画像リサイズFastStone SoftWindowsフリーソフト画像リネーム画像処理画像変換

FastStone Photo Resizer 4.3

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

使いやすい無料の画像変換・処理・リネームツール

FastStone Photo Resizer

画像フォーマットやファイル名の一括変換・サイズ変更・トリミング・回転・色深度の変更・テキストや透かし(ウォーターマーク)の追加などができるフリーの画像変換&画像リネームツール。

FastStone Photo Resizer の概要

FastStone Photo Resizer は画像ファイルを変換またはリネームするためのツールで、複数の画像のバッチ処理に対応していて、よく使われるフォーマットへの変換と画像処理、リネームの機能が集約されています。このソフトウェアのユーザーインターフェースは英語ですが、高い英語力は必要ないので、画像をすばやく簡単に変換したいすべてのユーザーに役に立ちます。

画像フォーマットの変換

FastStone Photo Resizer では、画像ファイルを JPEG, BMP, GIF, PNG, TIFF, JPEG2000, PDF の形式に変換できます。画像の品質・圧縮率・インターレース・エンコード方法・色数・色空間 などの、それぞれの出力形式の固有のオプションを設定して画像を変換できます。

オプション(画像処理)機能

変換機能の「Advanced Options」では、以下の画像処理の機能を利用できます。このオプションの機能は、フォーマットの変換やそのほかのオプションと組み合わせることができます。

・サイズ変更(リサイズ)
・回転
・クロップ(切り抜き)
・キャンバスサイズの変更
・色数(色ビット数)の変更

・調整(明るさ・コントラスト・ガンマなど)
・DPI の変更
・テキストの追加
・ウォーターマーク(透かし)の追加
・ボーター(フレーム / 影)の追加

リサイズの機能では、複数のリサイズ方法の選択が可能で、完全にアスペクト比を一致させるために画像を切り抜く「Smart-Cropping」や画像にバーを追加する「Smart-Fillimg」といったオプションを利用することができます。テキストおよび透かしの追加の機能では追加する位置や透明度を自由に設定できます。

ファイル名の変更

ファイル名の変更は、「テンプレート」を使った変更と既存のファイル名のテキストを「置換」する 2 つの変更方法から選択できます。テンプレートを使うと、「Image-0001.jpg」のように画像を連番のファイル名に変更したり、「元のファイル名_2019-08-26.jpg」のように元のファイル名や親フォルダ名、ファイルの日付をファイル名に付けることができます。置換は現在のファイル名や拡張子のテキストを好きな文字に置き換えます。

使いやすい画像変換・リネームツール

FastStone Photo Resizer は、多くのユーザーが求める機能を持っている非常に洗練されたツールです。シンプルな機能から特別な画像処理もできるオプションまで備えているので、画像処理が必要なあらゆるケースに対応できるでしょう。

機能

  • 画像を変換(一括変換)
  • 画像のファイル名前を一括変更
  • 画像フォーマットの変更
  • サイズ変更・回転 / 反転・切り抜き
  • キャンバスサイズの変更・色深度の変更・効果の適用
  • テキスト・透かしの追加
  • 連番で画像の名前を変更する
  • ファイル名のテキストを置換
  • 変更後の画像およびファイル名をプレビュー

対応画像フォーマット:

  • 入力フォーマット:BMP, CUR, GIF, ICO, JPEG, JPEG2000, PCX, PVG, PPM, PSD, EPS, TGA, TIFF, WMF
  • 出力フォーマット:JPEG, BMP, GIF, PNG, TIFF, JPEG2000, PDF

仕様

価格:無料(ホームユーザーに限る)
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10
メーカー:FastStone Soft
使用言語:英語
最終更新日: 2年前 (2019/08/26)
ダウンロード数:203

ダウンロード

FSResizerSetup43.exe installer 2 MB 105 ダウンロード
FSResizer43.zip portable 2 MB 62 ダウンロード
FSPR_v4.3jp.zip japanese language file 69 KB 36 ダウンロード

画像

FastStone Photo Resizer

画像変換画面

FastStone Photo Resizer

出力フォーマットオプション

FastStone Photo Resizer

画像オプション(リサイズほか)

FastStone Photo Resizer

ファイル名リネーム画面

使い方

インストール方法

1.インストール
  • インストーラを実行するとセットアップウィザードが始まります。[Next]をクリックして進みます。

FastStone Photo Resizer

 

  • 使用許諾契約書が表示されます。[I Agree]をクリックします。

FastStone Photo Resizer

 

  • インストール先の設定です。変更しない場合はこのまま[install]をクリック。

FastStone Photo Resizer

 

  • インストールが完了しました。[Finish]を押してセットアップウィザードを閉じましょう。

FastStone Photo Resizer

画像を変換・リサイズする

1.画像ファイルを追加する

FastStone Photo Resizer の画面は「Batch Resizer」と「Batch Renamer」のタブに分かれています。リサイズや変換を行うときは Batch Resizer の画面を使用します。

  • 左側のファイルブラウザからリサイズする画像ファイルを選択し、[Add →]ボタンをクリックして右側のリストに追加します。
  • フォルダ内の画像をすべて追加する場合は[Add All]を押すと追加できます。
  • フォルダを追加するとフォルダ内のすべての画像が変換されます。

FastStone Photo Resizer

Remove:選択した画像ファイルをリストから削除
Clear:すべてのファイルをリストから削除

 

2.出力フォーマットと出力先を選択
  • Output Format」のドロップダウンメニューから出力する画像形式を選択します。画像のパラメータを調整する場合は[Settings]をクリックします。
  • Output Folder」の「Browse」ボタンをクリックして出力先のフォルダを選択します。元のフォルダに保存する場合は「Output Folder」のチェックを外します。

FastStone Photo Resizer

・[Settings]の詳しい説明は下記の「出力フォーマットの設定」を参考に。

 

3.リサイズなどのオプションの設定
  • リサイズやクロップ、ウォーターマークなどの処理を行う場合は「Use Advanced Options (Resize …)」をチェックして[Advanced Options]ボタンを押して設定します。

FastStone Photo Resizer

・[Advanced Options]の詳しい説明は下記の「出力オプションの設定」を参考に。

 

4.リネームとそのほかのオプションの設定
  • Rename」にチェックを入れると、ファイル名をテンプレートに従ってリネームできます。

FastStone Photo Resizer

リネームのテンプレート:
#:連番の1桁
*:元のファイル名
$P:親フォルダ名
$Y:年
$M:月
$D:日
$H:時間
$N:分
$S:秒
例 1:Image ##### → Image00001(数字はファイル番号)
例 2:$P _ ##### → 親フォルダ名_00001
例 3:$Y-$M-$D _ ##### → 2019-09-30_00001
例 4:* _tn → 元ファイル名_tn
Use Uppercase for the extension:拡張子を大文字にする
Keep original date / time attributes:元のファイルの日時を保持する
Ask before overwrite:上書きする前に確認
Display error messages: エラーメッセージを表示する

 

5.プレビュー
  • [Convert]の左のボタンを押すと、変換前と変換後の画像を比較できます

FastStone Photo Resizer

 

6.変換を開始する
  • Convert]ボタンを押すと処理が開始されて画面が開きます。この画面には、処理の進捗状況と処理結果が表示されます。

FastStone Photo Resizer

Ratio (%):元のファイルと比較したサイズの縮小率
Save (KB):元のファイルから削減したサイズ

出力フォーマットの設定

1.JPEGFastStone Photo Resizer
Quality:JPEG 品質
Use JPEG quality from the original file if possible:元のファイルのJPEG品質を使用する
Photometric:RGB や GrayScale など、出力する JPEG の色空間を指定します
Color Subsampling:色情報の削減量を選択します。Disabled < Medium < High の順でファイルサイズは小さくなります
Smoothing:画像を滑らかにします
Optimize Huffman table:JPEG 圧縮(ハフマン符号化)を最適化してファイルサイズを削減します
Progressive:プログレッシブでエンコードします
Keep EXIF / IPTC Data:EXIF / IPTC メタデータを保持する
2.BMPFastStone Photo Resizer
Compression
UNCOMPRESSED:圧縮しない
RLE:RLE で圧縮する
Colors:色ビット数または色数を選択します

 

3.GIF

FastStone Photo Resizer

Colors:出力する色数を選択します
Transparent:透過(透明化)を有効にします
Interlaced:インターレース GIF を出力します

 

4.PNG

FastStone Photo Resizer

Colors:出力する色ビット数 / 色数を選択します
Compression:圧縮率(None < 1~8 < Max)を選択します
Filter:圧縮前に適用するフィルタを選択します
Interlaced:インターレース化します

 

5.JPEG2000

FastStone Photo Resizer

Rate:圧縮率を調整します
Photometric:出力する色空間を RGB と GrayScale から選択します

 

6.TIFF

FastStone Photo Resizer

Compression:圧縮方法を選択します
UNCOMPRESSED:圧縮しない
LZW:白黒/カラー向き、ロスレス圧縮
ZIP:白黒/カラー向き、ロスレス圧縮
JPEG:カラー向き
PACKBITS:白黒/カラー向き、ロスレス圧縮
G3FAX1D:白黒向き、ロスレス圧縮
G3FAX2D:白黒向き、ロスレス圧縮
G4FAX:白黒画像に最適、ロスレス圧縮
Photometric:出力する色空間を選択します

 

7.PDF

FastStone Photo Resizer

Quality:出力品質を選択します
DPI:出力する解像度(DPI)を選択します

出力オプションの設定

Advanced Options」では、リサイズ・回転・クロップ(切り抜き)・キャンバスサイズの変更・色ビット数の変更・調整・DPI の変更・テキストの挿入・ウォーターマーク(透かし)・ボーター(枠)の追加、ができます。

1.リサイズ(Resize)
  • 上の 4 つのラジオボタンからリサイズ方法を選択し、画面内のオプションを設定します。

FastStone Photo Resizer

In Pixels:ピクセル単位でリサイズ
─ Width(幅)と高さ(Height)を入力するか、右のドロップダウンメニューからサイズを選択します
Filter:リサイズフィルタ(アルゴリズム)を選択します
Switch Width and Height to match long sides:長辺に合わせて幅 / 高さを変更
Preserve Aspect Ratio:アスペクト比を保持
Smart-Cropping (Result in exact width and height):アスペクト比が元の画像のアスペクト比と一致しない場合に自動的に画像をトリミング
Smart-Filling (Result in exact width and height):アスペクト比を一致させるために、画像の端に自動的にバーを追加
Do not resize if image is already smaller than requested size:画像が指定したサイズより小さい場合はリサイズしない
In Percentage:パーセントでリサイズ
─ パーセントを入力するか、右のドロップダウンメニューからパーセントを選択します
Filter:リサイズフィルタ(アルゴリズム)を選択します
In Pront Size:印刷サイズでリサイズ
─ Width(幅)と高さ(Height)をセンチメートルまたはインチで入力し、DPI(解像度)を入力します
※ そのほかのオプションは上の「In Pixels」と同じです
Resize based on one side:幅・高さ・長辺・短辺をベースにリサイズ
─ Predefined Side から指定する箇所を選び、exactly にピクセル値を入力するか、右のドロップダウンメニューからサイズを選択します。画像のアスペクト比は常に保持されます
Filter:リサイズフィルタ(アルゴリズム)を選択します
Do not resize if image is already smaller than requested size:画像が指定したサイズより小さい場合はリサイズしない

 

2.回転・反転(Rotate)

FastStone Photo Resizer

Flip Horizontally:水平に反転
Flip Vertically:垂直に反転
Rotate:回転

 

3.Crop(切り抜き)

FastStone Photo Resizer

In Pixels:ピクセル単位で切り抜き
─ Width(幅)と高さ(Height)を入力するか、右のドロップダウンメニューからサイズを選択します
Switch Width and Height to match long sides:長辺に合わせて幅と高さを変更する
Lossless Crop for JPEG format if possible:可能な場合、JPEG をロスレスで切り抜く
Specify X-Y Coordinate (upper left corner):X-Y 座標の指定(左上から)
In Print Size:印刷サイズで切り抜き
─ Width(幅)と高さ(Height)をセンチメートルまたはインチで入力します
※ そのほかのオプションは上の「In Pixels」と同じです
In Aspecr Ratio:縦横比で切り抜き
─ Width(幅)と高さ(Height)の比率を入力します
※ そのほかのオプションは上の「In Pixels」と同じです

 

4.キャンバスサイズの変更(Canvas)

FastStone Photo Resizer

In Pixels:ピクセル単位で指定
─ Width(幅)と高さ(Height)を入力するか、右のドロップダウンメニューからサイズを選択します
Background Color:背景色を指定
Switch values if it is a portrait image:ポートレート画像の場合は値を切り替えます
In Percentage:パーセントで指定
─ パーセントを入力するか、右のドロップダウンメニューからパーセントを選択します
※ そのほかのオプションは上の「In Pixels」と同じです
Expand Mode (Add Space):スペースを上下左右に追加するモード
─ Width(幅)と高さ(Height)に追加するスペースのサイズと追加する場所を入力します
※ そのほかのオプションは上の「In Pixels」と同じです

 

5.色深度を変更(Color Depth)

FastStone Photo Resizer

・色数(色ビット数)を選択します

 

6.調整(Adjustments)
  • 「Adjustments」タブでは、明るさ・コントラスト・ガンマ・彩度・シャープなどを調整できます。

FastStone Photo Resizer

Brightness:明るさ
Contrast:コントラスト
Gamma:ガンマ
Hue:色相
Saturation:再度
Lightness:明度
Sharpen:シャープ
Grauscale:グレースケール
Negative:ネガ反転
Sepia:セピア
Make adjustments BEFORE resizing (This option is used with “Resize” tab):リサイズする前に変更する(リサイズが有効な場合)

 

7.DPI

FastStone Photo Resizer

・DPI を変更します

 

8.テキストの挿入(Text)
  • ボックスに入力したテキストが追加されます、色は白い四角部分をクリックすると変更できます。

FastStone Photo Resizer

Insert a Variable:変数(タグ)を挿入する
─ クリックすると、ファイル情報やメタデータの情報を挿入できます
Shadow:テキストに影を付けます
Background:背景を追加します
Font:使用するフォントを選択できます
Position:挿入する場所を選択します
XY Offset:位置をオフセットする場合は入力します
Opacity:不透明度を調整します

 

9.ウォーターマーク(Watermark)

FastStone Photo Resizer

Watermark Image:透かしに使用する画像を選択します
Position:挿入する場所を選択します
Shadow:画像に影を付けます
Background:背景を追加します
XY Offset:位置をオフセットする場合は入力します
Opacity:不透明度を調整します

 

10.枠(Border)

FastStone Photo Resizer

Frame 1/2/3、Inner Frame:使用するフレームを選択し、幅のサイズや色を指定します
Shadow:影を付ける場合は有効にして、Radius(丸み)や Depth(深さ)、Background(背景)、Shadow(影の色)を指定します

ファイル名を一括変更する

1.ファイルを追加する

Batch Rename」タブを開くと画像ファイルの一括リネームができます。

  • 左側のファイルブラウザからリネームする画像ファイルを選択し、[Add →]ボタンをクリックして右側のリストに追加します。
  • フォルダ内の画像をすべて追加する場合は[Add All]を押すと追加できます。
  • フォルダを追加するとフォルダ内のすべての画像がリネームされます。

 

2.テンプレートを使用する(Use Filename Template)
  • Use Filename Template」を選択すると、テンプレートに従ってファイル名を変更できます。
  • Rename]ボタンをクリックするとリネームを実行します。

FastStone Photo Resizer

リネームのルール:
#:連番の1桁
*:元のファイル名
$P:親フォルダ名
$Y:年
$M:月
$D:日
$H:時間
$N:分
$S:秒
例 1:Image ##### → Image00001(数字はファイル番号)
例 2:$P _ ##### → 親フォルダ名_00001
例 3:$Y-$M-$D _ ##### → 2019-09-30_00001
例 4:* _tn → 元ファイル名_tn
Ext Case:拡張子の文字(大文字小文字)を変換します
No Change:変更しない
lower:小文字
UPPER:大文字

 

3.置換(Search and Replace)
  • Text の行の「Search for」に検索する文字を入力し、「Replace」に置換する新しい文字を入力します。拡張子を変更する場合は「Ext」の行に入力します。
  • Rename]ボタンをクリックするとリネームを実行します。

FastStone Photo Resizer

 

4.プレビュー
  • [Rename]の左のボタンをクリックすると変更後のファイル名をプレビューできます。

FastStone Photo Resizer

よくある質問と回答

FastStone Photo Resizer のライセンス(商用利用など)について

FastStone Photo Resizer はホームユーザー(非営利の個人使用・家庭での使用)の場合は無料で使用できます。会社などで使用する場合は購入が必要です。

コメント