システムそのほかNir SoferWindowsトラブルシューティングフリーソフト

FileAccessErrorView 1.26

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

ファイルアクセスエラーに関する情報を表示する診断ツール

FileAccessErrorView

Windows で発生したファイルアクセスエラーに関する情報を表示する診断ツール。ファイルを開いたり、書き込んだり、読み取ったり、削除したりするときにシステムで発生したエラーの詳細を確認できます。

FileAccessErrorView の概要

FileAccessErrorView は、システムで実行されているプログラムがファイルを開く/読み取り/書き込み/削除しようとしたときに発生したファイルアクセスエラーに関する情報を表示する Windows 用の診断ツールです。

FileAccessErrorView の機能

FileAccessErrorView で利用できる主な機能の一覧です。

機能概要
メイン機能ファイルアクセスエラーに関する情報を表示
機能詳細・表示されている内容をファイルに保存(txt, json, csv, xml, html)
・表示されている内容をコピー
・表示する列のカスタマイズ
発生したファイルアクセスエラーを一覧表示します

FileAccessErrorView

FileAccessErrorView は、Windows システムで発生したファイルアクセスエラーを一覧表示するアプリケーションです。

アプリケーションが開こうとしたファイル名、読み取り/書き込み/削除を試みたファイル名、アプリケーションのプロセスID /名前、エラーコード、エラーの説明、エラーが発生した回数やタイムスタンプを表示します。

ファイルアクセスエラーに関するトラブルシューティングツール

FileAccessErrorView は、ファイルアクセスエラーに関するトラブルの詳細を検出するために役に立つツールです。

機能

  • ファイルアクセスエラーに関する情報を表示
  • 表示されている内容をファイルに保存(txt, json, csv, xml, html)
  • 表示されている内容をコピー
  • 表示する列のカスタマイズ

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Nir Sofer
使用言語:日本語・英語
最終更新日: 3週間前 (2021/05/29)
ダウンロード数:22

ダウンロード

fileaccesserrorview.zip 32 bit 64 KB 9 ダウンロード
fileaccesserrorview-x64.zip 64 bit 76 KB 10 ダウンロード
fileaccesserrorview_japanese.zip japanese language file 1 KB 3 ダウンロード

画像

FileAccessErrorView

FileAccessErrorView

使い方

インストール

1.インストール方法

FileAccessErrorView は、インストール不要で使用できます。

  • ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、「FileAccessErrorView.exe」ファイルを実行するとアプリケーションを起動できます。

FileAccessErrorView

・ファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択してください。

基本的な使い方

1.インターフェース

FileAccessErrorView を起動すると、発生したファイルアクセスエラーに関する情報が表示されます。すべてが表示されるまでは少し時間がかかります。

FileAccessErrorView

Filename:ファイル名
Process ID:プロセス ID
Process Name:プロセス名
Operation:操作
Error Code:エラーコード
Error Description:エラーの詳細
Error Count:エラー回数
First Error Time:最初にエラーが発生した日時
Last Error Time:最後にエラーが発生した日時
Response Time:反応時間
Process Path:プロセスのパス

メニュー

1.ファイルメニュー

FileAccessErrorView

Save Selected items:選択した行のデータをファイルに保存する
Save All Items:すべての行のデータをファイルに保存する
Properties:プロパティを表示する
File Properties:ファイルのプロパティを表示する
Clear List:リストを消去する
Exit:プログラムを終了する

 

2.編集メニュー

FileAccessErrorView

Find:検索する
Copy Selected Items:選択した行のデータをクリップボードにコピーする
Select All:すべての行を選択する
Deselect All:選択を解除する

 

3.表示メニュー

FileAccessErrorView

Show Grid Lines:テーブルのグリッド線を表示する
Show Tooltips:ツールチップを表示する
Mark Odd/Even Rows:行に背景色を追加する
HTML Report – All Items:すべての行を HTML レポートで表示する
HTML Report – Selected Items:選択した行を HTML レポートで表示する
Choose Columns:表示する行をカスタマイズする
Auto Size Columns:列の幅を自動調整する
Auto Size Columns+Headers:見出しと列の幅を自動調整する

 

4.オプションメニュー

FileAccessErrorView

Capture Errors:エラーを取得する
Skip Common Errors:一般的なエラーをスキップする
Automatically Scroll Down On New Items:新しいアイテムがある場合、自動的に下にスクロールする
Sort On Every Update:更新するごとにソートする
Put Icon On Tray:トレイアイコンを表示する
Start As Hidden:起動時にウィンドウを表示しない
Align Numeric Columns To Right:数字を右揃えで表示する
Select Another font:フォントを変更する
Use Default Font:デフォルトのフォントに戻す

よくある質問と回答

ライセンスについて。

FileAccessErrorView は、どなたでも無料で使用できます。