デスクトップ Leosoft Windows フリーソフト モニター設定

Eye Saver 2.44

スポンサーリンク
説明ダウンロード使い方

画面を暗めにしたりブルーライトをカットして目の疲れを防止

Eye Saver

スクリーンの明るさを低減し、ブルーライトをカットして目の疲れを防止することができるツール。普段使いや動画の再生、読書などをする場合に適したスクリーンモードを複数設定して切り替えることができるのが特徴です。

Eye Saver の概要

Eye Saver は、長時間のコンピュータの使用による害から目を保護することができるソフトウェアです。以下の 3 つの特徴があります。

・ブルーライトフィルター:ディスプレイが発する有害な青色光をフィルターで除去し、色を暖かく見やすくします。
・ちらつき除去:目の疲れや頭痛の原因となるディスプレイのバックライトの目に見えないちらつきを解消します。
・リマインダーを設定:休憩を取ることを思い出させる通知やアドバイスを表示します。
Eye Saver の機能

Eye Saver の機能と概要です。

機能概要
モードヘルス/ムービー/読書などの独立した 6 つのモードを設定可能
調整可能な内容明るさの調整
ブルーライトフィルター(色温度)の調整
エフェクトの追加反転/グレースケール/オーバーレイの効果を追加
自動化ルール特定のアプリケーション使用時に設定したモードにする
スクリーンを見やすくし目を疲れにくくすることができます

Eye Saver

Eye Saver の主な機能は、スクリーンの明るさとブルーライトフィルタ(色温度)の 2 つを調整できることです。明るさを暗くして色温度を下げることにより PC による目の疲れを予防することができます。

このアプリでは、ヘルスやムービー、読書などの 6 つのモードを使用可能で、それぞれのモードの明るさと色温度などは好みに設定できます。

アプリケーションに適したモードに自動で切り替え

Eye Saver

Eye Saver の自動化機能を使用すると、特定のアプリケーションの使用時に任意のモードに自動的に切り替えることができます。

例えば動画プレーヤーを使用するときは明るいムービーモードにしたり、画像ビューアを開いたら画面を暗くするモードにする、といったようなことができます。

長時間 PC を使う人のためのアプリケーション

Eye Saver は、長い時間 PC を使う人の目の疲れを軽減することができる便利なツールです。複数のモードを設定できるのと、アプリケーションに合わせてモードを切り替えできるのが特徴です。

機能

  • スクリーンの明るさを低減し、ブルーライトをカットして目の疲れを防止
  • 7 つのモードを設定可能
  • 明るさと色温度を好みに設定
  • エフェクトの追加
  • 休憩時間の通知

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows XP|Vista|7|8|8.1|10
メーカー:Leosoft
使用言語:英語
最終更新日: 8か月前 (2020/05/25)
ダウンロード数:11

ダウンロード

Eye_Saver-setup-2.44.exe 3 MB 11 ダウンロード

画像

Eye Saver

スクリーンの設定

Eye Saver

トレイアイコン

使い方

使い方は次のページです。

コメント