード管理 フリーソフト

Password Security Scanner 1.61

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

ブラウザに保存されている安全でないパスワードを探すツール

Password Security Scanner

Web ブラウザやメールソフトに保存してあるパスワードのセキュリティをチェックできるユーティリティ。Web サイトやメールアカウントのパスワードの強度を調べて安全性が低いパスワードを探すことができます。

Password Security Scanner の概要

Password Security Scanner は、Internet Explorer や Mozilla Firefox、Google Chrome などに保存してあるすべてのパスワードをスキャンして一覧表示し、パスワードの文字数や使用されている文字の種類をチェックしてパスワードが安全かどうかを調べることができるユーティリティです。以下のアプリケーションに対応しています。

・Internet Explorer
・Mozilla Firefox
・Google Chrome
・Windows のダイヤルアップ/VPN パスワード
・MSN/Windows メッセンジャー
・Microsoft Outlook

・Windows Live Mail
・Yandex
・Vivaldi
・SeaMonkey
・Opera

Password Security Scanner のメイン機能

Password Security Scanner は、保存されているパスワードについて以下の情報を表示します。

・名称(Web サイトのアドレス/メールアドレス)
・パスワードの種類(ブラウザなど)
・保存されているアプリケーション名
・パスワードのユーザー名
・パスワードの文字数
・パスワードに含まれる数字(0〜9)の総数
・パスワードの小文字(a-z)の総数

・パスワードの大文字(A-Z)の総数
・パスワードに含まれる英数字以外の文字の総数
・パスワードに含まれる英語以外の文字の総数
・繰り返し使われている同じ文字の数
・パスワードの強度
・コンピュータ名
・Windows ユーザー名

脆弱なパスワードを簡単に発見

「パスワードの強度」はパスワードの文字数、繰り返し文字の数、使用されている文字のタイプなどを基にして計算される数値です。数値の目安は「1-7:非常に弱い」「8-14:弱い」「15-25:中」「26-45:強い」「46 以上:非常に強い」になっており、変更の必要がある弱いパスワードを簡単に見つけることができます。

パスワードのリストはテーブルで表示され、好みの情報をクリックしてソート表示したり、検索やフィルタ機能を使用して目的のパスワードを探すことができます。オプション機能を使用して「文字数が○文字以下のパスワード」や「パスワード強度が○○以下」といった弱いパスワードを絞り込んで表示することもできます。

詳細情報のコピーと保存

選択した項目またはすべての項目の詳細情報は、クリップボードにコピーしたり、TXT・HTML・XML・CSV ファイルにエクスポートして保存することができます。

表示を見やすくカスタマイズ

初期状態ではすべての項目の詳細情報がテーブルに一列に表示されますが、必要のない情報を非表示にしてカスタマイズすることができます。表示内容が見づらい場合は、テーブルの列の幅を自動的に調整したり、背景やグリッドラインを追加して見やすいように変更できます。

パスワードの安全性をすばやくチェック

Password Security Scanner は、保存されているパスワードの文字数や強度をすばやくチェックできるツールです。ブラウザにパスワードを保存して使っている人は、このツールを使用して弱いパスワードを探し、パスワードを強度のあるものに変更して安全性の向上に役立てましょう。

機能

  • Web ブラウザやメールソフトに保存してあるパスワードの項目を一覧表示
  • 保存されているすべてのパスワードのセキュリティ情報を表示
  • 検索・フィルタ検索
  • 情報をファイル(TXT・HTML・XML・CSV )に保存

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows 2000|XP|Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Nir Sofer
使用言語:日本語・英語ほか
最終更新日: 1か月前 (2020/07/09)
ダウンロード数:84

ダウンロード

passwordscan_setup.exe installer 283 KB 39 ダウンロード
passwordscan.zip portable 215 KB 22 ダウンロード
passwordscan_japanese.zip japanese language file 2 KB 23 ダウンロード

画像

Password Security Scanner

メイン画面

Password Security Scanner

パスワードの強度

Password Security Scanner

列の設定

ファイルに保存

使い方

インストール

1.インストーラ版
  • ダウンロードした EXE ファイルを実行するとセットアップウィザードが開始します。[Next]をクリックして進みます。

Password Security Scanner

 

  • インストール先を変更しない場合はこのまま[Next]をクリック。

Password Security Scanner

 

  • スタートメニューに作成するショートカットのフォルダの設定画面です。変更しない場合はこのまま[Install]をクリックします。

Password Security Scanner

・スタートメニューにショートカットを作成しない場合は「Do not create shortcuts」にチェックを入れます。

 

  • インストールが完了しました。[Finish]をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

Password Security Scanner

・「Show Readme」にチェックを入れると Readme ファイルが開きます。

 

2.ポータブル版
  • ポータブル版はダウンロードした ZIP ファイルを解凍するだけで OK です。

言語を日本語に変更する

1.言語の変更(日本語化)
  1. japanese language file(passwordscan_japanese.zip) をダウンロードし解凍します。
  2. PasswordScan_lng.ini」ファイルを Password Security Scanner のフォルダにコピーまたは移動します。
  3. Password Security Scanner を起動すると日本語で表示されます。

Password Security Scanner

 

パスワード情報を表示する

1.パスワードの一覧表示

Password Security Scanner を起動すると、ブラウザなどのアプリケーションに保存されているパスワードが一覧表示されます。

  • テーブルでは、パスワードの名称(URL)・ユーザー名・パスワードの文字数・使われている文字の種類・パスワードの強度などの情報を見ることができます。

Password Security Scanner

名称:Web サイトのパスワードの場合は URL、メールの場合はメールアドレスが表示されます
種類: Web ブラウザ、メッセンジャー、メール、またはダイヤルアップ/ VPN
アプリケーション: パスワードを保存しているアプリケーション
ユーザー名: パスワードのユーザー名
パスワードの文字数:パスワード の合計文字数・長さ
数字: パスワードに含まれる数字(0〜9)の総数
小文字: パスワードの小文字(a-z)の総数。
大文字: パスワードの大文字(A-Z)の総数。
ASCII: パスワードに含まれる英数字以外の文字の総数
英語以外: パスワードに含まれる英語以外の文字の総数
繰り返した文字数: パスワード内で複数使われている同じ文字の総数。たとえばパスワードが abcdabの場合、a と b の両方の文字が複数回表示されるため、値は 2 になります
パスワードの強度:文字数、繰り返し文字の数、文字の種類などに従って計算されるパスワードの強度
コンピュータ名:コンピュータの名前
Windows ユーザー名:パスワードを所有している Windows ユーザー
※ パスワードは表示されません。

 

2.パスワードの強度の確認
  • パスワードの強度」の列に移動するとパスワードの強度を確認できます。

Password Security Scanner

パスワードの強度の数値
1-7:非常に弱い
8-14:弱い
15-25:中
26-45:強い
46 以上:非常に強い

 

3.プロパティの表示
  • パスワードを選択して「ファイル」メニューまたは右クリックの「プロパティ」を選択すると、選択したパスワードのすべての情報を確認できます。

Password Security Scanner

表示をカスタマイズする

1.表示スタイルをカスタマイズする
  • 表示」メニューの「グリッドラインを表示」を選択すると、グリッド線を表示して見やすくできます。

Password Security Scanner

 

  • 表示」メニューの「奇数/偶数の行をマーク」を選択すると、背景が追加されて見やすくなります。

Password Security Scanner

 

  • 表示」メニューの「カラムの幅を自動調整」を選択すると、カラム(列)の幅を文字の長さに合わせて自動調整します。

Password Security Scanner

 

  • 表示」メニューの「カラムとヘッダーの幅を自動調整」を選択すると、カラム(列)とヘッダー(見出し)の両方幅を文字の長さに合わせて自動調整します。

Password Security Scanner

・表示の設定をデフォルトに戻す場合は、Password Security Scanner フォルダ内の「PasswordScan.cfg」ファイルを削除してください。

 

2.表示内容をカスタマイズする
  • 表示」メニューの「カラムの設定」を選択すると、表示したいまたは非表示したい列を選択したり、列の幅を設定できます。

Password Security Scanner

  • オプション」メニューの「高度な設定」を選択して開くと、弱いパスワードのみを表示するように設定できます。

Password Security Scanner

パスワードを検索する

1.検索
  • 編集」メニューの「検索」を選択すると検索ボックスが開き、文字列を入力して検索することができます。

 

2.フィルタ
  • 表示」メニューの「クイックフィルタを使用」を選択すると、フィルタ機能を使用して、文字列や単語を含むものを表示または非表示にできます。

Password Security Scanner

パスワードを保存・コピーする

1.HTML レポートを表示する
  • 表示メニューまたは右クリックから「すべての項目をHTMLレポートに表示」または「選択した項目をHTMLレポートに表示」を選択すると、パスワードのレポートをブラウザで開いて見ることができます。

Password Security Scanner

 

2.パスワードの情報をコピーする

パスワードを選択し、「編集」または右クリックメニューの「選択した項目をコピー」を選択すると、パスワードの情報をクリップボードにコピーできます。

 

3.ファイルに保存する
  • 「ファイル」メニューの「選択した項目を保存」または「すべての項目を保存」を選択すると、パスワードの情報をテキストや HTML・CSV ファイルなどに保存できます。

Password Security Scanner

メニュー

1.ファイルメニュー

Password Security Scanner

選択した項目を保存:選択したパスワードの情報をファイルに保存する
すべての項目を保存:すべてのパスワードの情報をファイルに保存する
プロパティ:選択したパスワードの情報をプロパティ画面で表示する
終了:プログラムを終了する

 

2.編集メニュー

Password Security Scanner

検索:検索ボックスを開く
選択した項目をコピー:選択した項目の情報をクリップボードにコピーする
すべて選択:すべての項目を選択する
・選択を解除
:選択を解除する

 

3.表示メニュー

Password Security Scanner

クイックフィルタを使用:絞り込み検索を開始する
グリッドラインを表示:テーブルの境界線を表示する
ツールチップを表示:ツールチップを表示する
奇数/偶数の行をマーク:行に背景色を追加する
すべての項目をHTMLレポートに表示:すべての項目の HTML レポートを作成しブラウザで開く
選択した項目をHTMLレポートに表示:選択した項目の HTML レポートを作成しブラウザで開く
カラムの設定:表示する列を選択する
カラムの幅を自動調整:列の幅を文字長に合わせて調整する
カラムとヘッダーの幅を自動調整:列と見出しの幅を文字長に合わせて調整する
最新の状態に更新:リストを更新する

 

4.オプションメニュー

Password Security Scanner

Auto Size Columns On Load:起動時に列のサイズを自動調整する
高度な設定:文字数と強度が低いパスワードを表示する

よくある質問と回答

Firefox のパスワードが表示されない

マスターパスワードで保護されている Firefox のパスワードはスキャンできません。

コメント