ファイアウォールSordumWindowsWindows ファイアウォールフリーソフト

Firewall App Blocker 1.6

説明ダウンロード使い方

Windows ファイアウォールのアプリケーションルールを簡単作成

Firewall App BlockerWindows ファイアウォールを簡単に設定できるユーティリティ。ファイアウォールで特定のアプリケーションをブロックまたは許可する規則(ルール)を作成するための使いやすいインターフェースを提供します。

Firewall App Blocker の概要

通常の操作で Windows ファイアウォールにアプリケーションのルールを追加する場合、コントロールパネルのメニューをいくつか辿って複数の画面を開き、そこからドライブ上のファイルを選択して追加しなければならないのでとても面倒です。Firewall App Blocker(FAB) は、そのような Windows ファイアウォールのルールの作成や設定を楽にできるようにするために開発されました。

Firewall App Blocker の機能

Firewall App Blocker の主な機能な次のとおりです。

  • 特定のアプリケーション・フォルダ内のすべてのアプリケーション・実行中のプロセスを選択してルールを作成
  • 許可またはブロックルールを作成
  • アウトバウンドとインバウンドのルールを作成
  • ルールを無効・有効
  • 初期モードまたはホワイトリストモードを選択

作成済みのルールがある場合は Firewall App Blocker の画面に表示されますが、ファイアウォールのすべてのルールが表示されるわけではありません。

ホワイトリストモードに設定

Windows ファイアウォールを「ホワイトリストモード」に設定できるのがこのユーティリティの特徴です。ホワイトリストモードとは『許可されていない接続以外をすべてブロック』するファイアウォールのモードで、アプリケーションの接続をより安全に設定して管理できます。

Windows ファイアウォールのデフォルトではアウトバウンド接続はホワイトリストモードではないので、有効にしてアプリケーションのルールを追加してセキュリティを強化できます。

簡単に規則(ルール)を作成

Firewall App Blocker にアプリケーションを追加するだけでモードに適したルールが自動的に作成されるので難しい操作は必要ありません。また、実行ファイルを画面上にドラッグアンドドロップしたり、実行ファイルを右クリックしてルールを作成または FAB を起動することができます。

そのほかの便利な機能

ほかには、作成したルール(リスト)のファイルのエクスポートとインポート、ファイアウォールの設定の初期化、ファイアウォールの再起動や無効化ができるので、ほかの PC で同じルールを使用したりファイアウォールの問題をトラブルシューティングするのに役に立ちます。

Web ページの読み込みやインターネット接続の不調を解消

Firewall App Blocker を使えば、数回のクリックでアプリケーションを許可またはブロックするルールを簡単に作成できます。ルールを追加したあとは起動しておかなくて良いので、ファイアウォールの設定ツールとしてとても役に立ちます。

機能

  • Windows ファイアウォールのルールを作成
  • Windows ファイアウォールのモードを変更
  • ルールの編集・削除・無効・有効
  • DNS サーバーの応答時間をテスト
  • Windows ファイアウォールを初期化
  • コマンドラインのサポート

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Sordum
使用言語:日本語ほか多言語
最終更新日: 3か月前 (2019/07/14)
ダウンロード数:20

ダウンロード

fab.zip 1 MB 20 ダウンロード

画像

Firewall App Blocker

メイン画面

Firewall App Blocker

実行中のプロセスを追加

Firewall App Blocker

ルールを編集

Firewall App Blocker

ファイアウォールの設定

使い方

インストール

 

  • Firewall App Blocker はインストール不要のプログラムです。ダウンロードした Zip ファイルを解凍して実行ファイルを実行するとアプリが起動します。

Firewall App Blocker

インターフェース

1. メイン画面
  • 画面は「アウトバウンドルール」と「インバウンドルール」タブに分かれています。Windows ファイアウォールの作成済みのルールがある場合は表示されます。

Firewall App Blocker

アウトバウンドルール:外部へ送信接続するプログラムのルール
インバウンドルール:外部から受信接続するプログラムのルール
有効ホワイトリスト:このチェックが有効になっていると、すべてのアクセスをブロックして、ルールで許可されているものだけの接続を許可する「ホワイトリストモード」になります

 

2. ツールバー
  • 主な操作は「ツールバー」のボタンで行うことができます。

Firewall App Blocker

1. アプリケーションを追加
2. 実行中のプロセスを追加
3. 選択したルールを削除
4. 選択したルールを有効
5. 選択したルールを無効
6. 選択したルールを許可にする
7. 選択したルールを拒否(ブロック)にする
8. リスト(ルールの設定ファイル)をインポート
9. リスト(ルールの設定ファイル)をエクスポート
10. Windows のファイアウォール管理コンソールを開く
11. Firewall の設定

 

3. プロセスを追加
  • プロセスを追加」ボタンをクリックすると実行中のプロセスの一覧が表示され、ファイアウォールのルールに追加したいプロセスを選択できます。

Firewall App Blocker

ルールを作成する

1.モードを選択する

アウトバウンドとインバウンドの両方の画面で、画面右下の「ホワイトリスト」を有効にするかどうか決めます。

  • Windows ファイアウォールの初期設定では、インバウンドはホワイトリストモード、アウトバウンドは初期モードです。通常はインバウンドだけ、または両方のホワイトリストを有効にします。
ホワイトリスト有効(ホワイトリストモード)
ルールに一致しない接続はブロックされます(ルールで許可されているプログラムのみ接続できます)。
ホワイトリスト無効(初期モード)
ルールに一致しない接続は許可されます(ルールでブロックされているプログラム以外の接続はすべて許可されます)。ブラックリストモードとも呼ばれます。

 

2. プログラムを追加する
  • アプリケーションを追加」または「プロセスを追加」ボタンをクリックしてルールを作成したいプログラムを選択するか、ルールを作成したいプログラムを画面上にドラッグ&ドロップするとルールを追加できます。

Firewall App Blocker

・ホワイトリストモードの場合は「許可」、初期モードの場合は「ブロック」のルールが自動的に追加されます。

 

3. ルールの右クリックメニュー
  • ルールを右クリックすると色々な操作ができます。

Firewall App Blocker

有効:ルールを有効にする
無効:ルールを無効にする
許可:ルールを許可にする
拒否:ルールを拒否にする
貼り付け:コピーしたプログラムを貼り付ける
削除:ルールを削除する
名前変更:ルールの名前を変更します
パスをコピー:ファイルのパスをコピーします
すべて…:すべてのルールに対して一括操作します
アプリケーションを起動:選択したルールのアプリケーションを起動します
場所を開く:プログラムの場所を開きます
ファイル詳細:ファイルのプロパティを開きます
更新:リストを更新します

 

4. 右クリックメニュー
  • リスト上の何もないところの右クリックメニューでも操作ができます。

Firewall App Blocker

    メニュー

    1.ファイルメニュー
    • ファイル」メニューでは、ルールを作成するプログラムを追加できます。

    Firewall App Blocker

    アプリケーションを追加:プログラムのファイルを選択して追加します
    フォルダ項目を追加:フォルダ内のプログラムをすべて追加します
    プロセスを追加:実行中のプロセスを選択して追加します
    リストをインポート:ルールをインポートします
    リストを出力:ルールをファイルにエクスポートします
    終了:プログラムを終了します

     

    2. 編集メニュー
    • 編集」メニューでは、選択したルールに対する操作ができます。右クリックメニューと同じです。

    Firewall App Blocker

    有効:ルールを有効にする
    無効:ルールを無効にする
    許可:ルールを許可にする
    拒否:ルールを拒否にする
    貼り付け:コピーしたプログラムを貼り付ける
    削除:ルールを削除する
    名前変更:ルールの名前を変更します
    パスをコピー:ファイルのパスをコピーします
    すべて…:すべてのルールに対して一括操作します
    アプリケーションを起動:選択したルールのアプリケーションを起動します
    場所を開く:プログラムの場所を開きます
    ファイル詳細:ファイルのプロパティを開きます
    更新:リストを更新します

     

    3. Firewall メニュー
    • Firewall」メニューでは、ファイアウォールの全体的な設定と操作ができます。

    Firewall App Blocker

    初期モード:ブラックリストモード(ルールに一致しない接続は許可するモード)
    ホワイトリストモード:ルールに一致しない接続はブロックするモード
    インターネットを遮断:すべての接続を遮断します
    Firewallを無効化:Windwos ファイアウォールを無効にします
    Firewallの設定を初期化:初期設定に戻します(作成したすべてのルールは削除されます)。
    Firewallサービスを再起動:サービスを再起動します
    Firewall設定:WIndows ファイアウォールの標準の管理画面を開きます
    Firewallへのアクセスを制限:WIndows ファイアウォールの管理画面へのアクセスを制限します

     

    4. 設定
    • 設定」では、プログラムの全般的な設定ができます。

    Firewall App Blocker

    常に最前面に表示:ほかのウィンドウの上に表示します
    起動時に~ルールを表示:起動時に表示するルールを選択します
    グリッドラインを表示:リストに境界線を表示します
    フォントを変更:リスト内のフォントを変更します
    コンテキストメニューに追加:コンテキストメニューに Firewall App Blocker の項目を追加します
    Shift キーを使用して表示:Shift+右クリック時にのみ項目を表示します
    隠しファイルを表示:すべての隠しファイルを表示します
    ファイルの拡張子を表示:すべてのファイルの拡張子を表示します
    Language:使用言語を選択します

     

    5. コンテキストメニュー
    • 設定で「コンテキストメニューに追加」を有効にすると、実行ファイルの右クリックからブロックルールの作成とルールの削除、Firewall App Blocker の起動ができます。

    Firewall App Blocker

      よくある質問と回答

      Firewall App Blocker が利用できない

      サードパーティ製のセキュリティソフトまたはファイアウォール(Avast など)を使用している場合は、Windows ファイアウォールが無効になる可能性があります。Firewall App Blocker は、Windows ファイアウォールが有効になっている場合にのみ正しく動作します。

      ユーザーレビュー

      まだ評価がありません。 最初のレビューを書いてみませんか?

      レビューを書く