ベンチマーク Alex SchepeljanskiHDD ベンチマークSSD ベンチマークWindowsフリーソフトベンチマーク

AS SSD Benchmark 2.0.7316.34247

スポンサーリンク
説明機能仕様ダウンロード画像使い方

複数のテストを行って SSD の性能を測定するベンチマークソフト

AS SSD Benchmark

複数のテストを行って SSD の性能を計測できる SSD ベンチマークソフト。標準的なテストやファイルのコピーテスト、圧縮テストを実行して SSD または HDD の読み取りおよび書き込み速度のパフォーマンスを表示します。

AS SSD Benchmark の概要

AS SSD Benchmark は、3 つのテスト(Seq・4K・4K-64Thrd)を含んだベンチマーク、3 種類のファイルをコピーするコピーテスト、ファイルの圧縮率に応じた圧縮テストを行って SSD の性能を確かめることができるベンチマークソフトです。

AS SSD Benchmark は SSD のテストを迅速に行うことができますが、HDD をテストする場合は時間がかかるのでオーバーヒートに注意してください。

AS SSD Benchmark の機能

AS SSD Benchmark では、以下の 3 種類のベンチマーク(テスト)を行うことができます。

合成テスト
(非キャッシュ)
Seq:シーケンシャルテスト、1 GBの読み取りまたは書き込みにかかる時間を測定
4K:ランダムに選択された 4K ブロックの読み取りおよび書き込みの性能を測定
4K-64Thrd:読み取りおよび書き込み操作が 64 スレッドに分散される 4K テスト
Acc.Time:SSD のアクセス時間を表示
コピーテスト
(キャッシュ)
ISO(2つの大きなファイル)、プログラム(多くの小さなファイル)、ゲーム(小さなファイルと大きなファイル)のファイルをコピーするテスト
圧縮テスト データの圧縮率に応じて読み取りおよび書き込みを行うテスト
SSD の性能をかんたんにテストできます

AS SSD Benchmark

AS SSD Benchmark を起動し、テストしたいドライブを選択して[Start]ボタンをクリックするだけで簡単に SSD のベンチマークを実行できます。

基本のベンチマーク(合成テスト)では、3 種類(Seq・4K・4K-64Thrd)の読み取り&書き込みテストを行って各テストの速度を計測して結果を表示します。

コピーおよび圧縮テスト

AS SSD Benchmark

オプションのコピーテスト(Copy-Benchmark)は、実際に存在するファイルに近い大小のファイルをコピーして速度を計測します。コピーテストは OS の機能に依存しているテストなので、リアルな SSD のパフォーマンスを測定できます。

圧縮テスト(Compression-Benchmark)は、ゼロを含んだランダムデータを圧縮して読み書き速度を計測するテストで、SSD のコントローラの性能を測定できます。

ベンチマークの結果を保存

AS SSD Benchmark

速度の単位は MB/s または iops で表示することが可能で、合成テストでは、読み取りと書き込みと全体のそれぞれのスコアも表示されます。

各ベンチマークの結果は、XML や CSV ファイルに保存したり、クリップボードにコピーしたり、スクリーンショットを画像(PNG)に保存することができます。

使いやすいベンチマークソフト

AS SSD Benchmark は、SSD のパフォーマンスを明らかにすることができる性能測定ツールです。ポータブルなアプリケーションなのでインストール不要で実行できます。

機能

  • SSD / HDD のベンチマーク測定
  • 3 つの合成テスト
  • コピーテスト
  • 圧縮テスト
  • 結果をコピー/ファイルに保存/スクリーンショットを保存

仕様

価格:無料
ライセンス:フリーウェア
動作環境:Windows Vista|7|8|8.1|10|11
メーカー:Alex Schepeljanski
使用言語:英語・ドイツ語
最終更新日: 4年前 (2020/03/04)
ダウンロード数:420

ダウンロード

AS SSD Benchmark.zip 260.65 KB 420 ダウンロード

画像

AS SSD Benchmark

SSD のベンチマーク(メイン画面)

AS SSD Benchmark

コピーベンチマーク

AS SSD Benchmark

圧縮ベンチマーク

AS SSD Benchmark

結果の保存

使い方

SSD / HDD のベンチマークを実行する

1.プログラムを実行する

ダウンロードした ZIP ファイルを解凍し、フォルダ内の AS SSD Benchmark.exe ファイルを実行するとプログラムを起動できます。

  • Run]ボタンをクリックすると、ベンチマークが開始します。

AS SSD Benchmark

 

2.ベンチマークを開始する
  • ドロップダウンメニューからテストするドライブを選択し、右のドロップダウンメニューでテストに使用するファイルサイズを選択します。
  • テストするテストのチェックボックスを選択(または解除)します。
  • Start]ボタンをクリックします。

AS SSD Benchmark

Seq:シーケンシャルテスト、1 GBの読み取りまたは書き込みにかかる時間を測定
4K:ランダムに選択された 4K ブロックの読み取りおよび書き込みの性能を測定
4K-64Thrd:読み取りおよび書き込み操作が 64 スレッドに分散される 4K テスト
Acc.Time:SSD のアクセス時間

 

3.ベンチマーク結果
テストは上から順番に実行され、下のプログレスバーで進行状況が表示されます。完了したテストの結果はそのつど表示され、全部のテストが完了すると Score(スコア)が表示されます。
  • スコアには、「読み取りの結果(左)」「書き込みの結果(右)」「全体の結果(下)」の 3 つが表示されます。

AS SSD Benchmark

 

4.結果を保存する
  • File」メニューの「Screenshot」を選択すると、ウィンドウのスクリーンショットを PNG 画像に保存できます。
  • File」メニューの「Export」を選択すると、結果を XML ファイルに保存できます。
  • Edit」メニューの「Copy」を選択すると、結果をクリップボードにコピーできます。

AS SSD Benchmark

コピーテストを実行する

1.コピーテスト

Tools」メニューの「Copy-Benchmark」を選択すると、3 種類の異なるファイル(ISO・プログラム・ゲーム)のファイルをコピーして SSD のパフォーマンスを測定できます。

  • テストするテストのチェックボックスを選択し、[Start]ボタンをクリックするとテストが開始します。

AS SSD Benchmark

ISO:2 つの大きなファイルをコピーするテスト
Program:多数の小さなファイルをコピーするテスト
Game:小さなファイルと大きなファイルをコピーするテスト

 

2.結果を保存する
  • File」メニューの「Screenshot」を選択すると、ウィンドウのスクリーンショットを PNG 画像に保存できます。
  • Edit」メニューの「Copy」を選択すると、結果をクリップボードにコピーできます。

圧縮テストを実行する

1.圧縮テスト

Tools」メニューの「Compression-Benchmark」を選択すると。データの圧縮率に応じた読み取りおよび書き込みテストを行うことができます。

  • Start]ボタンをクリックするとテストが開始します。

AS SSD Benchmark

・グラフの縦は速度、横は圧縮率を示します。

 

2.結果を保存する
  • File」メニューの「Screenshot」を選択すると、ウィンドウのスクリーンショットを PNG 画像に保存できます。
  • File」メニューの「Export」を選択すると、結果を CSV ファイルに保存できます。

AS SSD Benchmark

 

よくある質問と回答

テスト結果が赤く表示される場合

正常な場合はこのページのスクリーンショットのようにテスト結果が「緑」で表示されますが、コントローラ、オフセット、4K アライメントなどに不良があった場合は赤く表示されます。