SoftaRO(ソフタロウ) Home Software



FreeVimager v9.0.9 / 9.5.0 Beta 3



Downloads:
フリーウェアライセンス:
Contawareメーカー:
Download ダウンロード:
1.75MBサイズ:
AllOS:
スクリーンショット スクリーンショット:
2019-03-12データ:
英語言語:

FreeVimager は、画像のトリミング、サイズ変更または回転、他のフォーマットへの変換などができる画像ビューアおよび画像編集ソフトです。

 FreeVimagerは、ユーザーフレンドリーな環境で画像ファイルを簡単に表示および編集できるアプリケーションです。

 プログラムのインターフェースは非常に単純であり、ナビゲートするのは簡単です。写真は、ファイルブラウザまたは「ドラッグアンドドロップ」方法のいずれかを使用してインポートできます。

 写真内を前後に移動したり、フルスクリーンモードに切り替えたり、ズームイン/ズームアウトしたりすることができます。

 さらに、背景色を変更したり、枠線を無効にしたり、高品質のストレッチを有効にすることができます。

 スライドショーを作成して再生したり、遅延やトランジション(スライドイン、ブレンドなど)を設定したり、無限ループやランダムモードを有効にすることもできます。

 さらに、画像の回転、サイズ変更、トリミング、枠線の追加、エフェクト(グレースケール、明るさ、コントラスト、赤目など)の適用、色の変換、JPEG設定(EXIFサムネイルの追加など)、元に戻す、やり直し機能を使用できます。写真の名前を変更したり、PDFドキュメントに変換することができます。

 さらに、イメージのサイズ変更や名前の変更、ファイル情報の表示、ファイルの関連付け、FreeVimagerのシステム起動時の自動実行、複数インスタンスの許可、外部プログラムによる自動開くなどのバッチ処理ツールを使用することができます。


  • <機能>
  • : ズームイン/ズームアウトと次/前の画像をサポートするタッチスクリーンジェスチャー。

  • : Googleマップで画像の位置を表示します。

  • : jpeg、bmp、gif、tiff(マルチページ)、png、pcx、emfのグラフィックファイルの表示と編集。

  • : Jpegのロスレスの回転とクロップ。

  • : フルスクリーンマルチモニタのサポート(コンテキストメニューまたはTabキーを使用)。

  • : ロシア語、インド語、中国語、日本語のファイル名を変更。

  • : 画像の編集や保存時には、すべてのメタデータ(EXIF、IPTC、XMP、ICC、...)が保持されます。

  • : バッチモードでのEXIF日付/時刻調整(ロスレス調整)。

  • : IPTCおよびXMP単一ファイル/ jpegおよびtiffファイルの一括編集サポート(ロスレス編集)。

  • : バッチ処理とCD / DVDスライドショーの作成。

  • : 回転、トリミング、サイズ変更、明るさ、コントラスト、シャープ、...などの編集。

  • : ライブ設定可能な赤目除去ツール。


<使い方>

1. セットアップ

 ダウンロードした「FreeVimager」のセットアップファイルを実行します。



2. セットアップ

 ライセンスの確認画面が出るので「I Agree」をクリックします。



3. セットアップ

 スタートメニューショートカットを含むコンポーネントをインストールする確認画面です。
「Next」をクリックします。



4. インストール

 インストール先フォルダの確認画面です。
「Install」をクリックするとインストールされます。



5. インストール

 「Finish」でインストールは完了です。



6. 起動

 FreeVimagerが起動すると、ファイルの関連付けのダイアログが表示されます。
関連付けする場合は「Associate」をクリックして下さい。







About Contact Privacy © ソフタロウ